« 2020年11月 | メイン | 2021年01月 »

2020年12月 アーカイブ

2020年12月01日

PCR検査などで3議員が総括質疑


 おはようございます。今朝は5時半過ぎに起床しました。時どき小雨が降る天気となっています。パソコンに向かっていますが、仕事はなかなか前に進みません。

 昨日から12月議会が始まりました。市長の提案理由の説明の後、橋本洋一、平良木哲也、宮越馨の3議員が総括質疑に登壇しました。やはり、質疑の注目はPCR検査の拡大と旧今井染め物屋に関する条例でした。総括質疑はテーマが重なると後から登壇する議員はやりにくいところがあります。昨日、3番目に登壇した宮越議員は1回だけの質疑で終わり、「えっ」という感じになりました。

 質疑のテーマのうち、新型コロナウィルス感染症対策として新たに打ち出された「新型コロナウィルス感染症検査助成事業」については、総額2489万円が一般会計補正予算に計上されました。対象者は①介護保険施設及び障害者福祉施設に新たに入所する人、②介護保険及び障害福祉サービス等を利用する人のうち、県外在住者との接触により感染のおそれがある人です。①についてはPCR検査費用2万2000円の全額を助成、②については、検査費用のうち2万円を助成(残り2000円は自己負担)するというものです。

 日本共産党議員団を代表して質疑した平良木議員は、「新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、当市におけるPCR検査がどのようにあるべきと考えた上での提案か。PCR検査費用の助成対象を介護保険施設及び障害者福祉施設の利用者に限ったのはなぜか」などと質問しました。

soukatu201130.jpg

 市長は、「国が示す方針に基づき実施されるものと考えており、本事業は『感染拡大や重症化を防止する観点から、一定の高齢者や基礎疾患を有する者について、市区町村において本人の希望により検査を行う場合に国が支援する仕組みを設ける』との方針の下、厚生労働省が創設した助成事業を活用して取り組むもの」「対象者を、優先されるべき行政検査の適切な実施や、医療機関における医療提供との整合も考慮し、ひとたび感染が広がると影響が極めて大きくなる介護保険施設、障害者福祉施設の利用者等とした」「検査を利用する人数は、施設へ新たに入所する人については、最近の新規入所者数の実績からひと月当たり50人を、通所サービス等を利用する人については、感染拡大前後における通所サービス等利用者の減少率などを考慮し、ひと月当たり300人を想定している」などと答えていました。

 総括質疑の後は即日採決することになっていた議案の委員会審査です。総務、厚生などの委員会で審査が行われましたが、ここでもPCR検査について質問が集中しました。行政とのやりとりを聴いていて、今回の予算計上は、これまでよりも一歩前進ではあるものの、やはり、国の方針の枠のなかでの対応から前に出ることはなかなかできないことを感じました。今後の議論ではこの点が議論の一つになるものと思います。

img448.jpg

 議会が終わってから外食し、日米共同訓練に関連する会議に参加しました。12月5日の午前10時から高田のスポーツセンターで行われる集会とデモについての準備です。1時間弱で終わりました。

 きょうは厚生常任委員会です。

2020年12月02日

ペレットストーブ試運転


 おはようございます。今朝は晴れ、青空も広がり始めました。この時期ですから、少しでも青い空が見えるだけで気持ちは晴れます。写真は事務所近くの市道から見た風景です。

asa201202.JPG

 昨日は朝9時頃に事務所のストーブ点検ということで業者さんがやってくるというので、持ちました。ところが肝心のペレットを使い切っていたことをすっかり忘れていました。ですから、掃除などをやった後の試運転は無し。いくつものやるべきことを頭に入れるときに、ペレットのことはまったく考えていなかっただけに、情けない。

 市議会は昨日から常任委員会審査が始まりました。私は20分ほど遅れて市役所に着いたのですが、議員控室で上野議員のタブレットから流れてくる厚生常任委員会審査の様子を聞きながら、自分の所属する総務常任委員会資料を読み続けました。厚生常任委員会は午前中で終了しました。

 午後からは総合支援資金をめぐる生活相談でした。平良木議員とともに行動しました。緊急小口資金やこの資金をめぐっては厚生労働省見解が基本です。新型コロナ禍の下で苦しむ人たちを最大限支援することが重要です。昨日もそのことを頭に置きながら関係団体に働きかけました。今後の対応を注視したいと思います。

 相談活動が終わってから板倉区へ行き、ストーブ燃料の木質ペレットを購入してきました。試運転をしてみましたが、いつものように動いてくれました。やはり、木を燃料にしたものは暖かさの質が違います。やわらかくて、気持ちいい。ストーブ前で横になったら、1時間ほど眠ってしまいました。パソコンなどを使って仕事をするときは眠気とのたたかいになりそうです。

 きょうはこれから取材した後、市役所へ行く予定です。農政建設常任委員会があります。

2020年12月03日

米価下落対策求める陳情、委員会では不採択

 おはようございます。今朝は冷えていますが、いい天気です。朝の陽射しもとても気持ちいいです。

 昨日の市議会は農政建設常任委員会でした。議案では、安塚の雪室施設や田舎家の今後についてなどの質問が出ていました。所管事務調査では市の食料・農業・農村基本計画案について、「新たな担い手とは具体的に何を指すか」「もっと中山間地域に力を」「農福連携の重視を」などの意見が相次ぎました。私は番外でしたが、「国連の家族農業の10年の取組が反映されているか」「市の条例の魅力を発揮するためにももっと家族農業、小農をどーんと打ち出すべきだ」などと発言しました。

img449.jpg

img449-2.jpg

 注目されたのは陳情です。「TPP参加阻止新潟県民共闘会議」が提出していた、「新型コロナ禍による米価下落対策に関する陳情」と「自家増殖を原則禁止とする種苗法『改定』の取りやめを求める陳情」はいずれも賛成少数で不採択となりました。ちなみに種苗法の改定は昨日の国会で通りました。

 提出された陳情のうち米価に関する陳情は、①新型コロナウィルスの感染拡大で外食需要が大きく落ち込み、2019年産米の過大な流通在庫が生まれ、そのあおりを受ける形で2020年産米の価格の下落が起きたことから、2019年産米の「過剰在庫」や供給過剰となる2020年産米を備蓄米として追加買い入れすること、②2019年産米「過剰在庫」の保管経費等に対する補助の拡充を行うこと、③主食用米から飼料用米への転換にあたっては、産地交付金などの加算を図り、主食用米並みの所得を生産者に補償することなどを求め、政府関係機関に働きかけてほしいと訴えたものです。

 委員会では、「こういうのは支援していかないと、上越市農業は衰退する」「いたって合理的な考えに基づく陳情だ」などという賛成意見がありましたが、その一方で、「米価下落は新型コロナだけが原因ではない。コメ農家だけではなく、野菜農家などバランスのとれた支援をすべきだ」「余剰米は多く、カンフル剤的な対応ではだめだ」などといった意見も出されました。採決の結果、賛成少数で不採択となりました。上越市はコメを主体とした全国でも屈指の稲作地帯です。たいへん残念な結果といわなければなりません。

 委員会が終了してから母が入所している施設によって母の顔を見てきました。距離をとって、しかもアクリル板を挟んでの会話ですから、耳の遠い母との会話はなかなか難しく短時間でサヨナラしました。それでもテレビ電話で愛知県在住の弟の顔を見たらニコニコしていました。

 昨日は12月としては最高の天気でした。雲も広がりましたが、とてもきれいでしたね。何枚も写真を撮りました。

urokogumo201202.jpg

yuuyake201202.jpg

 きょうは文教経済常任委員会です。議案は少ないので短時間で終わるかも知れません。

2020年12月04日

移動露店出展手数料などで審査


 おはようございます。今朝は6時半過ぎに起き、活動レポートの修正作業をしています。印刷は昨日のうちに表面だけ終わらせていたのですが、いまごろになって間違いに気づきました。次号で訂正するしかありません。外は曇り、12月らしい空模様です。

