« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月 アーカイブ

2013年10月01日

9月議会終わる

sora1310011.JPG

 おはようございます。今朝は雲がやさしく感じられますね。暑くもなく、寒くもなし。こういう時は草刈りでもしたいものです。

 昨日は9月議会最終日でした。決算等の審査をした常任委員会の委員長報告の後、討論、採決が行われました。提出された議案はすべて全会一致か賛成多数で可決しました。日本共産党議員団は平成24年度上越市一般会計歳入歳出決算認定など12議案に反対しました。反対の議案がいつもよりも多くなったのは職員給与削減関連議案が多かったことによります。

 平成24年度一般会計決算認定についての討論で平良木議員は、「昨年春の予算審議の際に、私たちは、子ども医療費助成の拡充、住宅リフォーム助成制度の継続、保育料の値下げといった積極的な点を評価すると同時に、一方で、『市民こそど真ん中』という公約とは、相容れない市長の政治姿勢について、問題点を指摘しました。その指摘が、当を得ていたものであることが、今あらためて明らかになった」として、産業建設グループの集約などにより、地域住民の暮らしを確実に支え、身近で顔の見える行政サービスを遂行していく上で欠かせない総合事務所の充実に背を向けたこと、(仮称)厚生産業会館の建設問題では、高田区地域協議会の反対の答申にもかかわらず、建設ありきの姿勢を続けていることなどを指摘しました。

 一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正(いわゆる職員給与削減条例)について平良木議員は、まず国のやり方を批判、「国は、人件費の削減分に相当するものとして、総額5億円を超える交付税を削減してきた。これは、地方交付税が、すべての自治体に一定水準の財源を保障する見地から、国が代わりに徴収して再分配するという自治体にとっての固有財源であり、国の恣意的な裁量で増減できるものではないという原則に反する不当なやり方だ。それを、たまたま国が分配権を握っていることから、自治体に対して、要請の名のもとで、人件費の削減を強要する手段に使うという、このやり口は、とうてい許されるものではない」とのべました。そのうえで、「国のこうした要請に対しては、最後まで毅然とした態度を貫き、結果として国の言いなりになってしまうような給与削減はやめるべき」「3億円を超える給与削減は、地域経済に重大な影響を与える。また、この削減提案は、新潟県や新潟市など、県内の多くの自治体がまだ提案をしていない中での提案であり、しかも、市職員組合との間ではいまだ合意にいたっていない」とのべ反対しました。

 定例議会終了後、市長選について日本共産党上越地区委員会の上野公悦委員長が記者発表を行いました。この中身については昨日のブログに書きましたのでご覧ください。ブログやフェイスブックで見解を発表したところ、多くの反響がありました。予想以上に多くの市民のみなさんが関心を持って見ていてくださったこと、候補擁立に期待を寄せていてくださったことを知り、ほんとうに申し訳なく思っています。

 昨日は他にもいくつか重要な動きがありました。ひとつは(仮称)厚生産業会館についてです。上越市が株式会社石本建築事務所と同会館の基本設計委託契約を9月20日に締結したのです。契約額は2362万5000円(消費税込み)。市は、同会館の基本設計業務委託の受託者選定にあたり、公募型プロポーザル方式により技術提案書を求め、(仮称)厚生産業会館基本設計業務委託公募型プロポーザル審査委員会(委員長 樋口秀長岡技術科学大学准教授。委員は他に4人)により審査を行ってきました。これらについては、昨日の午後、定例議会終了後の建設企業常任委員会で明らかにされました。地元地域協議会などの反対を無視した推進の動きはここまで来ました。

kouseisanngyoukaikann130930.JPG

 いまひとつは、本会議場での一般質問の席について「慎重な討議がされるよう」市民有志から全議員に要望書が提出されたことです。これは、各派代表者会議で来年度の議会関係に関する予算要望をどうするか議論した時に、会派・創風のみなさんが「現在の質問席だと答弁者から見下ろされた感じがする」などを理由に常設の質問席をつくるよう提案したことが発端です。私や無所属の議員などから、「いまのままでよい」という意見を出したのですが、私と同じような意見が多数にはならず、結局、議会事務局からいろいろなイメージ案(経費も含め)を出して検討していこうということになっています。要望書では、「改めて早急に各会派所属および無所属の全議員の意見などを訊いた上で、メリットやデメリット、緊急性や代替案の可能性等、慎重な討議がなされること」などを求められています。当然の思いだと思います。この要望書は議員に少なからず影響を与えるでしょう。

youbou130930.JPG

 市政レポート1624号、「春よ来い」の第272回、「頑張ってこいや」をホームページに掲載しました。

 きょうは9月議会の後始末です。いろいろやることがいっぱいありますが、生活相談最優先です。それらをやった後、時間があれば原稿書きもしたいし、ポケーとした時間もほしいです。

2013年10月02日

牧峠から飯山市へ


tonnbo131002.JPG

 おはようございます。朝起きて、空を見上げたら、もう青空が広がっていました。疲れがたまっていたのか、ぐっすりと眠れました。

 昨日は当初予定を大幅に変更しました。というよりも、母の定期検査の日であることを直前まで忘れていたのです。母の頭の中にある動脈瘤の大きさは7.2ミリで、これは2月の検査の時と変わらないそうです。ただ、その前は確か4ミリだったと思いますので、ちょっと気になりました。この動脈瘤が破裂すると重大事態になりますので、母には無理をしないように、しょっぱい物を摂りすぎないようにと言い続けたいと思います。

 午後からは気分転換のために牧区の牧峠から長野県飯山市へ。車をゆっくり走らせ、時々車を降りて、写真撮影をしました。景色は新潟県側と長野県側では全然違いました。長野県側の山々はなだらかなんです、とても。昨日の最大の収穫は野の花です。天然のまんまのダイモンジソウやシラネセンキュウ、タイリンヤマハッカなどと出合いました。山の中にあるダイモンジソウと出合ったのは、おそらく10年ぶりくらいでしょうか。恋人と会ったような胸のときめきを覚えました。写真はダイモンジソウとタイリンヤマハッカです。

daimonnjisou131001.JPG

tairinnyamahakka131001.JPG

 きょうは原稿書きです。昨日、書かなかった分、頑張らないと……。

2013年10月03日

生活相談、原稿書きと続く


hasa131001.JPG

 おはようございます。今朝は小雨が降っています。こういうときにはパッとした写真が撮れませんので、一昨日の写真を載せます。これは牧区で撮ったものです。ハサにかかった稲がよく乾いていました。

 昨日は生活相談の対応やたまっていた自分の雑用で半日が終わり、午後からいくつかの原稿書きに精を出しました。このうち市政レポートの方は書くことが山ほどあり、限られた紙面のなかでどうしようか迷いが出ました。先日、ある男性から、「たまにはおらたりのことも書いてくんないや」と言われた言葉が頭に残っていて、ずっと引きずっています。もっと広範囲で動かないといけないことはわかっているのですが……。

 きょうは市政レポートを仕上げたあと、印刷し、ポスト下ろし、「しんぶん赤旗」日曜版の配達、集金に出ます。途中、私の随想集、『あねさかぶり』の配達もあります。これを書いているうちに、また生活相談が入ってきました。大忙しになりそうです、きょうは。

2013年10月04日

素揚げしたムカゴ


hashi131004.JPG

 おはようございます。今朝はまずまずの天気です。それにしても寒くなりましたね。写真は今朝の吉川橋の上空です。雲がゆっくりと流れていました。

 昨日は午前中に市政レポートなどの印刷作業を一人で行い、仕分けもしました。いつも何人かに手伝ってもらっていましたので何となくさみしく仕事を進めていたのですが、三和区のWさんがコーヒーとお菓子をもって陣中見舞いに来てくれました。やはり持つべきは女性の友達ですね。

 仕分け作業が終わってからは生活相談で動き、昼食後、「しんぶん赤旗」日曜版の配達集金で山間部をまわりました。途中、私が赤ちゃんだった頃、母の乳が足りなくて、乳を分けてくださった女性のところに寄りました。もう80代の後半に入る人ですが、たまたま私よりも1カ月早く生まれた娘さんもおられて、初めて話をしました。高田在住のこの人も私と同じ63歳です。私とこの娘さんと二人してお母さんのおっぱいをしゃぶっていたと思うと、みょうに懐かしくなりました。

 配達に一区切りついたところで、ムカゴ採りをしました。昨日採ったムカゴのほとんどは雌株です。比較的形の整ったものが多かったですね。昨晩はこのムカゴを素揚げしてもらい、発泡酒をひと缶飲みました。ムカゴは酒やビールのつまみにもなります。写真は素揚げしたムカゴです。

suage131003.JPG

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達と集金、そして中山間地対策特別委員会の準備で動きます。草刈りはきょうもしていられないなぁ。

2013年10月05日

10数年ぶりに板倉区の光が原へ


hikari131004.JPG

 おはようございます。今朝は曇り空です。平場では稲刈りがほとんど終わり、もみ殻を使ったクンタンづくりが始まりました。秋深まる、そんな感じです。

 昨日は板倉区を訪れ、中山間地対策特別委員会主催の「若い人たちとの意見交換会」(11月11日午後7時から、板倉コミプラ予定)の準備をしてきました。せっかくでしたので、ここ数年、施設の管理運営で話題となった光が原高原へ行ってきました。建物の中には入れませんでしたが、牧場等はとてもきれいにしてありましたね。途中、ミンミンゼミの鳴き声が聞こえました。これが今年最後でしょう。同高原を訪れたのは、わが家の牛を連れていって以来ですから10数年ぶりです。

 きょうは市政レポートの印刷を終わらせてから、「しんぶん赤旗」日曜版の配達、吉川まちゼミ視察などへ出かけます。帰るのは夕方になります。

2013年10月06日

きょうは第16回越後よしかわ酒まつり

hashi131006.JPG

 おはようございます。今朝はうれしい晴れです。というのも、きょうは越後よしかわ酒まつりの日だからです。午前9時から午後4時まで。吉川区杜氏の郷が会場です。よしかわ酒まつりは今回が16回目となります。内容はもりだくさん、全国から寄せられた約200銘柄の利き酒も楽しめます。それにテントでは地元の野菜や特産品がどっさり出ます。いいものを入手できるかですって……、もちろんです、早い者勝ちです。上の写真は先ほど撮った吉川橋上空です。

 昨日は午前にまず福平へ行ってきました。農産物直売所に来てみてという案内はがきをUさんからいただき、のぞいてきました。同直売所は車庫を利用した小さな農産物直売所です。福平(ふくだいら)のお寺のすぐそばにあります。ここはとれたての野菜が豊富なだけでなく、ギャラリーも兼ねているのが魅力。現在は上越写真愛好会の井ノ山広幸さんの作品が展示されています。直売所は毎週、火、木、土曜日の午前9時から午後4時まで開いています。昨日は午前9時ごろお邪魔し、4人のお母さんたちとおしゃべりを楽しみ、ニラとツルムラサキを購入してきました。

hukudaira131005.JPG

 午前10時からはいま注目のまちゼミ見学です。吉川区原之町のレモンの木へ行ってきました。「あなたの顔色がきれいになる」講座がここであったのです。講師は「レモンの木」の吉村早苗さん、お客さんのふだんの暮らしを知っているからこそできる色(カラー)のアドバイスが素敵でした。今回の講座では、先日、吉川区で講演された飯塚むつこさんの資料も活用されていました。とてもおもしろく、楽しかったですよ。着るものの色ひとつで顔色がパッと明るくなったり、暗くなったりするんですね。吉川区原之町商店街のお店の人が講師となって、専門知識やプロならではのコツを無料で提供する少人数制のゼミ、「吉川まちゼミ」はまだまだ続きます。詳しいことは吉川商工会のホームページをご覧ください。
 http://yoshikawamachizemi.jimdo.com/

 午後からは党会議でした。参院選結果を踏まえて、上越地区の党組織でどう頑張っていくかを議論しました。

 きょうは妻をバス停まで送った後、酒まつりに出かけます。式典が終わり次第、高田開府400周年記念の講座にも出たいと思っています。

2013年10月07日

第16回越後よしかわ酒まつり、そして旧高田藩フォーラムへ

yoneyama131006.JPG

 おはようございます。今朝も上天気です。秋はやっぱり晴れがいいですね。稲刈りがほぼ終わった田んぼも山も花もみんな、秋の日差しを浴びて美しく輝いています。写真は昨日、越後よしかわ酒まつりへ行く途中、柿崎区江島新田で撮ったもの、コスモスもいいでしょう。

 昨日は午後1時過ぎまで第16回越後よしかわ酒まつりに参加しました。このところ、酒まつりは天気に恵まれませんでした。晴天の下での開催は久しぶりです。「よかったねぇ、晴れて」が挨拶の言葉でした。いろんな人から声をかけていただきました。東京吉川会からも31人の人たちが来て下さいました。今回もお酒は飲めませんでしたが、楽しい交流ができたので良かったです。

sake132.JPG

nigiwai1310062.JPG

nigiwai1310061.JPG

sake136.JPG

 酒まつりのセレモニーが終了してからリージョンプラザへ車を走らせました。旧高田藩和親会主催の郷土史特別フォーラムに参加するためです。世界史の中で日本の「江戸時代」というのはどんな時代であったのか。徳川記念財団理事長の徳川恒孝さんや上越市の学芸員、花岡公貴さんの講演などを聴いてきました。徳川さんの話、世界を飛び歩いている人ならでは「歴史の目」は新鮮でした。花岡さんの「松平忠輝は加賀の前田家をけん制する役割を果たしていた」「江戸時代の自治はしっかりしていた」などの指摘で上越の江戸時代を学ぶ意欲がわいてきました。長谷川新先生の絶妙な司会にはびっくりでした。

takadahann131061.JPG

 きょうは午前が上越地域消防事務組合の議会です。それが終わり次第、中山間地対策特別委員会の仕事で動き回ります。家に早く戻れるようなら、牛舎周辺の草刈りをしたいです。

 市政レポート1625号、「春よ来い」第273回、「昔取った杵柄」をホームページに掲載しました。

2013年10月08日

消防組合議会定例会

hashi131008.JPG

 おはようございます。きょうもいい天気ですね。写真は今朝ほどの吉川橋です。今回は上流側から撮ってみましたが、いまの時間帯、橋はどうしても黒く写ってしまいます。

 昨日は上越地域消防事務組合議会定例会でした。組合管理者は提案理由の説明の前に、熱中症のことや台風災害等に言及しました。このなかで今夏の熱中症発生状況について、管内においては2人が亡くなられ、85人が救急搬送されたことを明らかにしました。

 昨年度の決算審査では昨年度の途中から導入された大気中の放射線量の測定と消防車両等の更新について質問しました。このうち、放射線測定については、私の方から、「1日に1回の測定ではいざという時に間に合わない。例えば、午前9時に測定して、(大きな事故が起きて)放射線が午前10時、11時に来たとしても翌日までわからない可能性がある」と指摘しました。これに対して浅野消防長は、「指摘のように午前9時に観測をして10時に大量の放射能が流れてきたらどうするか(という問題はある)そこら辺は市の担当とも話をして回数を増やすことを考えていきたい」と答えました。今後の動きに注目です。

nori131007.JPG

 昨日の上越地域消防事務組合定例議会で一番議論になったのは職員給与削減です。組合には288名の職員がいますが、本年10月から来年3月まで一人当たり21万5635円(共済費含む)削減するというのです。「国の要請に相応する職員人件費の減額」との説明でしたが、国が直接消防組合に要請した事実はありませんので、「地方交付税削減のあおりを受けての措置」ということです。私からは、削減により職員の生活を脅かし、地域経済にマイナスの影響を与えること、職員の理解を得る努力が十分されていない中での提案であることを指摘して反対しました。結果的には賛成は7議員、反対は私を含む3議員で、関係議案は可決されました。
 今回の削減については、国の地方交付税削減に伴い、やむを得ないものとして受けとめている人もいますが、消防職員の給与まで削減するのは理解できませんでした。昨日の私の質疑で、他消防本部の状況が明らかになりましたが、県内の19の消防本部中、削減を決めたところは7本部だけで、未定が7本部もあります。また、実施しない、あるいは実施しない方向で検討中のところが5本部にも及んでいます。こうなると、上越市の職員給与の条例を準用する仕組み自体にメスを入れていく必要がありそうです。

syoubousyokuinnkyuuyosakugenn131007.jpg

 きょうは党議員団会議です。その後、生活相談などで動きます。

2013年10月09日

厚生常任委員会が特養ホームなどで市長に申し入れ

hashi131009.JPG

 おはようございます。空は曇り空、台風の影響でしょうか、何となくあやしい空模様になってきました。それでも外ではツクツクボウシが鳴いています。写真は今朝の吉川橋です。