 昨日は直江津の朝市宣伝をした後、市役所へ。すでに文教経済常任委員会が始まっていて、私は議員控室でタブレットで審議の様子を見守りました。

 注目したことの一つは、移動露店手数料の改定議案です。高田城址公園観桜会や上越まつりなどの移動露店の手数料を来年1月1日から、これまでの日額180円以内から日額300円以内にするという内容ですが、他市との比較、関係者の合意などを確認するとともに、引き上げ時期についても質問が出ました。特に飯塚議長は、「(引き上げの)時期が違うんじゃないか。新型コロナウィルス感染症が収束してからでいいのではないか」と強く主張しました。小田産業観光交流部長は、「時期については協議して、議会に提案していきたい」と答えました。当然です。

img450.jpg

 もうひとつは新型コロナの影響で苦戦している「くわどり湯ったり村」「柿崎マリンホテルハマナス」など11の観光施設等に対する減収補てんです。今回は指定管理者との協定に基づき、10月~12月まで4097万円を支援する予算が計上されました。担当課の説明によると、宿泊と宴会施設では、過去3年間と比較して約2割まで売上が落ち込んでいるとのことでした。委員からは、民間の同種施設との比較、各施設の営業努力の必要性などについて質問がありました。

 減収補てんと関連で、上野委員長は大潟区の鵜の浜人魚館プールの冬季間中止問題を取り上げ、「利用者から大きな不満の声が出て、署名運動も起きた」と指摘し、その後の対応をただしました。施設経営管理室長は、「(関係者からは)何とかご理解いただいた。ただ、4月以降は必ず再開せよと訴えられ、出来るだけ再開させていただくと約束した」とのべていました。

 委員会終了後、三和、安塚、大島とまわりました。途中、入った食堂ではお客は私一人、お店のマスターから新型コロナの下での商売の状況などを生々しく語っていただきました。中身は書けませんが、極めて深刻だと感じました。

 大島区で「しんぶん赤旗」日曜版の配達が終わりの頃、すでに暗くなり始めました。12月ですので、夕方になれば冷えてきます。写真は配達の途中、田麦にて撮った写真です。

tamugi201203.JPG

 きょうは総務常任委員会です。夕方までかかるかも知れません。

2020年12月05日

日米共同訓練に関する申し入れ、総務委員会審査

 おはようございます。今朝は寒いですね。6時前に起床し、ゴミ出しを終えてからデスクワークをしています。

 昨日は午前9時半少し前に総務管理部長のところへ行き、日米共同訓練についての市長への申し入れをしました。本来なら日米共同訓練反対の共闘をしている団体全体で行動したかったのですが、事情で、日本共産党議員団の3人と牧田正樹市議で申し入れました。市側は総務管理部長が応対しました。

nitibeikunnrenn201204.JPG

 申し入れ事項は以下の4点です。

 ①妙高市とも連携し、日米共同訓練を中止するよう防衛省など関係機関に働きかけること。
 ②住民の安全・安心を保障するため、訓練概要を公表すること。また、関係機関に詳細の公表を求めること。
 ③墜落の危険を伴う欠陥機オスプレイが訓練に参加しないよう、関係機関に求めること。少なくとも、オスプレイの飛行ルートは住宅街の上空をさけ、市民生活に影響を及ぼす時間帯は飛行しないよう求めること。
 ④訓練に参加する隊員には定期的にPCR検査等を実施することのほか、演習場外への外出や宿泊等を行わないよう求めること。

 午前10時からは総務常任委員会審査でした。議案の中で一番賑やかな議論になったのは、旧今井染め物屋に関する条例です。開館時間や休館日に関する市長からは高田地域協議会に対する諮問は「午前10時から開館、休館日は月曜日、休日の翌日、12月29日から1月3日まで」でしたが、地域協議会はこれに同意せず、開館時間の9時への変更などを求めていました。委員会ではこの経過や答申にに対するう市の受けとめなどについて質問が集中、「朝市のことを考えると開館時間は9時が適当だ」などの声がたくさん出ました。その結果、最終的には、総務常任委員長が採決の前に、委員会総意として、①条例施行に当たり、開館時間など柔軟な対応をすること、②一定期間運用の上、改めて検討すること、の2点を読み上げ、可決しました。

 午後1時からは請願審査でした。住民自治を進める会から提出されていた「公の施設の再配置について、市民の納得を得る説明努力を尽くすことを求める請願」です。同会の佐藤忠治会長が趣旨説明をし、質問した後、何人かの委員が意見表明をしましたが、「請願事項」の「公の施設の再配置について、市民の納得を得られる説明努力を尽くすことを求める」については異論を唱える者はなかったものの、請願の趣旨説明で、「ここまで有効な策を施さなかった行政の不作為」などとしたことに反発する声や「公の施設の再配置に反対しているのではないか」などといった声が相次ぎました。私は趣旨説明の文章中には「『えっ』と思う部分もあるが、請願事項そのものは賛成だ」とのべました。採決の結果、賛成は私、一人という結果になりました。残念ながら不採択です。

img451.jpg

 所管事務調査は「第4次上越市公の施設の適正配置計画の策定についてです。市側が計画案の説明をしてから、活発な質疑が行われました。私からは、①「適正配置」とは何か明確の基準を示すべき、②取組方向の分類で廃止とされたもののなかにはまだくすぶっているものもある、それらについても十分な話し合いをしていくべきだ、③「避難所となっている施設については、廃止する場合は代替え案を検討する」としているが、避難所がないという空白期間はつくってはならない、などとして質問を展開しました。「適正配置」案の概要は次号の活動レポートの掲載する予定です。

 きょうはこれから関山演習場での日米共同訓練反対集会(場所は高田のスポーツセンター、午前10時から)です。

2020年12月06日

オスプレイ来るな!日米共同訓練反対県民集会

 おはようございます。今朝は6時半に起床しました。布団に入ってから新聞を読み始めたら、眠れなくなりました。いつもなら、すぐ眠るのに。今朝は青空も出て、いい天気です。

 昨日の午前、関山演習場などで7日から予定されている日米共同訓練に反対する集会が高田スポーツセンター広場で行われました。主催は、「戦争法廃止!総がかり行動in新潟実行委員会」。上越地域住民を中心に380人ほどの人たちが集まりました。

osu20120501.JPG

 集会では、県平和運動センターの齋藤議長や憲法を守る新潟県共同センターの渡部共同代表が挨拶、機体に構造的な欠陥があると言われているMV‐22オスプレイが再びやってくること、そして新型コロナウィルス感染症が猛威をふるっているなかで訓練を行うことを強く批判しました。さらに菅首相が「敵基地攻撃能力」保有の方針を年内に策定しようとしているなかでの訓練は許されないとし、反対行動を続けていくことを訴えました。

osu20120502.JPG

 主催者代表の挨拶に続いて市民連合・上越の馬場共同代表、打越さくら参院議員、社民党小山県議、そして日本共産党からは私が挨拶しました。

 私は、「本日にもオスプレイがやってくるというが、非核平和都市宣言をしている上越市、妙高市での訓練は許されない。今回の訓練は空から陸から住民の命と安全をおびやかす訓練だ。しかも訓練は敵基地・先制攻撃を想定したものとなっている。(反対運動を盛り上げるとともに)来年確実に行われる衆院選で市民と野党の共同候補を勝利させ、市民と野党の連合政権をつくっていこう」と訴えました。

osu20120503.JPG

 集会の最後に、「オスプレイは来るな! 日米共同訓練反対県民集会」アピールを採択し、自衛隊高田駐屯地前を通って南本町までの約1キロメートルをデモ行進しました。

osu20120504.JPG

 集会後、直江津で昼食をとり、その足で直江津海岸まで行ってきました。風が強く、砂が舞っているところもありました。

naoetukaigann201205.jpg

 その後は「しんぶん赤旗」日曜版配達です。途中、朝日池にも寄りました。というのは、3日ほど前、「コウノトリがいたよ」と連絡してくださった方があったからです。先月見た鳥と同じものかどうか確認しようと思ったのですが、コウノトリらしき鳥は見つけることができませんでした。でも、朝日池には雁、鴨、白鳥等がたくさんいて何枚も写真をとることが出来ました。下の写真はそのうちの1枚です。

hakutyou201205.JPG

 朝日池からは吉川区竹直、柿崎区桜町経由で地元へ。善長寺前で、新しくなった掲示板を見てきました。今回のものは言葉も文字も前住職のお連れ合いの作とのことです。毎回、楽しみになってきました。

zenntyouji201205.JPG

 夜は私のホームページ更新作業をした後、家に帰り、テレビ観賞しました。気に入ったのは、落語家柳家喬太郎と美学の伊藤亜紗の対談です。どちらも初めて知った人ですが、身体論や落語の話が面白く、引き込まれました。

 活動レポート1988号、「春よ来い」の第635回、「通院の日に」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

 きょうは午前にデスクワーク、午後からは取材です。

2020年12月07日

デスクワーク後、関山演習場へ


 おはようございます。今朝は7時過ぎにやっと起きました。ちょっと疲れがたまっているようです。外は小雨、きょうは、ぐずぐずした天気になるのでしょうか。下の写真は今朝の尾神岳です。

okamidake201207.JPG

 昨日は午前中はデスクワークが中心でした。ただ、外の天気がとてもよくて、私の性格上、家の中にばかりいるのはダメ、近くの農道などでカメラを持ち、散歩しました。バッタや赤とんぼにも出合いましたよ。それに野の花が頑張っていました。アキノキリンソウがまだ咲いているのには驚きました。下の写真は山林の中に見つけたサルトリイバラの赤い実です。

sarutoriibara201206.JPG

 午後からは板倉、中郷区へ取材に行ってきました。メインは関山演習場です。オスプレイは見かけませんでしたが、きょうからの演習に備えて、たくさんの自衛隊車両が演習場内に並んでいました。

sekiyamaennsyuujyou201206.JPG

 夕方、吉川、柿崎地内で訪問活動をしました。下の写真はその際撮った尾神岳と長峰池の様子です。とてもきれいでした。

okamidake201206.JPG

nagamineike201206.JPG

 夜は新聞を読んだり、テレビを見たりしてゆったりと過ごしました。深夜のサイエンスZEROが面白かったです。写真は昨夜11時過ぎに撮った付きの写真です。

tuki201206.JPG

 きょうから市議会は一般質問です。

2020年12月08日

一般質問はじまる


 おはようございます。今朝は「しんぶん赤旗」の配達当番でした。アノラックを着るのを忘れて、そのままがまんしたのがマイナスにならなければいいのですが。外はいまも小雨が降っています。

 上越市議会では昨日から一般質問が始まりました。今議会の一般質問通告者は24人、私は10日(木)の最後になります。昨日は江口修一議員から始まってストラットン恵美子議員まで6人が登壇、学校統合、新型コロナ対策、農業振興、観光振興などについて市長、教育長に質問しました。

img452.jpg

 質問と答弁がかみ合い、しかもそれぞれの自分の言葉で語っているときは、聴いていてもよく伝わってきます。面白いことに、そういうのは事前に準備されていないやりとりほど胸にストンと落ちます。その典型例は武藤議員の近藤農林水産部長への「部長は上越市に来られ、まもなく3年になるが、上越の農業をどう見ておられるか」という質問と答弁でした。

 近藤部長は、「上越に来る前、上越市の農業をつぶさに承知しているわけではなかった。ここまでコメがすごいとは思わなかった。コメの需給、消費などの問題があるが、コメを作り続けていくことがこの土地を守ることにつながっていく。(中略)単にコメの生産農家が多いというだけでなく、意識の高い農家が多い。上越の農業は明るい。しっかり後押しをしていくことが大事だ」とのべました。感動しましたね。

img453.jpg

 昨日は、このほかにも江口議員や橋本議員と教育長の学校統合をめぐるやりとり、ストラットン議員と小田産業観光交流部長のやりとりにも注目しました。

 きょうは一般質問の2日目です。まもなく市役所に向かいます。

2020年12月09日

一般質問2日目も6議員が登壇

yoneyama201209.jpg

 おはようございます。昨夜は布団に入っても何となく寒くて、よく眠れませんでした。朝になって、米山さんの見える場所に行くと、上の方、3分の1くらいが白くなっていました。寒いはずです。今朝は曇りです。

 昨日は一般質問2日目。石田議員から中土井議員まで6人が登壇し、財政問題、「地域の宝」、中学生の部活動、柿崎病院問題などについて質問しました。高橋議員の「地域の宝」に関する質問、丁度、市役所1階ホールで写真展示されていたので興味深く聞きました。小山議員はお子さんと共に行動するなかで目にしたこと、日頃思うことをとりあげ質問を展開、これまた注目しました。牧田議員は柿崎病院や公の施設の適正配置計画について質問しましたが、私の質問と完全にかぶります。明日の私の質問は、工夫しないとつまらないものになりそうです。

 一般質問では質問に入る前に、いろんな思いを披露する議員がけっこういます。内容も新型コロナでくるった一年の目標、家族との約束など、じつに多様です。なかには「よき伴侶に恵まれた」と新妻へのラブメッセージを語った議員もいました。昨日の秀逸は牧田議員、12月8日はジョンレノンの亡くなった日であることや「ハッピー・クリスマス」などを紹介、関山演習場での日米共同訓練にも言及し、平和を訴えました。

 夕方遅く地元に戻りました。活動レポート作成と一般質問の準備をしました。困ったのはコピー機の故障です。一般質問用の資料をプリントしたいと思っていたのですが、受け付けてもらえませんでした。

 きょうも一般質問です。市役所に行く前に母の介護施設に寄っていこうと思います。市役所には開会少し前に到着予定です。

2020年12月10日

一般質問3日目


 おはようございます。今朝は暗いうちから事務所に来て、原稿書きです。活動レポートの作成と一般質問準備が重なり、まさに時間との勝負をしています。それにしてもお月さんがきれいです。

tuki201210.JPG

 昨日は一般質問3日目でした。宮崎議員からはじまり高山議員まで6議員が登壇し、新型コロナ対策、佐渡汽船問題、最終処分場問題などをとりあげました。

 日本共産党議員団の上野公悦議員も登壇者の1人。同議員は、新型コロナ対策で「小規模事業者の中には、事業継続への大きな不安と諦め感が広がっている。市独自の更なる事業継続に資する支援金など、新たな支援策や固定費の支払猶予延長などを講じるとともに、持続化給付金の再支給を国に求めるべきだ」と訴えました。

img455.jpg

 市長は、「現時点において、市として直ちに新たな支援策を創設することや、持続化給付金の再支給を国に働きかけることは考えていない。経済状況が悪化するような場合には、国・県が講ずる支援策を確認しながら、直ちに必要な施策を実施できるよう準備を整えていく」と答えていました。

img454.jpg

 新型コロナウィルス感染症対策は国の対策待ちにならず、市独自の施策をどんどん打っていってほしいものです。

 きょうは一般質問最終日。私は6番目ですので、夕方4時頃になると思います。傍聴にお出でください。

2020年12月11日

公民館分館の「適正配置」などで論戦

 おはようございます。今朝は7時過ぎまで寝ていました。まだ、ボーッとしています。というのも昨夜は本会議終了後、3つも会議があり、帰宅したのは夜の9時半過ぎでした。それから、活動レポートの手直しなどをやっていたら、また12時を回ってしまいました。疲れもピークです。外は曇り空、まずまずといったところでしょうか。

 昨日は一般質問最終日、丸山議員からはじまって私まで6人が登壇し、最終処分場問題、新型コロナ対策、小木直江津航路問題などをとりあげました。日本共産党議員団の平良木議員は公共施設のバリアーフリー化について、現地調査に基づき、一つひとつ、丁寧な質問を展開していました。私の前の宮越議員は1回目の質問に20分かけ、市長も「長くなりますが」と前置きし、1回目の答弁に25分以上かけました。元市長と現市長のやりとりですから、これでいいのかもしれませんが、一問一答で丁々発止の論戦を期待した人も多かったのではないでしょうか。