 昨日は午前に党議員団会議を行いました。9月議会の報告をどうするかなどについて話し合いました。議会報告ビラは10月の市長選が終了してから発行することにし、党議員団の議会報告会は今月の29日(火)に市民プラザで、来月9日(土)は板倉コミプラで開催することにしました。いずれも午後7時から1時間半くらいの予定です。いまから都合をつけておいてくださいますようお願いします。

 議員団会議では一昨日の厚生常任委員協議会のことも話題になりました。介護保険の第5次事業計画と特別養護老人ホーム設置についてです。市は、介護保険施設整備等検討委員会による審査について、本年2月に評価ポイントを変更し、あらたに「介護老人福祉施設入所申込者が多い圏域での整備」を加点評価項目としましたが、これには委員全員が反発していました。これでは地域格差は広がるというのが主たる理由です。この問題では昨日、厚生常任委員会の正副委員長が委員会の名で市長に対して、「評価項目の是正を行い、第6期介護保険事業計画の策定と実施においては、万全の準備と十分な注意を持って臨むべき」などを内容とした申し入れをしました。重要な内容です。下線部をクリックしてお読みください。申し入れとは別に、日常生活圏域における高齢化率、認定率、施設入所申込者数などの一覧(市が作成したもの)をホームページに掲載しましたので、これもごらんください。

 午後からは生活相談などで柿崎区、吉川区と動きました。途中、わがふるさと、蛍場を訪れました。蛍場の中心部にある半鐘のそばで伯父が畑仕事をしていました。この半鐘は私が消防団員時代、予防週間や実際の火事で私が何度も叩いた半鐘です。伯父からは美味しい柿をもらってきました。

hotaruba131008.JPG

 きょうは一日中、吉川区にいます。市政レポートの作成や生活相談などがあるからです。台風の影響で予定がくるわなければいいがと心配しています。そうこうしているうちに風が強くなってきました。

2013年10月10日

季節外れの猛暑と強風のなかで


noudou131009.JPG

 おはようございます。今朝もまだ蒸し暑いですね。昨日はフェーン現象で猛暑の秋となりました。風も強いのが吹いて、一時、外出を控えたほどです。写真は昨日の午後3時ごろ、吉川区片田地内で撮影したものです。

 昨日は市政レポートの原稿書きと生活相談でほとんど吉川区内にいました。午前中、気分転換も兼ねて牛舎周りの草刈りをしました。ずっとやばしくしていたのでホッとしています。草刈り機は先日、農機具屋さんでみてもらってから動きは順調です。時間があれば、まだまだ草刈りをしたいと思ったくらいです。

kusaakri131009.JPG

 きょうは吉川区の敬老会です。同じ吉川区に住んでいてもなかなか会えない人が多いので、楽しみにしています。午後2時頃には終わるので、それから「しんぶん赤旗」日曜版の配達に出ようと思っています。「あまんだれ」(キノコ)があるので早くおいで、という声もかかっていますので、こちらも楽しみです。

2013年10月11日

吉川区敬老会

yoneyama131010.JPG

 おはようございます。昨日はいい天気でした。青空に浮かぶ雲が何ともいえない美しさをつくりだしてくれます。今朝は6時半頃までは晴れていたのに、いまは小雨が降っています。

 昨日は吉川区敬老会でした。会場のゆったりの郷ゲートボール場には300人を超える人たちが参加しました。なかには、なつかしい人たちに会いたくて、遠くの老人ホームから参加した人もいました。式典では村山市長が「人が人に与える最高のものは心」「これからも地域の智恵者として若い人を育てていただきたい」と激励の挨拶。来賓祝辞では滝澤議長がお祝いの言葉をのべました。議長が「7年後の東京オリンピックを見たい人は手を挙げてみてください」と問いかけると手を挙げた人は少なく、会場は笑いに包まれました。なかなかうまい挨拶でしたね。私はいつもの通り万歳三唱の担当です。一昨日のNHKテレビドラマ、「菜の花ラインに乗りかえて」とドングリのことを話して激励しました。

ore131010.JPG

 第2部のアトラクションでは鈴木美津男さんなどの歌謡ショー、吉川踊りの会の及川さん、竹内さん、八木さんの踊り、明吟会吉川支部の詩吟、そして恒例となったゆったりの郷の従業員による演劇を楽しみました。写真は詩吟です。

siginn131010.JPG

 昨日の吉川区敬老会では素敵な出来事をいくつも目にしました。トイレに行きたいと腰を上げようとしている姉さんのそばに行き、妹さんが手を引っ張って助ける場面がありました。自分の席がわからなくなった人の手を取り、席まで案内する参加者もいました。二人とも75歳以上で金婚式を迎えた夫婦には㈱ゆったりの郷社長からプレゼントが贈られました。社長のインタビューには笑っちゃいましたね。「結婚してからケンカしたことがありましたか」「ないです」「じゃ、ケンカしないで何をしていたんですか」ですって。

keiroukai1310101.JPG

yoshida131010.JPG

 昨日は敬老会が終わってから、「しんぶん赤旗」日曜版の配達で動きました。大島区ではナス、ブロッコリー、キノコなどいろんなものをもらってきました。写真は「あまんだれ」という名のキノコです。大島区では「もぐら」というのだそうです。

amanndare131010.JPG

 きょうは長野市議会との交流会です。これから電車で直江津駅まで行き、その後、バスに乗って長野に向かいます。顔なじみとなった長野市議のみなさんと会えるのがうれしいです。

2013年10月12日

長野市へ


hukinuke131012.JPG

 おはようございます。今朝は雨風になったり、曇ったりといった天気です。昨日も30度前後の気温になったことで、体がなんとなくおかしな感じです。

 昨日は長野市議会との交流会でした。毎年、恒例となっている会ですが、今年は長野市が会場でした。毎年、「講演会+懇親会」または「視察+懇親会」という形になりますが、今回は後者でした。 旧松代町(現在は長野市松代町)にある気象庁精密地震観測室と今年7月にオープンしたばかりの児童発達支援センター「にじいろキッズらいふ」を視察してきました。どちらも長野市議会事務局の松坂次長がバスガイドと間違えるほどきれいな声で、しかもたっぷりと説明してくださいました。前職は観光課長だったとか。もちろん、現地では担当の人の専門的な説明もありましたよ。

 旧松代町はこれまでも2回ほど訪ねたことがありましたが、地震観測室訪問は初めてです。同室の橋本徹夫さんがパワーポイントを使って、精密地震観測室の沿革や仕事の内容について説明してくださいました。同観測室では、世界で発生する地震を観測できるだけでなく、核実験も探知できるそうです。説明の中で活断層の地震発生確率ランキングも明らかにされました。上越市に近い糸魚川ー静岡構造線は30年以内に発生する確率が14%で第2位、高田平野東縁断層はほぼ0~8%で第9位でした。地震発生の仕組みや津波についてもわかりやすく説明してもらいました。

takadaheiya131012.JPG

 橋本さんからは同観測室のセンターや地下のトンネル内の地震観測機器などを見せてもらいました。昨日の長野市は30度を越える暑さでしたが、トンネル内は14度、ひんやりして快適な空間でした。夏でも冬でもこの気温は一定であり、それが観測機器のためにはいいのだそうです。年季の入った古い地震計も最新のコンピューターがずらりと並んだ観測センターも見てびっくりでした。私たちの命と安全を守る観測の最前線でどういうことが行われているかを知ることができました。

nagano1310112.JPG

nagano1310113.JPG

 昨日は上越も長野も青空が広がっていました。地震観測室を出てバスに乗ろうとしたとき、空を見たら見事なうろこ雲が空いっぱいに広がっていました。

nagano1310114.JPG

 続いて訪問したのは、児童発達支援センター「にじいろキッズらいふ」です。社会福祉法人、長野市社会事業協会の理事長さんや事務局長さんなどが説明と施設の案内をしてくださいました。同センターは障害児相談支援事業、児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業などを行っています。障害を早期に発見し、ライフ・ステージに応じた支援していく、きめ細かな体制がとられているのには感心しました。同センターは1966㎡の建物で、総事業費は4億5600万円。同法人の事務局があるほか、指導訓練室、プレイルーム、会議室、デイサービス施設などが配置されていました。市議会の厚生常任委員会メンバーのみなさんは、上越市の若竹寮も見ているが、4億5600万円にしては施設がよくできていると驚いていました。

kizzu2%20%281%29.JPG

kizzu2%20%282%29.JPG

 懇親会では日本共産党議員団の佐藤久美子、小林義和市議も参加していました。佐藤市議とは20日告示の長野市長選のことや議員団の活動などについて話ができました。また、他党派議員とも議会での活動や日常活動などについ語り合うことができました。議会改革や産業振興など、市が違っても共通課題がいくつもあります。いい意見交換ができたと思います。