 私は新年度予算編成のスタンス、原子力災害対策、県立柿崎病院問題、公の施設の適正配置で質問を行いました。

img456.jpg

 このうち原子力防災対策では、内閣府が11月2日に公表した「感染症の流行下での原子力災害時における防護措置の実施ガイドライン」をとりあげ、「屋内退避で基本は換気はしないとしながら、30分に1回数分程度換気するとしている。これではダメだと思った。市長はどうみるか」と質問しました。市長は、「全体としては、「避難車両」や「避難所」などにおける一般的な感染症対策を示すにとどまっており、事前に内閣府に対して検討を要請した、感染症対策によって「必要となるバスの確保」や「避難所の収容力の不足」などの課題に対する言及はなかった」と答えました。やはり、このガイドラインではいかがかという思いは共通なのかも知れません。

 県立柿崎病院問題は、昨年12月議会から今回で4度目の質問です。注目の経営主体に関しては、「柿崎病院について市が経営主体等になることは財政負担や医師確保の面からも困難である。(中略)10月23日には、担当部長が県病院局に赴き、引き続き県による運営体制が維持存続されるよう、市として改めて要望した」とのべました。私は県への申し入れの内容と県の対応を確認するとともに、厚生労働省が、新型コロナ流行下にあっては、新型コロナ対策を優先し、公立、公的病院再編の議論は先送りすることにしているのに、県立病院の経営主体をどうするかの協議を続ける新潟県の姿勢を批判しました。

 私が最後にとりあげたのは公の施設の「適正配置」問題です。生涯学習センター、公民館分館、スポーツ施設で具体的に質問したのですが、再質問では、市が平成23年に策定した公民館施設整備計画(平成24年~32年)での計画と現在すすめている「適正配置」の方向性との整合性、矛盾を具体的に指摘し、市教委の考えをただしました。また、話し合いがまだ継続しているものが温浴施設のみならず、公民館分館などもそうだとして、これをパブリックコメントにかけるのはいかがかと追及しました。どうあれ、地元関係住民、団体と急がず、よく協議してもらいたいものです。

 きょうは議会休会日です。「しんぶん赤旗」日曜版の配達と取材で動きます。

2020年12月12日

日米共同訓練参加の自衛隊で新型コロナ感染者


 おはようございます。今朝は6時半過ぎに起床しました。外は小雨です。天気が良くなる気配はありません。雪が降る前の準備体操をしている感じです。

 昨日は議会の休会日。「しんぶん赤旗」日曜版の配達と活動レポートのポスト下ろしがメインでしたが、市役所へも行ってきました。何人かの職員さんと私の一般質問をめぐって話をしましたが、職員さんの中には、「公民館施設整備計画は削除したはずだが、グーグルで検索するとまだ出てくる」などと教えてくれる人もいました。私からはホームページに載っているかどうかもあるが、議会や地元関係団体にしっかり説明してない方が問題だ」とのべました。上越市の公民館施設整備計画をごらんになりたい方は、上越市のホームページ上にある検索を使って「公民館施設整備計画」と入力すると出てきます。

 「しんぶん赤旗」日曜版の配達や活動レポートの配布などの活動をしていて、何枚かの写真を撮りました。東中島では10月桜を撮りました。まだ咲いているんですね。ここの家の人からは、「満月の時がいちばんきれいだった」と教えてもらいました。薄いピンク色が素敵な桜です。

jyuugatuzakura201211.JPG

 大島区では黒ホオズキと田んぼ風景を撮りました。黒ホオズキは3年ほど前にわが家の近くで初めて出合ったのですが、以来、毎年出合います。今年は菖蒲で出合いました。田んぼ風景は田麦から板山へ行く途中の田んぼです。ここは、いつも楽しみなビューポイントがあります。

kurohoozuki201211.jpg

tamugi201211.jpg

 大島区からは県道13号線を通り、吉川区の川谷へ抜けました。昨日は雲が多く、夕焼けが見られるような感じではなかったのですが、下川谷から石谷へ向かう途中、ほんの一瞬、赤くなりました。下の写真はそれを撮ったものです。やはり、冬に向かっている夕焼けですね。

yuuyake201211.jpg

 夕方、地元に戻ると、関山演習場で日米共同訓練に参加したいた自衛隊員が新型コロナに感染したというニュースが流れていました。私たちは、陽性者が大勢でた米軍海兵隊参加の訓練で新型コロナ感染者がでたらどうするかと中止を求めていましたが、不安が的中しました。すぐに訓練を中止すべきです。

 夜はフェイスブックでの投稿やテレビを楽しました。昨日、フェイスブックに投稿した写真で一番関心を持って見ていただいたのは60数年前のわが家の茶の間の風景です。テレビや板戸(帯戸)などについてたくさんのコメントをいただきました。テレビで楽しみにしていたのは、山田洋二監督の少年寅次郎スペシャル後篇です。寅次郎役の演技が最高によかったです。もちろん、ドラマの内容も。

obido201211.jpg

 きょうも午前は「しんぶん赤旗」日曜版の配達です。午後からは梅谷守さんの集会があります。関山演習場での日米共同訓練に対する対応の協議もしてきます。

2020年12月13日

母を連れて救急外来へ

 おはようございます。今朝は6時40分に起床しました。外は時どき強い風が吹き、カミナリが鳴るなど大荒れの予感がする天候となってきました。写真は、起床して間もなくの時間に吉川区下町で撮りました。

asa201213.jpg

 昨日は午前に「しんぶん赤旗」日曜版の配達と集金に出ました。しかし、途中で母が入所している施設から母の様子がおかしいとの電話が入り、急行しました。朝から立てなくなり、しかも、「ご飯を食べましょう」などという指示を出しても反応しないというのです。これは脳内に異変が起きたかなと心配しました。すぐに病院と連絡を取り、福祉タクシーを使って病院の救急外来へ行きました。でも各種検査をしてもらいましたが、脳内出血はなく、一過性のものだろうという診断でした。その後、母も徐々に良くなってきました。

 診察を待つ時間帯に看護スタッフの方と話をしました。この方は、「柿崎、吉川には橋爪という苗字がありますね」と言われたので、「どなたかご存じなのですか」と聞いたら、「橋爪法一さんを知っているんです」(笑)。この方は前職時代に私のことをこのブログなどで知っていてくださったのでした。マスクをしていると、こういうこともあります。それにしても世間は狭いです。

 診察後、母に「何か食べたいものがあるかね」と聞いたら、「寿司とキュウリ」と言いました。「キュウリなんて、どうやって食べるが」と言うと、「ごっつおして食うがど」と答えていました。母を駐車場において、急いで買い物をしてきたのですが、キュウリはありませんでした。あとは寿司と赤飯をと思い、買い物かごに入れてレジへ行きました。ところが、車の中で、いざ食べる段階になって、買ったのは赤飯と寿司ではなく、「寿司のような感じで詰めあわされていたおにぎり」でした。どうやら、私の頭の方こそおかしくなっていたようです。母は赤飯をちょっぴり、そしておにぎりは小さなのを1個、ゆっくり食べてくれました。

 母を介護施設に送り届けてから、直江津にて、いくつかの用を足しました。最後に喫茶店でコーヒーを飲んだのですが、ここで初めて知ったお客さんたちと新型コロナ禍の中での暮らしなどについて話が弾みました。そのうちの一人は、直江津でお店を出し、自宅は大潟区という人でした。この方が付き合いをされている人がまた私の知っている人ばかりだったので、これまたびっくりでした。夕方、「しんぶん赤旗」日曜版の配達をしましたが、真っ暗となっていました。

 ひとつ書き忘れました。昨日、市内のSさんからメールをもらい、びっくりしました。松之山の小見美晴さんが亡くなったというのです。10日に急に倒れ、病院へ運ばれたことは知っていましたが、そのまま亡くなってしまったんですね。とても残念です。小見さんはまだ70歳です。若かりし頃、『母さん、春はまだ?』(高文研)をまとめたほか、旧吉川町など各地で講演活動をして、地域づくりなどで貢献しました。私は彼女の文章が大好きでした。

 活動レポート1989号、「春よ来い」の第636回、「小春日和」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

 これから、直江津の市宣伝です。その後、生活相談が入っています。

2020年12月14日

雨風の中、朝市宣伝


 おはようございます。今朝は雨です。昨夜は白いものがバチバチと屋根を打ち続けていたので、朝は白くなっているかと思ったのですが、まだでした。でも寒い。

 昨日は直江津の三八市での宣伝からスタートしました。雨風が強く、お店の数もいつもの3分の2くらい、お客はまばらでした。そんななか、うれしかったのは、2か月ほど姿を見せなかった八百屋さんが再び店を出したことです。元気で良かったです。立ち寄った聴信寺では、住職のおばあさんに当たる人と久しぶりに会い、実家のある柿崎区上下浜のことや吉川区の親戚のことなどで話が弾みました。

 市を離れてから、土採りに伴う崩れが発生している国府の現場へ。崩れは、前回、橋本前市議と共に見たときよりもさらに進んでいました。きょうは市役所に行ったら、関係課に伝えたいと思います。

kuzure201213.JPG

 昼食後、まっすぐに地元に戻りました。デスクワークをする予定でしたが、ストーブの前で横になると、すぐに寝てしまいました。やはり、日曜日は休まないとダメですね。ひと眠りした後は、「家にアオイがまだ咲いているよ。見にきない」と電話をいただいた神田町のKさん宅へ行ってきました。花はタチアオイ。梅雨時期の花ですが、花時を終え、茎を切ったところ、二番が伸びてピンク色の花を再び咲かせたといいます。いいもんですね。この家では冬に咲くビワの花も撮ってきました。写真はタチアオイです。

tatiaoi201213.jpg

 昨日は朝からずっと小雨が降っていましたが、神田町から家に戻ったら、雨が上がりました。雨が上がれば、じっとしてはいられません。カメラを手に散歩を楽しみました。歩いてみてわかったのですが、昨日、米山さんや旧東頸城の山々は雪が降ったんですね。白くなっていました。そして夕焼けがまたきれいでした。

yoneyama201213.jpg

yuuyake201213.jpg

 夜は伊藤亜紗の『記憶する体』(春秋社)を読み始めました。先日、テレビで著者のことを知り、ぜひ読んでみたいと思っていました。この本を読むことで、人間の体、行動について、これまでよりも一段と深く理解できそうな気がしています。

 きょうは12月議会最終日です。これから市役所に向かいます。

2020年12月15日

12議会最終日


 おはようございます。とうとう降りましたね。除雪車も初出動しました。わが家では積雪10㌢ちょっとです。今朝は「しんぶん赤旗」の配達でしたが、事務所を出たところで倒木で道をふさがれ、まいりました。

touboku201215.JPG

asa201215.JPG

 昨日は12月議会最終日でした。常任委員長による委員会審査の報告、討論、採決などが行われました。

 4人の常任委員長報告のなかで注目の1つは、総務常任委員会の審査報告です。そのなかでも旧今井染物屋条例のことについては、地元地域協議会の答申を受け入れず、開館時間を午前10時からにしたことなどから、「何故10時にこだわるのか」「朝市の日は9時に開館するなど柔軟にすべき」などの質問、意見が相次ぎました。報告では、採決にあたっては、委員会の総意として、第1に、「条例施行にあたり、開館時間等柔軟な対応をすること」、第2に、「一定期間運用の上、改めて検討すること」を伝えたことを明らかにしました。イラストは農政建設常任委員長報告時のもの。

201214gijyou.jpg

 議案の討論では、日本共産党議員団の平良木議員が、今年度の一般会計補正予算と介護保険特別会計補正予算について、「いずれも明年4月施行の介護保険制度の改正に伴う報酬改定等に対応するため、介護保険事務処理システムの改修に係る経費の増額に関するもの。その前提になる介護保険制度の改正が、重大な問題をはらんでいる。(内容としては)地域支援事業として介護予防・日常生活支援総合事業を行う被保険者の対象を拡大し、これまでの要支援の人だけでなく、条件付きながら要介護の人も総合事業の対象にするものだ。利用者負担の増加につながる」とのべ反対しました。採決の結果、日本共産党議員団が反対、他の議員は賛成しました。

 住民自治を進める会から出されていた、「公の施設の再配置について、市民の納得を得る説明努力を尽くすことを求める請願」については、反対、賛成双方から討論が行われました。
反対の立場からは会派「みらい」の高橋浩輔議員が、「(関係)町内会などから意見を聴き、話し合いをする点で、行政側はとりうる最善の努力をしている。『根回し的に得た一部有力者の声をもって、あたかも全員の意見のごとく振る舞うのは行政の横暴』というのは当たらない」などとのべました。

 賛成の立場からは、市民クラブの牧田正樹議員(紹介議員)が、「第3次までの再配置計画策定に比べ、市民に対して計画の説明や協議を丁寧にやってきたことは一定理解ができる。しかし、廃止方針が出された施設において、現在も市民のアンケートが行われているところがある。一般質問では、公民館施設整備で行政の不作為の指摘もあった。また、8つの温浴施設は『引き続き協議』となっており、今年度中に結論が出ない可能性が高い。そういう中で、パブリックコメントを実施すると、『引き続き協議』の施設については結果的にパブリックコメントが行われずに、市の方針が決定されることになる。こういう例は今まで私の知る範囲ではない」とのべました。

 採決の結果、市民クラブ、日本共産党議員団、丸山章議員の合計6議員が採択に賛成しましたが、他の議員は反対し、この請願は賛成少数で不採択となりました。日本共産党議員団は、紹介議員の牧田議員が討論する前に同議員と協議し、意見調整をしました。総務常任委員会で橋爪がのべたように、「請願の趣旨」の一部に不適切な表現があったとしても、請願の核心をなす、請願事項の『公の施設の再配置について、市民の納得を得る説明努力を尽くすことを求める』」ことは大事だとして賛成しました。

 きょうは厚生常任員会の所管事務調査、新型コロナ対策特別委員会などがあります。

2020年12月16日

厚生常任委員会と新型コロナ対策特別委開催

 おはようございます。昨日から、朝は除雪車の音で目が覚めるようになりました。もっとも起床するかどうかは別ですが。今朝は積雪が10㌢前後、思っていたよりも少なく、助かりました。

 昨日は午前が厚生常任委員会でした。委員会では、第6期障害福祉計画・第2期障害児福祉計画(案)、第8期介護保険事業計画・第9期高齢者福祉計画(案)について所管事務調査が行われました。

 このうち第6期障害福祉計画・第2期障害児福祉計画(案)は2021年度から2023年度までの3ヶ年の計画。「誰もが居場所と出番を持って、共に支え合いながら、安心してすこやかに自分らしく暮らせる社会の実現」という基本理念の下に、「共生社会の実現に向けた取組の推進」「障害のある人が安心して暮らせる地域社会の実現」「就労の支援と定着の促進」など5つの施策の柱で構成されています。改定後の計画においては、「障害福祉サービスの質の向上に向けた取組に係る体制の構築」を新たに取り組むほか、「成年後見制度等の利用促進」など、これまでの取組も充実するとしています。