2013年10月13日

高田花ロード


okujyou131012.JPG

 おはようございます。今朝は曇り空です。昨日から急に寒くなりましたね。きょうは吉川区駅伝大会です。雨が落ちないでくれればいいのですが……。

 昨日は午前中に「しんぶん赤旗」日曜版の配達を終了させ、高田へ。市展や花ロード関連イベントを見てきました。市展のミュゼ雪小町会場では洋画と写真を鑑賞しました。内山富佐子さん、渡辺靖子さんなど何人かの友人、同級生の作品が目にとまりました。尾神岳の風景を描いた作品が2点あり、そのうちのひとつは村山陽先生の作品でした。うれしかったですね。旧第四銀行会場では日本画が展示されていました。ここでは市展作品もよかったのですが、2階に展示されていた彫刻家・峯田敏郎さんの作品に惹きつけられました。木彫り、ブロンズ作品とも光をうまく活かした展示がされていて気に入りました。旧第四銀行をゆっくり見たのは今回が初めてです。頭取室では「橋爪頭取」の写真も撮ってきました。1階には今年導入されたペレットストーブがありました。半そで姿で行ったものですから寒くて、ストーブを焚いてほしいくらいでした。

murayama131012.JPG

mineda131012.JPG

 高田の花ロード。本町通りをゆっくり歩いて鑑賞しましたが、たくさんの素敵な展示の中で私が一番気に入ったのは、花ロードとは関係なしに日頃から雁木のところを花で飾っている家の植木鉢でした。次いで、カボチャを使った作品、そしてもうひとつ、元内山金物店屋上にあったキバナアキギリもよかったです。一番上の写真は審査委員長賞をもらった元内山金物店のおばあちゃんの展示です。

hana131012.JPG

kinenn131012.JPG

kibanaakigiri131012%20%281%29.JPG

 さて、時間です。駅伝の開会式に向かいます。

2013年10月14日

吉川区駅伝大会


ekidenn1310134.JPG

 おはようございます。素敵な青空が広がった朝になりました。澄み渡り、外は静かです。とうとう今年のセミは終わったのでしょうかね、ツクツクボウシの鳴き声はひとつも聞こえてきません。

 昨日は吉川区の駅伝大会でした。19.2㌔㍍、9区間のコース。旭ランナーズ、スキークラブなど常連組に加えて、シャイニング2001など小学生中心チームも参加し、全部で8チームが競いました。選手の中には4日の上越地区小学校陸上選手権の400メートルリレーで新記録を達成した竹内綾祐、佐藤弘生、市村拓登、八木空来の4選手も参加していましたし、兄弟で大会を盛り上げた選手もいました。タスキをつないで、1時間14分58秒でゴールしたのは旭ランナーズでした。私は審判車に乗り、レースを見守りました。来年の大会は吉川町時代から通算で50回目の大会となります。私も来年は体重をとして選手として参加することになっています。たいへんだー。

ekidenn1310131.JPG

ekidenn1310132.JPG

ekidenn1310133.JPG

ekidenn1310135.JPG

 終わってからは生活相談1件で動き、その足で上越市展の工芸、書道部門の作品を見てきました。工芸作品で「おやっ、これは」と思ったのは佳作に入っていた工藤貞夫さんの「“DNA”二重螺旋 人類進化の歩み、繁栄か破滅か」です。この作品は制作過程を何度も見ていました。工藤さん、おめでとうございます。

rasenn131013.JPG

 きょうは一日ゆっくりしたいなと思っています。このところ、ずっと走りっぱなしでしたので、体を休めないと……。

2013年10月15日

八石山でキバナアキギリと出合う


yamaimo131015.JPG

 おはようございます。今朝も寒いくらいです。天候は曇り。朝の散歩ではヤマノイモの葉っぱの色が変わり始めてきたのを確認しました。これから里山の木々が一気に紅葉していきます。

 昨日は久しぶりにゆったりした時間を過ごさせてもらいました。午前、近くの山に入り、見つけたのはドングリの実がもっとも多かったのですが、エゴノキの実が落ち始めていました。この木の実はヤマガラ君の大好物です。春以来、しばらく会っていないヤマガラ君とも再会できそうです。

egonoki1310141.JPG

 午後からは柏崎にある妻の実家へ行きました。ひと眠りした後、八石山へ。春に行った際、キバナアキギリらしい草を見つけていました。かなりの群落になっていましたので、山のどこでもあるのでしょうが、この草に黄色の花がついているかどうか、それを知りたかったのです。登山道を登り始めてまもなく、林の中で黄色の花を発見しました。花はほとんど終わっていましたが、残っていた花がとても愛おしく感じられました。キバナアキギリは12日に高田の旧内山金物店屋上で開花しているのを見ていますが、山の中で咲いている姿は初めてでした。うれしかったです。

kibanaakigiri131014.JPG

 夕方はお世話になった人のお通夜に行ってきました。結婚されて吉川区の源地区に戻ってこられた時はラーメン屋さん、それから自動車屋さんと続けられました。若い時から俳優の倍賞千恵子にそっくりの美人さんでした。遺影は笑顔、年を取っても女性はこんなにも美しくいられるのかと思うほど、素敵な写真でした。お通夜には同級生の人たちが最後の別れをするために参列、「ありがとね」と声をかけておられました。

 きょうは午前中に友人の葬儀、それから中山間地対策特別委員会の準備、生活相談3件の対応で動きます。

 市政レポート1626号、「春よ来い」の第274回、「偶然の再会」を私のホームページに掲載しました。ごらんください。

2013年10月16日

かなしい雨

hashi131016.JPG

 おはようございます。今朝は雨です。このところの雨はかなしい雨です。

 昨日は妻とともにYさんの葬儀に参列してきました。青い軽トラックに乗って週に1回はわが家にやってきたYさんがぴたりと来なくなったのは今年の春でした。お連れ合いの話によると、血液のがんだったようです。喪主の挨拶のなかでお連れ合いが、「主人は携帯は通話だけできればいいと言っていたんですが、メールを覚えてくれて、毎日、メールが来ると『生きていてくれる』とうれしくなりました」と紹介すると、式場ではすすり泣きの声があちこちから聞こえてきました。55歳で迎えた死は早すぎます。

 今朝の新聞には、Yさん宅から100㍍ほどしか離れていないSさんの訃報が載っています。Sさんが病気だということはお連れ合いからきいていたのですが、まさか亡くなるとは思いませんでした。私は町議選の時代から、町の商店街で演説する時はかならずこのSさん宅前で演説してきました。それはいつも笑顔を絶やさず、励ましの声をかけてくださったからです。Sさんの笑顔を二度と見ることができないのはさみしいです。

 昨日は葬儀後、生活相談に追われました。思わぬ新事実が出てきたり、すぐに納得してもらえる結果になったりと相談ではいろいろなことがありますが、昨日の相談ではもう数カ月も続いていて、解決がなかなか見えてこない件もありました。相談が終わったのは夜8時過ぎ、さすがに疲れました。夜中に一度目が覚めましたが、朝、起きたのが6時半近くです。びっくりしました。

 きょうは市政レポートの作成、中山間地対策特別委員会の準備などで動きます。台風の影響で、雨風が続いています。被害が出なければいいのですが……。上の写真は今朝の吉川橋です。車の中から撮ったものですが、窓ガラスの雨の影響で橋が歪んで見えます。

2013年10月17日

サツマイモの花


hashi131017.JPG

 おはようございます。朝の寒さはだんだん厳しくなってきましたね。今朝は布団の中に入っていても寒くて寒くて、とても起きる気にはなれませんでした。そろりと暖房が欲しくなってきました。

 昨日は原稿書きでほとんど事務所にいました。ただ、途中で写真がほしくなり、安塚、牧方面へ出かけてきました。下の写真は牧区で撮ったサツマイモの花の写真です。見たのは初めてではありませんが、前回みたのは、おそらく30数年前でしょう。大潟区の雁子浜からサツマイモのツルをもらってサイレージづくりをしたころのことですから。

satumaimo131016.JPG

 きょうはこれから市政レポートの印刷を大急ぎでやった後、葬儀に参列します。その後は友人との昼食会、「しんぶん赤旗」日曜版の配達と続きます。

2013年10月18日

若い人の葬儀続く


yoshikawabashi131018.JPG

 おはようございます。今朝も冷え込みましたね。昨日は妙高山系で初冠雪というニュースが流れました。吉川橋から見ると、妙高山については、今朝の段階でもうっすらと雪のかぶっている様子が分かります。そして火打、焼は真っ白です。

 昨日は午前が大忙しでした。「しんぶん赤旗」折り込み用の市政レポートの印刷が終わったのが8時35分です。それからSさんの葬儀に駆け付け、戻ってから、再び市政レポートの印刷作業を11時半まで行いました。友人との昼食会をお昼に時間帯に約束していたので、市政レポートのチェックが甘くなってしまいました。午後、後援会事務局の人から電話が入り、「今度の市政レポートの日付もナンバーも先週のままだよ」と言われてびっくりしてしまいました。時すでに遅しです。参りましたね。

 Sさんの葬儀では出棺時の挨拶で息子さんがお母さんの棺に向かって、「お母さん、僕たちはお母さんとお父さんの間に生まれて幸せでした」と呼びかけ、見送った人たちの涙を誘いました。昨日の午前は台風一過の空、空は高く、雲は白く、とても美しい景色が広がっていました。Sさんが雲に乗って遠くへ旅立ったような雰囲気がありましたね。

sora131017.JPG

 午後からは中山間地対策特別委員会主催の「若い人たちとの意見交換会」(11月11日午後7時から板倉区コミプラ)の準備をしました。また、一昨日、浦川原区の2人の住民から電話のあった、「下水道排水設備設置工事費補助金に関するアンケート調査」について担当課長から説明してもらったり、電話をくださった一人に問い合わせたりしました。アンケート調査は、今年度予算に計上されている新規接続者への3万円の補助制度について、既設接続者に不公平感があるかないかを問うものです。調査は市職員が市内の約30地区の関係者の中からそれぞれ20世帯ほど選び、直接訪問して行っていますが、関係住民からは、「趣旨がよく分からない」「職員が自分でマルをつけているのはおかしい」「調査員が目の前にいるなかで回答するというアンケートのとり方でいいのか」等の声が寄せられていました。担当課長からは「回答は本人からマルをつけてもらうことを基本にしている」「改善すべき点については改善したい」とのことでした。今後の動きに注目したいと思います。

annke131017.JPG

 夕方からは頸城区で生活相談があり、帰宅は午後9時前になりました。このところ、深刻な相談が続いています。

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達を中心に動きます。

2013年10月19日

久ぶりに米山へ


yoone5.JPG

 おはようございます。今朝は曇り空です。天気は下り坂ですので、畑仕事などで忙しく動く人の姿が多くなりそうです。

 昨日は午前に高田へ行き、その後、吉川区で「しんぶん赤旗」日曜版の配達をしました。天気がよく、ほとんど留守。これなら、思い切ってこの上天気にふさわしく動こうと米山登山を決断し、カップラーメンを食べて午後2時過ぎに水野登山口に向かいました。米山に登ることにした理由は2つ、ひとつは今の季節の花と出合いたいこと、もうひとつは体力づくりです。来年の第50回吉川駅伝に選手として出るための準備です。

 米山登山はずいぶん久しぶりでした。女しらばまではツリガネニンジンの若芽を採るために何度か登っていますが、そこから上は今回で二度目です。体重80キロの男性にとっては、女しらばまでの急な道がきつかったです。でも、昨日は風がありました。ブナ林などでは冷たい風が体を癒してくれました。野の花で咲いていたのはアキノキリンソウくらいです。クルマソウやツリガネニンジンは実を確認できました。そうそう、山頂に着く一歩手前できれいなマユミが迎えてくれましたよ。水野の駐車場から山頂までゆっくり歩き、写真撮影などを楽しみながら1時間15分で到着しました。

yone4.JPG

yone1.JPG

yoneyamaoohashi131018.JPG

 山頂では海からの風で枯れ草が揺れていました。風景も風もよかったです。太陽の位置の関係もあってか、米山大橋の方はまずまずの景色でしたが、頸城平野はぼんやりとした感じでした。山頂では一人の女性と出会いました。最初は私を高鳥修元代議士と思ったとのことでしたが、私が尾神岳のふもとで育ったことを話したのをきっかけに思い出してくださったようです。じつは今春、柿崎公民館の講座で一度会ったことのある市職員さんだったのです。山頂には鐘があるんですね。この女性がカランカランと鐘を鳴らし、手を合わせている姿を見て初めて知りました。この人の祈りの時間は約2分くらいでした。祈りの丁寧さと時間の長さが強く印象に残りました。

 夕方からは吉川区地域協議会でした。総合事務所産業建設グループの集約と保育園問題が主な議題でした。前者の問題では9月末段階での受付管理システム入力状況、9月議会での質問項目について服部連携調整室長が説明しましたが、質問は全くありませんでした。委員からのアンケート調査回答などをめぐっての議論は次回の協議会で行うとのことでしたので、次回は重要な会議となりそうです。

uketuke131018.JPG

 吉川区内の保育園問題については先日、総合事務所長からお聞きしていましたが、市立、私立3園n統合に向けて大きく動き出しました。昨日の会議では、「吉川区における保育の環境整備に関する意見書」が全会一致で採択されたのです。その内容は、3園に通う子どもが減少し、約100名となっていることから、これまで計画されていた中央保育園の大規模改修、旭保育園の事務室の増築を取り止め、「公立・私立の枠を越えた3園の統合により一定規模を確保する中、多様な保育ニーズへの対応を図るとともに、新園舎の建設による保育環境の整備を早急に推進」するように、というものです。私のところにはいまのところ、保育関係者から声が寄せられていませんが、今後の動きに注目していきたいと思います。

 きょうは、午前中に「しんぶん赤旗」日曜版の配達を終わらせ、午後から地域自治区をめぐる学習会に参加し、夜は生活相談です。遅くなるかも知れません。

2013年10月20日

住民自治と合併を考える会の勉強会に参加


sennburi131018.JPG

 おはようございます。今朝は雨です。少し寒さを感じています。

 昨日は「しんぶん赤旗」日曜版の配達で半日終わりました。午後からは、住民自治と合併を考える会の勉強会に誘われ、参加してきました。オブザーバー参加です。昨日の勉強会で中心議題となったのは、地域協議会を定着、発展させるためには何が必要かでした。参加者のメンバーの中には地域協議会委員が数名おられ、「いかに地域の問題をとりあげて議論していくか」「地域協議会が意見書を提出した時に、どこで検討し、回答を書いているのか見えない」などの声が出ていました。私からは9月議会一般質問でとり上げたことを説明させてもらいました。このなかでふれた地域別計画、「地域の将来ビジョン」が関心を呼びました。写真は新聞配達時に撮影したもので、リンドウ科のセンブリです。

 夕方からは生活相談でした。終わって家に戻ったら午後9時近くになっていました。

 きょうはこれから山間部で生活相談です。その後、地元の吉川小学校の音楽発表会、午後は学びの交流館で並行在来線についての意見交換会、市民演奏会と続きます。

 市政レポート1627号、「春よ来い」の第275回、「稲刈りが終わって」をホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

2013年10月21日

2つの音楽イベントに参加

taiko131020.JPG

 おはようございます。今朝は晴れ。さわやかというよりも寒さを感じる朝になりました。虫の声もセミの声もすっかり聞こえなくなってしまいました。

 昨日は全校児童数231名の吉川小学校の音楽発表会でした。会場は同校の体育館。音楽発表会が始まったとたんに雨が降ってきて屋根裏が賑やかになりました。「ソロの音が消えちゃいそうだ」と心配しましたが、校長先生は、「一生懸命さが伝わってくれればいい」と落ち着いておられました。学年ごとの発表では、生活科の学習で学んだことを歌に採り入れたり、手話をつけて歌ったりと様々な工夫がありました。日頃から各学年の学びのステージに応じた音楽学習が行われているんでしょうね、「二部合唱に挑戦する」「様々な楽器でラテンのリズムに乗る」などそれぞれの学年の発表には課題と目標があり、おもしろく鑑賞できました。最後は児童、職員、保護者、じいちゃん、ばあちゃん、来賓、みんなで「ひとりの小さな手 何もできないけど それでも みんな手と手をあわせれば 何かできる 何かできる」と大合唱しました。校長先生もリズムに乗ってタンバリンをたたいておられました。みんなの心に残るすばらしい発表会だったと思います。