 委員からは、「これまでの計画の到達をどう把握しているか」「福祉タクシーは病院の送迎が中心で、余暇活動にはまだ対応できていない」「『障害福祉ニーズ調査で、障害があることで差別や嫌な思いをしたことがありますか』という問いに37.9%もの人たちが『ある』と答えている。どうとらえているか」「ニーズ調査の視点、介護者などからだけでなく、本人がどう感じているかが大事ではないか。相談専門員の役割、位置づけを明確にすべきだ」「強度行動障害の人はなかなかサービスが使えないという訴えがある。施設での人材不足があるのではないか」などの質問や意見が相次ぎました。

img457.jpg

 野澤副市長は、「福祉の仕事ほど行政と現場の近さが求められるものはない。福祉の現場にいかに近付けるか考えてみたい」(要旨)とのべていました。

 市民連合・上越(馬場秀幸代表)は昨日の午後1時から、「日米共同訓練の即時中止を求める声明」を発表し、記者会見しました。記者会見には上越9条の会、平和環境労組などの人たち9人が参加しました。

kisyakaikenn%20201215.JPG

 声明は群馬県相馬原と新潟県関山演習場で行われている日米共同訓練に参加している自衛隊員7名が新型コロナウィルスに感染したことを受け、急きょ、発表したもの。「このような情勢下にあって、ただでさえ市民にとって危険極まりない『日米共同訓練』をなお継続することは、常軌を逸しているものと言わざるを得ず、人びとの理解をとうてい得られるものではありません。市民連合・上越は、ここに、防衛省・米軍に対して「日米共同訓練」の即刻中止を求めると同時に、上越市及び妙高市当局に対して、日米共同訓練の中止要請することを求める」としています。

 記者会見後、市民連合の人たちは上越市役所、妙高市役所の担当部署を訪れ、防衛庁、米軍に訓練中止要請するよう求めました。

 午後1時半からは上越市議会新型コロナウィルス調査対策特別委員会でした。委員会では、市長に提出する4回目の提言書の内容について協議しました。

img459kaitei.jpg

 その結果、以下のようにまとまりました。

 新型コロナウイルス感染症対策に関する提言書

 当委員会では、新型コロナウイルス感染症への対策を適時的確に行う必要があることから、本年5月18日、7月8日及び8月6日の3回にわたり、提言書を取りまとめ提出したところである。
 その後到来した第三波は今も収束の兆しが見えず、年末年始やウイルス感染症流行期に向けて感染拡大防止策を強化する必要がある一方で、それに伴う地域経済の悪化も懸念されるところである。
 ついては、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けて、下記のとおり提言する。

         記

1 インフルエンザ流行期における受診方法の周知
 これまで広報上越11月号別冊などで、症状がある場合の相談方法などについて周知しているが、県の取扱いが変更になった点などを含め、インフルエンザ流行期に向けて更に周知を強化すること。

2 子育て世帯への支援
 国の特別定額給付金の対象外となった新生児のうち、給付金の基準日(令和2年4月27日)において当該新生児に係る母子手帳の交付を受けているものについて、市として特別定額給付金を支給すること。

3 市内事業者への支援継続及び新たな補助金の創設
 以下の支援制度の継続及び補助金の創設をすること。
 ⑴ 「プレミアム付商品券発行事業補助金」の継続
 ⑵ 「事業者応援給付金」(20~50%売上減)の継続(新年度)
 ⑶ 「中小企業者チャレンジ応援事業補助金」の対象事業者拡充及び継続
 ⑷ 「店舗等改装促進事業補助金」の対象業種拡充及び継続
  対象として拡充すべき業種は、県内外からの人・物の流入が多い事業所等(流通業、製造業など)
 ⑸ 「上越市企業前進応援補助金(案)」の創設

 上越市企業前進応援補助金(案)
 ① 交付対象:上越市内の中小企業及び小規模事業者(上越商工会議所又は市内商工会のいずれかの会員であること。)
 ② 補助率:2/3
 ③ 補助限度額:50万円
 ④ 受付期間:令和3年2月1日~
 ⑤ 対象事業:販路開拓、新規事業展開、業務の効率化、人材育成、人材確保など(商工会議所や商工会の経営指導員からの助言を受けて申請書類などを作成)

4 執行率の低い補助金等の周知の徹底や制度設計の見直し
 経済対策に係る各種補助金等の執行率が低いことから、事業者への周知の徹底・広報の強化はもとより、その原因を分析し、制度設計などの見直し(業種拡充・対象事業規模の拡充などを含む。)を進めること。
(例)店舗等改装促進事業補助金(10月31日現在執行率27.06%)
   中小企業者チャレンジ応援事業補助金(同28.04%)

 委員会終了後は、平良木議員とともに生活相談対応でした。なかなか解決しない問題は気になります。遅くとも年内には決着をつけないといけないと思っています。

 夕方、わが家の除雪機の点検をしました。昨年の冬はまったく動かさなかったので、心配していましたが、案の定、専門業者からみてもらう必要がありそうです。

 きょうは、まず除雪機の修理とデスクワークです。

2020年12月17日

除雪機試運転、デスクワーク


 おはようございます。今朝はがりがりですね。ぐんと冷えました。ただ、昨夜は風があったので、雪はいくらも降りませんでした。下の写真は事務所近くの田んぼ風景です。

asa201217.JPG

 昨日は雪に振り回されました。なんだかんだと時間がかかったのは除雪機です。一昨年に使って以来、点検もせず、格納庫に放置してあったため、バッテリーが完全に上がっていました。それを取り外し、購入先で充電してもらったのですが、それでもかかりはいまいちで、まいりました。夕方には試運転もしました。ただ、もう一度、エンジンがかかるかどうか微妙です。

 除雪機騒動をしつつも、デスクワークもやりました。活動レポートの作成です。先の一般質問を掲載するために、音声データなども聴き直しました。「春よ来い」もなんとか書きあげました。いずれも日曜日には私のホームページに掲載します。原稿が書けなくなると散歩です。悪天候でしたので、近くで少し歩いてみるだけでしたが。ヤブコウジの赤い実、雪が降ると、この実は目立ちますね。

yabukouji201216.JPG

 今朝は6時前から電話が3本も入りました。いずれも「しんぶん赤旗」日刊紙、日曜版の情報です。関越道などで大渋滞が発生し、「しんぶん赤旗」の輸送車は動けなくなったようです。その結果、日刊紙も日曜版もこちらに来るのは明日になりました。したがって、きょうの配達はありません。よろしくお願いします。
 

2020年12月18日

「しんぶん赤旗」来ず


 おはようございます。朝からもうぐたぐたです。除雪機が不調で、スコップで30㍍くらいの長さの道の雪どかしをしたからです。雪はとても重く、まいりました。

 昨日は「しんぶん赤旗」の日刊紙も日曜版も来なくて、活動レポートのポスト下ろしだけしました。皆さん、心配してくださいました。ありがとうございました。「しんぶん赤旗」日曜版を輸送する車は関越自動車道で雪に閉じ込められたようで、こちらの配達分は再度印刷して、きょうの朝、届きました。下の写真は直江津に行った時に撮った写真です。強い風が吹いていました。

naoetukaigann201217.jpg

 昨夜は吉川区地域協議会でした。やはり傍聴しないといけないなと思いました。議会では伝わってこない最新情報や地元の声を知ることができるからです。

 昨夜の地域協議会では、公の施設の「適正配置」の対象の一つとなっている吉川区原之町の「福寿荘」が計画案よりも1年早い、来年4月1日にも上越市社会福祉協議会へ無償譲渡される見通しであることが報告されました。4日の総務常任委員会資料では「令和4年度に貸付または譲渡」となっていたのが、2週間後には譲渡が確実となり、しかも1年前倒しされるという報告ですから、びっくりでした。こういうのは他にもあるんでしょうか。

img464.jpg

 公の施設の「適正配置」に関して、特に公民館分館の議論を聴いていて、まだまだ時間が必要だと思いました。「貸付又は譲渡の方向性を出し、その後、関係団体と細かな協議を行って最終的に確定していく」ということですが、公民館活動を行う体制や公民館の地域活動拠点をめぐっていろんな意見があることがわかりました。地域協議会では、一定の勉強会をやった上で、地域に入り地元住民の声を聴こうということで、「公民館を含む地域活動の促進と施設の有効活用について」自主審議事項にすることを決めました。