mokkinn131020.JPG

syuwa131020.jpg

syokuinn131020.JPG

 午後からは並行在来線の合同学習会に参加し、その後、市民吹奏楽団の定期演奏会に出てきました。会場では後援会の会長さんや事務局長さん夫婦などもおられ、びっくりしました。昨日から休みなしで疲れてい手、眠るのではないかと思っていたのですが、ずっと目が覚めていました。とにかく楽しく、ホットな演奏会でした。私は行進曲とラテンナンバーが大好き人間です。私の目はランランと輝いていました。午前の吉川小学校の音楽発表会の際、目の前で打楽器の演奏を見ていたせいか、パーカッションの動きが気になりました。シンバルは単純だと思っていましたが、腰に力を入れて音を止める姿にすごい迫力を感じました。太鼓の音を瞬時に止めるには両手で抱きつくようにするんですね。これも新発見でした。昨日参加した直接のきっかけは平良木議員がホルンの演奏で登場するからです。よく見たら、吉川区総合事務所にいた内山さんがフルートで、また福平の古屋さんがクラリネットを持って加わっていて、うれしくなりました。みなさん、いったいいつ練習しているのでしょうか。頑張り屋ですね。

suisou1310201.JPG

 きょうは午前9時から各派代表者会議です。その後、議員控室で仕事をします。

2013年10月22日

地域協議会検証会議メンバーと会長とが意見交換会

okamidake131022.JPG

 おはようございます。今朝は曇り空です。「しんぶん赤旗」日刊紙の配達時に雁行が見られるかと期待したのですが、まだ時間的に早かったようです。

 昨日は議会各派代表者会議、議員勉強会、上越市地域協議会検証会議委員と地域協議会会長の意見交換会と続きました。

 各派代表者会議では、一般質問の質問席と天井照明について話し合いが行われました。天井照明については一部の議員から議長席前の「演壇」及び2回目以降の質問席では原稿や資料などが見えずらいとの声があり、今年度予算で40万2000円が計上されています。前回の各派代表者会議において、議長から、「会派・創風から来年度予算要望として一般質問席の常設化が出されているが、この際、天井照明と合わせて検討したらどうか」との発言がありました。日本共産党議員団と無所属の会派などから反対の声が上がったものの、検討すべきとの声が多数を占め、①現行の質問席の場所に設置した場合、②議員席の最前列中央の位置に設置した場合の、それぞれのイメージ、経費について議会事務局で作成し、検討することが決まっていました。会議では①、②の位置図と費用額が示されました。いずれの場合も質問席は現在使用していない答弁者側の2つの席を加工、移設して使うことが前提となっていますが、①の場合、約53万円かかるとのことです。②の場合は、約40万円だそうです。②の方が少ないのは天井照明の設置が1か所ですむからといいます。会議では若干の質問が出たものの、どうするかについては各会派で協議して来月7日までに議会事務局に報告し、翌8日に各派代表者会議を開催し、話し合いをすることになりました。日本共産党議員団は基本的に常設化反対ですが、近々、改めて協議する予定です。写真は質問席のイメージ図です。

situmonnseki131021.jpg

 上越市地域協議会検証会議委員(座長は山崎仁朗岐阜大学准教授)と市内28地域協議会会長との意見交換会は昨日の午後、行われました。2班に別れての意見交換だったので、半分の人たちの意見しか聞けませんでしたが、公募公選制、権限、任期、報酬などをめぐり活発な議論になりました。注目したのは公募公選制です。大方の会長さんたちが、「まちづくりをやる気のある人が出てくるのが基本」「これがないと、どこかの長ばかりが出る形になりやすい」など現状維持を主張していました。そういう中でも、「若い人にいかにでてもらうか」「地域もれなく出てもらいたい」などの声も強く出されていました。もう少し詳しい記事を次号の市政レポートに書く予定です。きょうは午前に検証委員会が開催されます。

ikennkoukann131021.JPG

 きょうは午前に地域協議会検証会議、その後、原稿書きに専念します。

2013年10月23日

地域協議会の検証進む


kawai131022.JPG

 おはようございます。今朝は晴れ。気温は18度前後なのでしょうか、寒くも暑くもなく、ちょうどいい感じです。写真は朝7時前、柿崎区川井で見た米山の風景です。さわやかでしょう。

 昨夜はめずらしい夢を見ました。牛がお産をした夢です。それも2頭です。母牛の乳をしぼってやらなければと思いながらも、忙しくてしぼってやれない。困ったなと思っているところで目が覚めました。でも夢に登場した牛は母牛も仔牛も毛は赤茶色です。よく考えてみれば、乳牛ではないので、人間が乳搾りをしないでもよかったのです。夢はおもしろくできているもんですね。

 昨日は第2回上越市地域協議会検証会議(座長岐阜大学准教授山崎仁朗さん、他に3委員で構成)が行われました。一昨日の地域協議会会長さんたちとの意見交換会などで出された論点がどう引き継がれて議論されていくのかに注目して傍聴してきました。同じような問題意識を持っていたのかどうかわかりませんが、一昨日に傍聴された人の多くが傍聴されていたのには驚きました。

 昨日は地域協議会の検証にかかわる多くの課題がある中で、①地域活動支援事業のあり方、②諮問・答申のあり方、③委員の定数、任期、報酬などについて、④公募公選制の下でどう裾野を広げていくか、の4点に絞って3時間近く活発な議論が展開されました。

iinnkai131022.JPG

 このうち地域活動支援事業については、改善策をめぐって様々な議論が行われました。一昨日の会長さんたちとの意見交換会では金額が多すぎる、足りないとする意見や他区への流用、残額の繰越などの意見がありましたが、検証会議では、「500万円の基礎部分を厚くし、人口割りの部分を薄くしたらどうか」「3次募集までは必要ないのでは」「事業の執行時期との関連で流用は難しい」「柔軟に使える仕組みとするために繰り越しがあっていいのでは」「市が本来やるべき事業をこの事業を使ってやるのはいかがなものか」「地域のソフト面を活性化させるという本来の趣旨にそった活用を」などの声が出されました。興味深かったのは、今後の課題として、人件費でも使うことができるようにすること、団体設立を促すために財政支援することも検討しましょうと決まったことです。新たな改善策が見えてきた感じがしました。

 諮問・答申のあり方についてはこの間、(仮称)厚生産業会館基本構想案や名立区地域協議会が提出した特養ホームについての意見書をめぐりいろんなところで議論されてきた経過があります。昨日の会議では、「行政と地域協議会がお互いに話し合っても2者間で解決できないときには第3者機関が入ることも必要ではないか。ドイツなどで行われている市民集会、住民集会など市民を巻き込んで議論することも必要だ」「行政は基本的にオーケーをもらうために諮問している。どうしましょうかと訊くものではないのではないか」「(もめたとき)議会がどうかかわるかという問題もある」「議員が悩み深いやりとりを見て、議会に反映させることはありうる。それをどう担保させるかだ」などの意見が出されました。市全域に影響のある問題については全区の地域協議会が自主審議事項としてとりあげることには異論はありませんでしたが、全区の地域協議会に諮問することについては、「条例の趣旨からすると区域を限定することになる」「自主審議で意見書を出せばいいのではないか」「全市的なことは議会で議論することになるのではないか」などとまとまらず、今後、さらに検討することになりました。

 委員の定数、任期、報酬などについては、短時間の議論となりました。「13区では、人口減、高齢化のなかで減らしてもいいのではという意見が複数区から出た」「何で減らすのか、その理由は何かを明確にする必要がある」「なり手がないという実態がある。何が適切かはむずかしいが、ドイツでは人口で決めている」「会長との意見交換会では、一度にがらっとメンバーが替わって、実質的に動き出せないという問題が指摘されている」「半数改選があってもいいのではないか。スムーズに委員を確保出来るなら、2年ごともあってもいい」「報酬については、報酬をくれという話ではないと理解している。(1200円が安すぎるという話だ)」などの意見が出されました。これらも今後整理されることでしょう。

 公募公選制の下でどう裾野を広げていくか。この問題は力が入った議論となりました。「実際に女性や若者が出たところでは活性化している。長い目で見ながら努力していくことが必要だ」「地域協議会で一つひとつの成果を積み上げながら裾野を広げていかないといけない」「出前協議会方式が広まってきたという印象があるが、全体としてまだかたい議論がされているというイメージがある。子育てではどんな悩みを持っていますか、と軽く入れるイメージがほしい。まちの人たち、団体の人も定例会に加わって審議する方法があってもいいのではないか」「いくつかの協議会を傍聴してきたが、もっと気軽にやってもいいのではという印象を持っている」「楽しいことがないと若い人は入ってこない」「会長も判断も大きい。女性や若者が発言しやすい雰囲気づくりをするためにも会長間で交流が必要だ。仕事を休んでも出席できるようにするためには、市長等から地域協議会の意義をもっと発信してもらい、雰囲気を全体として盛り上げていくべきだ。住民組織、諸団体とも連携して裾野を広げていく必要がある」など発言が続きました。