 会議が終わる前に、消防団と防災危機管理部の方(ほう)から消火栓の使用に関する文書が町内会に出されたということも委員から明らかにされました。この文書はまだ目にしていません。「消防団以外の人は、危険だから消火栓にホースを接続し、水を出すことはやめてください」という内容らしいのですが、「先日、町内会で初期消火訓練の一環としてやったばかりだ」「地域には元消防団員が大勢いる。その人たちも使ってならないというのはおかしい」「高齢化がすすんでいるので当然だ」などと、これまた議論になりました。明日にでもこの文書を確認したいと思います。

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達を午前に行い、午後からは母の通院の付き添いです。大島行きは明日になるでしょう。

2020年12月19日

母の通院日、朝市宣伝、赤旗配達も

 おはようございます。昨日は朝から久しぶりに激しい肉体労働(スコップによる除雪)を1時間近くもしたことから、疲れがたまり、今朝は7時20分起床となりました。外は穏やかです。雪がしただまり、今朝は除雪しないでも車を県道まで出せました。写真はわが家から事務所に行く途中の道です。

asa201219.JPG

 昨日は午前9時過ぎに事務所を出発、「しんぶん赤旗」日曜版を配達しながら直江津の三八市へ行きました。寒かった割には、けっこうお店が出ていました。そんな中で、毛糸の帽子をかぶって動いていたら、「若く見えて、誰かと思った」という人がいました。この人はレポートを受け取るときに、「ごちそうさまです」と言ってくださいました。元教員の方です。ありがたい言葉ですね。

 お昼は直江津の石橋の「あひる」で食べ、その後、母の入所している施設へ。昨日は母の通院日だったのです。先日、体調を崩しているのでどうかと思ったのですが、いつものようにしゃべってくれたので安心しました。もっとも病院では、すぐに寝てしまうので、起こして診察してもらいました。通院のときは大潟と愛知県の弟とテレビ電話をするのが、このところ、定着しています。今回も二人の声を聞き、笑顔を見て大喜びでした。

haha201218.JPG

 診察が終わり、母を施設に送り届けたのが午後3時40分、その後、「しんぶん赤旗」日曜版の配達のために大島区へと向かいました。大雪になる前に配達しておきたかったのです。菖蒲や旭地区では1㍍50㌢を超える積雪でした。ただ、重い雪なので、こういうときは杉などの木が折れますね。写真は大島区総合事務所脇で撮った秋葉山付近の風景と竹平の母の実家の近くで撮った風景です。小さな明かりは従兄の家のものです。

akibayama201218.JPG

takebiro201218.JPG

 大島から吉川へは通常、川谷ルートで帰るのですが、昨日は名木山で倒木があり、一時交通止めとなったこともあり、浦川原区周りで帰ることにしました。昨日、川谷地区内の県道除雪は大島区の業者が応援に入ったとの情報も入りました。まだ、市内の山間部では停電が続いているところがあります。早く復旧してほしいですね。

 きょうは、地元で「しんぶん赤旗」日曜版の配達をします。また、停電が続いている地域へも行き、要望を聴きに行こうと思います。

2020年12月20日

源地区の停電、一部を除き復旧


 おはようございます。今朝は風が強く、寒いですね。でも、雪はちらちらでした。ブルも動いていません。助かりました。

 昨日は「しんぶん赤旗」日曜版の配達、活動レポートの新聞屋さんへの持ち込み、停電が続いている地域まわり(源地域と浦川原区上猪子田)とフル回転しました。

 停電が続いている地域は昨日の正午の時点で、源地区の村屋(一部)、大賀、名木山、石谷、下川谷、上川谷、尾神、坪野、高沢入、山中、米山とのことでした。まわってみて、倒木がひどかったですね。初雪で、しかも重い雪が大量に降ったことで、あちこちの杉が倒れました。尾神地内では杉以外の木も倒れているところがありました。下の倒木の写真は順に村屋、尾神、坪野、山中です。

muraya201219.JPG

hotaruba201219.jpg

tubono201219.jpg

yamanaka201219.JPG

 電線がらみの倒木は東北電力が総力をあげて対応しているようですが、手がまわらない状態となっていました。長時間の交通止め、停電とも地域の生活に直接響く問題ですので、単なる一地域の雪害にとどめず、災害救助として位置付けて対応してほしいと思いました。吉川区だけの問題とは思えず、市役所の防災危機管理部に電話したのですが、留守状態でした。

 地域周りでは一人暮らし、老人だけの世帯を中心に訪問しました。「役場んしょ(総合事務所職員)がストーブ足らんくねかと心配してくれて嬉しかった」「町内会長さんが様子見にきてくんなった」「近所の人が、窓のあかり、とってくださって、助かった」「コタツに湯たんぽ、いくつも入れて、潜っている」「水が出ないのでペットボトルの水を使っている」「普段は電気で料理している(IH)がダメなので、ガスを使って料理をしている。灯油のストーブなくせないね」「停電も3日目となるときついね。限界だ」などたくさんの声を寄せてもらいました。

gasu201219.JPG

 停電については夜の9時過ぎ、全面的に復旧したという情報が入りました。しかし、少なくとも2戸で停電が続いています。この2戸については総合事務所に連絡をとりました。写真は電気の復旧のために全力で頑張っている人たちです。高沢入地内で昨日の夕方撮影しました。

takasawairi201219.JPG

 雪の方は昨日は大降りにならず、だいぶしただまりました。下の写真は川谷と尾神です。

kawatani201219.jpg

okami201219.JPG

 活動レポート1990号、「春よ来い」の第637回、「一枚の写真から」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

 これから、直江津で集会があり、午後からは吉川で夢をかなえる会のイベントがあります。

2020年12月21日

「公の施設」をめぐる懇談会、コンサート


 おはようございます。今朝は6時半過ぎに起床しました。起きてまず見るのは、雪の状況です。二階の窓からは車の上に積もった雪の量、そばの県道の除雪状況を確認できます。今朝は5㌢ほどの降雪がありました。いまも細かい雪が降っています。

 昨日は午前に、住民自治を進める会の懇談会に出席してきました。私は会員ではありませんが、今回のテーマが「公の施設の『適正配置』計画案」だったことで、12月議会での総務常任委員会での所管事務調査の様子、一般質問の様子などを報告してほしいと会長さんから頼まれ、参加しました。会場の直江津学びの交流館には、柿崎、吉川、大潟、板倉などから20数人の市民が参加されていました。議員の参加は私と牧田議員の2人でした。

 佐藤忠治会長からこの間の会の取組について報告があった後、牧田議員と私が議会報告をしました。私からは「適正配置」とは何か、吉川区公民館分館の「適正配置」をめぐる議論、協議中の施設をパブコメにかけることの是非などを語りました。その後、「ろばた館」「市民いこいの家」などをめぐって展開された各地の住民活動が報告され、意見交換が行われました。参加者からは、「住民に必要な施設はしっかり住民の声を聴いてほしいとの請願は妥当なのになぜ不採択になったのか」など、議会請願が不採択とされた原因、背景について問う質問がいくつかあり、請願のあり方の議論にまで発展しました。今回のテーマとは直接関係のない「議会は決算を軽視しているのではないか」といった質問も出ましたので、「9月の決算議会を傍聴してほしい。私は新年度予算前なので、決算を重視して質問を行っている」と答えました。

 懇談会の最中、安塚、吉川から電話が相次ぎました。雪害のことをはじめとした生活相談がらみのものが多かったです。昨日は一時、青空も広がる天気だったのですが、みなさん、雪のことが心配なんですね。下の写真は午前9時頃の吉川中学校下の風景です。

aozora201220.jpg

 午後からは吉川多目的集会場での「ほっとホットコンサート」でした。私も所属している「夢をかなえる会」が主催。今回は第14回目でした。こんな時だからこそ、心温まるコンサートを、そういった思いの中での開催です。新型コロナの対策を講じながらの実施となりました。吉中吹奏楽部は少人数でしたが、先生も加わって元気に「パプリカ」、「糸」などを演奏してくれました。クレアの二人の歌は頸北から上越全域に広がりつつあります。今回も「糸」や「いのちの理由」などを見事に歌い上げてくれました。平田さん、平山さんの歌唱力、見事でした。そしてピアスも「雪国」「京都の恋」などを歌いました。こちらも素敵な歌声でした。そのなかでも、柏崎市在住の73歳の男性が18歳のときに作曲したという「雨だれ」が特に心に響きました。名曲だと思います。

konn20122001.jpg

konn20122002.jpg

konn20122003.jpg

 昨日のブログに書いた2戸の停電ですが、総合事務所、東北電力が復旧に全力を挙げ、午後3時には復旧しました。また、不足していた水も供給してもらいました。あとは坪野地内の県道の通行止めです。こちらは倒木の処理が残っています。