 昨日の会議は全体として、一昨日の意見交換会の到達点をふまえたいい議論になったと思います。この検証会議は今後も行われ、今年度中には検証結果、改善策がまとめられる予定です。

2013年10月24日

「牛のお産の夢」にうれしいコメントいくつも

kouyou131023.JPG

 おはようございます。今朝は雨がポツポツと降っています。カメラを手にして外に出たのですが暗くていい写真にはなりません。写真は昨日、近くの山で撮ったものです。ここ数日で紅葉が進んできたように思います。

 昨日から妻がいません。家を出ていったのではありませんのでご心配なく。旅行に出かけたのです。それで、こちらは自由になれたかというと、かえっていろいろ仕事が増えて、自分の思うことができないから面白いものです。朝から原稿書きをしていたのですが、午前10時頃から近くの山の上り、気分転換しました。ヤマウルシ、カエデ、サクラなどが紅葉を始めていました。

 昨日、夢の話を書きましたが、これはフェイスブックでも写真付きで発信しました。「思わず『がんばれ!』と言いたくなる写真ですね」「なにか大きな幸せの前兆だといいですね」「夢占いで調べてみたのですが、牛の出産の夢は長い間の努力や苦労が報われて、開運する吉夢だそうです」「動物…人間もですが、出産はまだ見たことがありません。この写真一枚で、母牛の覚悟を感じます。親孝行とは無縁できましたが、いるうちじゃないとできませんね。なんだか、そう思いました」などの感想を寄せていただきました。つたない発信でも、このように受け止めてもらえるのはうれしい。

osann041031.JPG

 夕方からは生活相談の約束があり、農地問題などで相談を受けました。長年、農業委員をやっていたことで、いまでもこの種の相談は時々あります。

 さて、きょうは市政レポートの原稿書きと印刷をしたあと、「しんぶん赤旗」日曜版の配達、集金に出かけます。夜はまた会議が入っていますので、帰りは遅くなるでしょう。

2013年10月25日

「春よ来い」の原稿、全面的に手直し


kouyou131024.JPG

 おはようございます。今朝は曇り空、また少し寒くなってきました。落ち葉のある道を車で走っていたら、リスがサーッと横断していきました。

 昨日は午前9時頃までに市政レポートを書きあげ、印刷をし、その後、「しんぶん赤旗」日曜版の配達、集金に出ました。先週と比較して、山間部ではずいぶん色がついてきましたね。ヤマウルシ、ツタが赤くなり始め、ブナ林も黄色くなり始めました。

 途中、先週、下水道排水施設の関係で電話をくださった家に寄り、事情を聴きました。また、他の家で新たな生活相談が寄せられ、その問題で弁護士と連絡を取るなど忙しい日になりました。新聞配達は午後6時近くまでかかりました。配達はきょうも午前中、頑張ります。

 今朝は市政レポートに連載している「春よ来い」の原稿とにらめっこです。昨日、バタバタと書いた「米山薬師」の原稿がどうしてもしっくりいかないのです。少し直してみましたが、それでも納得がいきません。結局、ほぼ全体にわたって手直しすることにしました。すでに配達済みのものと違うものが、日曜日、新聞に入りますが、ご理解ください。

 きょうは午後から党議員団会議です。帰りは夜遅くなります。

2013年10月26日

党議員団会議、新潟の友人との懇親会


kawa131026.JPG

 おはようございます。今朝は雨です。台風の影響なのか、昨晩は強い雨が降りましたね。おそらく、今年2番か3番くらいの雨でした。先ほど川を見てきましたが、かなり増水しています。写真は吉川橋から上流を撮ったものです。

 昨日は午前に市政レポートの印刷でした。印刷前に「春よ来い」を読み直したところ、1行目から直したくなりました。30分くらい時間をかけて直したものは、一昨日印刷したものとがらりと変わった文章になりました。文章というものはおもしろいもので、一晩寝てから読むと、すぐ直したくなります。たぶん、ホームページに載せるまでにさらに手直しすることになるでしょう。

 午後からは党議員団会議でした。当面する課題、とくに29日の党議員団主催の議会報告会で何を報告するかについて議論しました。市民の暮らしの問題、(仮称)厚生産業会館の問題、総合事務所産業建設グループ集約、原子力防災対策を中心にコンパクトに報告、できるだけ参加者から発言してもらう時間を多くとろうということになりました。29日は午後7時から、会場は市民プラザ第4会議室です。どうぞ、お出かけください。

 夜は新潟の友人と懇親会をやりました。めずらしくビールとお酒のちゃんぽんをしたらすっかり酔いが回ってしまいました。友人との話の中で印象に残ったのは、Tさんの息子さんの話でした。子どもの頃、いろいろと問題を抱えた人だったらしく、中卒で上京。現在は関東地方で葬儀屋さんを営んでおり、亡くなった人の家族の意向や故人の生前の希望をしっかり聴いて素敵な葬儀をやってくれると話題になっているとか。この息子さんが子ども時代、唯一味方になってくれたのはおばあちゃんでした。おばあちゃんの葬儀の時は東京から駆けつけ、最大限の感謝の気持ちを表すために、独創的な生花の飾り付けをしてくれ、参列者が感動したというのです。これ以上、具体的なことを書けませんが、私も話を聴き、涙がこぼれる寸前でした。

 きょうはいま、市政レポートを印刷中です。これが終わり次第、「しんぶん赤旗」日曜版の配達と集金に出かけます。

2013年10月27日

生活相談相次ぐ


yamaimo131026.JPG

 おはようございます。今朝は少し気温が下がりました。15度くらいかな。またストーブを使いました。何か冬に向かい始めたように感じます。写真は浦川原区東俣で撮ったものです。山芋の葉が黄色になりました。

 昨日は市政レポートを4000枚ほど印刷してから、「しんぶん赤旗」日曜版の配達に出ました。市政レポートの1628号は木曜日に印刷したもの、金曜日に印刷したもの、そして土曜日に印刷したものと3種出たことになります。なかなか自分で納得できる文章にならなかったのです。ま、たまにはこういうこともあります。

 配達の途中、2件の相談電話が入り、相談者と会いました。いずれも深刻な相談で、私が役に立つかどうかは自信がありません。でも、頼りにしてくださる人がいるということはとてもうれしいことです。出来る限りのことをして、頑張りたいと思います。相談者の一人は数十年ぶりに会った人でした。「橋爪さんも老けましたね」と言われてしまいました。ま、「太ったね」よりはいいか。

 きょうは午前中に越後謙信SAKEまつりに出たのち、大島区のそば祭りの様子を見学させてもらい、その後は従兄弟たちと群馬県伊香保温泉に向かいます。いとこ会があるのです。久しぶりに会える人もいるので楽しみです。

 市政レポート1628号、「春よ来い」の第276回、「米山薬師」をホームページに掲載しました。「米山薬師」は先日の米山登山のことを書いたものです。ご笑覧ください。

2013年10月28日

越後・謙信SAKEまつり、菖蒲そばまつり、いとこ会と…

 
sinawatei131027.JPG

 おはようございます。今朝は群馬県伊香保温泉からの発信です。いま、ホテルの朝風呂から出て、パソコンに向かっています。

 昨日は午前10時過ぎに家を出て、高田本町商店街で行われている越後・謙信SAKEまつりを見てきました。大島区でそばを食べる予定だったので、酒も飲まず、食べ物も食べないでまわりました。おいしそうなものがたくさんあったので残念でした。いつものまつりと違った印象を持ったのは、北陸新幹線開業を前に柏崎市などからも参加があったことからでしょうか。鯨波のホテルの食堂は何度か利用したことがあるのですが、そこからも出店があり、「ほー」と思いました。新幹線がらみのビラを配布する人もいました。雨にもかかわらず、どこのテントもがんばり、賑やかでしたね。

 たくさんのテントのなかで目がいくのは知っているお店やグループなどです。さるなしを使って地域おこしでがんばっている吉村商店は夫婦と娘さんの3人で、ワインやジャムなどの販売をしていました。㈱杜氏の郷のテントでは谷内さんや渡辺さんなど新人社員、新役員が張り切っていました。そのほか牧区の「よもぎの会」の人たち、料理研究家の井部真理さんなどとも会いました。ぐるりと一回りして、最後にミュゼ雪小町で開催中のシニア美術展の作品も観てきました。そこで出会ったのは市役所元部長のSさん、声をかけたら、「(酒まつり会場を)2度もまわっちゃった」と上機嫌でした。いつ出会っても気持ちのよい人です。写真は吉川区の品和亭さんのテントです。

 SAKEまつり会場にいたのは1時間弱。その後、大島区の菖蒲高原へ向かいました。高原に着いたのは午後1時半。高原では昨日の朝、あられが降ったとか。ストーブがたかれていました。そば打ち実演コーナーでは、横尾さんが最後のそば打ちをしているところでした(写真)。片ばの包丁で見事にそばを切っているところは写真に収めました。会場ではフェイスブックで友達になっている佐藤さんなど何人かの知り合いと会うことができました。菖蒲地区に地域おこし協力隊員とした入った人とも挨拶を交わしました。うれしかったのは何人ものおかあさんから「市政レポート、楽しみにしてるよ」と声をかけていただいたことです。励みになりますね、こうやって声をかけていただくと。

soba1310271.JPG

 夕方からは大島区の従兄弟たちと群馬県伊香保温泉に。高速を走り、午後6時過ぎにホテルに到着しました。昨年に続いて2回目の「のうのいとこ会」のはじまりです。会の冒頭から感動的なことがいくつも続きました。ここで書くと長くなるので、「春よ来い」でしっかりと書きたいと思っています。1週間お待ちください。

 きょうはいとこたちとゆっくり過ごし、夕方には家に帰ります。
 

2013年10月29日

いとこ会新潟組で榛名湖、清津峡へ


itokokai131028.JPG

 おはようございます。今朝はぐんと冷えましたね。朝起きて温度計を見たら11度でした。2日ほど前から、はっきりと変化が出てきました。冬に向けて歩いていた秋が急に走り出した感じです。これで紅葉は一気に進むでしょう。写真は「のうのいとこ会」で昨日訪れた群馬県の榛名湖です。

 昨日は午前9時前に伊香保温泉のホテルを出て、温泉まんじゅうなどを買った後、榛名湖を目ざしました。メンバーはいとこ会に参加した者のうち、大島、吉川に帰る7人です。途中、越後の山々が白くなっているのが見えました。榛名湖に着くちょっと前、突然、「静かな湖畔」のメロディが流れてきたのにはびっくりしました。車で舗装道路を走るとメロディが聞こえる「メロディライン」というのがあることを初めて知りました。いいもんですね。榛名湖は伊香保温泉から近く、20分もかからなかったのではないでしょうか。初めて見る榛名山は湖と青空の中、とても美しい姿でした。さすが榛名富士と呼ばれるだけあります。

 次に目指したのは十日町市の清津峡です。名前だけは何度も聞いていましたが、ここも見るのは初めてです。大勢の観光客が訪れていました。旅館街の駐車場では村山市長とそっくりの係員さんが誘導してくれました。以前、雪崩災害に遭ったという旅館で山菜などが入った天ぷら料理を食べたのち、トンネルへ。川の流れがものすごくきれいでした。紅葉の方はまだ1週間ほど早かったようです。時間がなかったので、トンネルから外を見られる最初のところまで行って戻りましたが、川幅が狭くなり、岩肌が迫って見える景色に圧倒されました。

kiyo1310281.JPG

kiyo1310282.JPG

 家に戻ったのは午後3時過ぎです。市役所に向かう予定だったのですが、途中、電話が入り、生活相談に対応しなければならなくなったからです。このところ、相談がかつてなくたくさんになってきています。どういうことなのでしょうか。

2013年10月30日

県土木部長交渉、党議員団の議会報告会

giinndann131029.JPG

 おはようございます。今朝もいい天気になりました。気温は昨日の朝より高く17度です。木々を照らす陽射しが暖かく感じられます。

 昨日は県道新井柿崎線の整備についての県土木部長交渉、党議員団主催議会報告会と忙しい一日となりました。

 まず、県道新井柿崎線の整備についてですが、市議会の県道新井柿崎線整備促進議員連盟(宮崎政国会長)のメンバー9人で新潟県庁へ出かけ、田宮強志土木部長にたいして吹き払い柵の設置促進、歩道の整備・フラット化、路盤改良などを要請しました。
 このなかで昨冬、柿崎区地内の吹き払い柵が壊れた原因究明はまだ終わっていないものの、約3000万円かけて約200㍍の整備・修繕を行うことが改めて明らかにされました。これは9月県議会で補正予算が計上されています。梶十文字周辺の固定型吹き払い柵の設置はこの原因究明後となるとのことでした。また、野尻から新井方面の歩道設置要望については幅広路肩で対応し、要望個所を今年度で整備完了させる考えであることも明らかになりました。
 県道新井柿崎線は上越市内の中央部の南北を通るまさに幹線県道です。超党派の議員連盟の粘り強い現地調査と要望活動、上越市区選出県議との連携などにより少しずつではありますが、整備が進んできました。

doboku131029.JPG

 交渉が終わってから小林前都市整備部長、稲荷前副市長を表敬訪問しました。このうち、稲荷前副市長とはお茶を飲みながら懇談、県議会の様子などを教えてもらい、楽しい時間を過ごしました。どんな話で笑っているかですって、それは忘れてしまいました。ごめんなさい。

inari131029.JPG

 昨晩は日本共産党市議団主催の議会報告会を市民プラザで開催しました。平良木議員が約20分間、市政の重要課題について報告した後、質疑応答、意見交換を行いました。参加者は10数名で少なかったものの、意見交換などは活発で、予定時間を30分もオーバーするほど盛り上がりました。
 参加者からは、「避難は原発が爆発してからでは遅い。それ以前に対応できるよう働きかけを」「風による放射性物質がどんなふうに運ばれていくかだけでなく、原発からの放射線そのものがどうなっていくのかも究明すべきだ」「どんな避難計画を立てようと机上の空論となりやすい。原発は廃炉にする。これをめざして徹底した運動を行うことが重要だ」「高齢者世帯などでゴミを分けても出さないところが増えている。もっと支援を」など原発問題とゴミ問題でたくさんの質問、意見が寄せられました。
 次回の党市議団主催の議会報告会は11月9日午後7時からです。会場は板倉コミュニティプラザ3階、市民活動室です。ぜひお出かけください。

houkokukai%20131029.JPG

 きょうは地元での活動となります。明日から2日間、中山間地対策特別委員会の視察で静岡県浜松市へ出かけますので、その前に市政レポートなどの作成もしなければなりません。さーてと、まんまは炊けたかな。

 

2013年10月31日

1年ぶりに新入党者歓迎会


hashi131031.JPG

 おはようございます。今朝は晴れ曇り、これから良くなっていくのでしょう、かなり明るくなってきました。気温も割と高く、いい気持ちです。写真は今朝の吉川橋です。

 昨日は事務所の掃除、市政レポートの原稿書きでした。書きたいことがはっきりしている時は、何となく落ち着いていて、どんどん書き進みます。次号のレポートに掲載する「春よ来い」のタイトルは「粋な計らい」です。いとこ会での従兄の気の利いた会運営に目を向けて書いてみました。政治的な記事は、県道新井柿崎線整備促進議員連盟の県交渉について書きました。

 午後からは新入党者の歓迎会です。歓迎会は約1年ぶり、仲間の何人かが料理やお菓子などを持ち寄り、歓迎の言葉をみんなでのべました。市田書記局長の新入党者向けビデオを全員で見たのち、懇談会でした。会ではなぜ共産党への道に進むことになったかなどを出し合い、初心に帰ることができました。とても、楽しい会でしたね。

 さて、きょう、明日と静岡県浜松市へ視察に行ってきます。中山間地対策のひとつとして取り組んでいる事業について学んできます。パソコンは持っていきませんので、明日の発信ができるかどうかは微妙です。

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

on 何人もの人が涙を浮かべて: 橋爪さん 読んでいる
ホーセ on 9月議会終わる: コメント、ありがとう
保高 博司 on 9月議会終わる: 橋爪さん! ご苦労さ
ひろ on 昨年度の住宅リフォーム促進事業、執行残271万円: いつも楽しく拝見して
ホーセ on 元気の出るふるさと講座: こちらこそお世話にな
お〜るり on 元気の出るふるさと講座: ありがとうございまし
ホーセ on 頸城区希望館での「新春の集い」に150人: 保高さん、いつもあり
保高博司 on 頸城区希望館での「新春の集い」に150人: 橋爪さんの詳細行動、
ホーセ on まるで春直前: こちらこそお世話に
お〜るり on まるで春直前:  私にとって忙しく飛

About 2013年10月

2013年10月にブログ「ホーセの見てある記2」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年09月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34