 きょうは午前も午後も会議です。これから市役所に向かいます。

2020年12月22日

党議員団会議、そして柿崎病院後援会理事会

 おはようございます。今朝は5時半に起床して「しんぶん赤旗」日刊紙を配達してきました。路面は思っていたほど凍っておらず、ほぼ普通の時間で配達完了しました。下の写真は旧東頸城方面を見た風景です。

asa201222.JPG

 昨日は午前が党議員団会議でした。各種委員会報告、12月議会の振り返りと論点整理、議員団ニュース新年号の準備等をしました。「公の施設の『適正配置』計画」をめぐっては、党議員団の統一見解をまとめることになりました。発表は来月になる見込みです。

 昼食は初めて直江津の上海軒に入りました。最初、ラーメンを食べるつもりでしたが、野菜炒めが欲しくなり、そちらに変更しました。ラーメンの味は次回の楽しみにします。

 午後3時からは県立柿崎病院後援会の理事会でした。議題は県への要望書についてです。事務局案をもとに議論の結果、柿崎病院を県立の住民密着型の地域拠点病院として存続するよう求めることが決まりました。来月、後援会幹部が県庁へ行き、県知事などに要請する予定です。

img465.jpg

 理事会が終わってからは自宅および事務所の除雪作業を1時間半かけて槍ました。重い雪でスピードを落とさざるをえず、はかどりませんでした。そして疲れました。

 ひと眠りしてからデスクワークをしました。そのなかで20日の「ほっとホットコンサート」でのピアスの「あまだれ」をユーチュウブにアップしました。ユーチュウブへの投稿は久しぶりです。下線のついたところをクリックするとご覧いただけます。

 きょうは人口減少対策特別委員会の勉強会があります。市役所にはこれから向かいます。

2020年12月23日

人口減少対策特別委の勉強会


 おはようございます。今朝はいい天気になりましたね。新雪がある素敵な風景が撮れるかも知れません。

 昨日は午前が人口減少対策特別委員会の勉強会でした。市役所に向かう途中、久しぶりに尾神岳や妙高山などの姿を見ることが出来ました。

okamidake201222.JPG

kubikisannzann201222.JPG

 特別委員会では、市創造行政研究所の内海副所長から上越市の自然動態の状況などを豊富なデータに基づいて報告してもらいました。「地区別にみた人口の動きは激しく、居住地の選好が、中心市街地や中山間地域から郊外に移りつつある」「そもそも20代、30代の女性の数が減っている。若年女性の大幅な転出超過は情勢人口減少に拍車をかけている。未婚率の上昇も問題」などデータに基づくいくつもの指摘は興味深く聴きました。質疑や意見交換の中では、人口減少を当然視することなく、人口減少を食い止め、「いずれかの時期に安定化させる方策が必要だ」(内海副所長)などの声が出ていました。昨日のデータ分析については、もう少し時間をかけて研究所の見解を聴きたいと思いました。

20201222jinnkou.jpg

 午後からは市役所でデスクワークなどをして、帰りに母の入所している介護施設に寄ってきました。母とは窓越しでの面会です。母は耳が遠く、会話できる状態ではありませんでしたが、介護のスタッフの方が言葉の伝達役をしてくださり、少し言葉を交わすことが出来ました。母は笑顔で手を振ってくれました。その姿を見ただけで満足です。地元に帰る時、気温が高かったのでしょう、あちこちで霧が発生していました。

yuugiri201222.JPG

 地元に帰ってからは、デスクワークでした。年末までに書く仕事がいくつもたまっています。どこまで出来るか。

 きょうは午前に市役所、午後からは糸魚川市に向かいます。

2020年12月24日

地元で集い参加、午後は糸魚川市へ


 おはようございます。今朝は寒かったですね。雪が残った道路はがりがりに凍っています。ここまで冷えているならと、雪の上にあがりました。でも、私の体重には耐えられず、穴になりました。今の積雪だと、もう少し冷え込めば、凍み渡りができるかも知れません。

 昨日の午前は、地元党支部主催の集いに参加してきました。参加者の皆さんはとても元気でした。私からは国政と市政の今をどうみたらいいか話をさせてもらいました。衆院選がいつ頃になるか、秋の市長選への対応等、いくつも質問を受けました。下の写真は参加者の方が持参されたキウイフルーツとゆずです。私も少しいただいてきました。

kiui201223.jpg

 集いに参加後、市役所に向かいました。昨日の午前は青空が広がり、雪がある風景が素敵でした。県立吉川高等特別支援学校付近、くびき駅周辺、カントリー周辺の風景写真を3枚だけアップします。

sienngakkou201223.JPG

kubikieki201223.jpg

kanntori201223.jpg

 市役所で昼食をとった後、糸魚川へ向かいました。糸魚川市での仕事は党務です。久しぶりに海岸通りの国道を通りました。もっとも私は助手席でしたので、楽ちんでした。下の写真は虫生岩戸付近から見た日本海です。

nihonnkai201223.jpg

 昨夜は活動レポート作成で午前2時までかかりました。書くべきことはまだまだありますので、新年号は別に作成することにしました。活動レポートの2000号到達まで、あと9枚となりました。

 きょうは、活動レポートと「しんぶん赤旗」日曜版のポスト下ろしと配達が中心です。午後からは再び糸魚川市に向かう予定です。安塚区、大島区へは明日行く予定です。

2020年12月25日

活動レポートのポスト下ろしほか


 おはようございます。朝5時半頃にトイレに行き、再び布団に入ったところ、7時過ぎまで寝てしまいました。「たいへんだ、起きねば」そう思った瞬間に、左足がつって、痛いの痛いの……。今朝は雨です。雪をだいぶ消してくれました。

 昨日の朝、事務所にいる段階で、市内のある生活支援ハウスに入っているMさんから電話がありました。「新型コロナの影響で、自分の部屋にいる時間が多くなってね。そんで、橋爪さんが書いてくんなる『春よ来い』を朗読しているが。『うんめがどぉ』と『歌声列車』は暗記しちゃった、、、」。高齢のMさんからの朝一番の電話に励まされました。

 昨日は活動レポートや「しんぶん赤旗」日曜版のポスト下ろし、配達の日。日曜版は27日号と3日号の合併号です。第1部と第2部が別になっているので、それをまず一つにする作業をし、その上で3枚のビラを折り込むという作業となりました。いつもよりも30分余計に時間がかかりました。

 活動レポートの午前のポスト下ろしは5か所。そのうちの1か所からは、「いつ到着しますか」と待っていてくださいました。やはり、年末、早く配達しなければと思っておられるんですね。この人からは、「アパートに住んでいる人は連れ合いの人が大島出身で、レポートを楽しみにしていてくださる」と教えてもらいました。大島のどこの出身なのでしょうか。下の写真はポスト下ろしの途中、吉川区竹直にて撮りました。

kubikisannzann201224.jpg

 お昼は直江津は石橋の「あひる」で食べました。私のほかに3人の人がお客としておられましたが、すべて知っている人でした。この店では1年のうち何回かはこういうことがあります。スマホで撮った最近の雪害写真やイノシシの写真をお見せしたところ、みなさんびっくりされていました。上越市は面積が東京都の半分にもなる広さですので、積雪一つとっても住んでいるところによってずいぶん違います。話題となるわけです。下の写真は定食を食べるときに使ったネコ型の箸置きです。

hashioki201224.jpg

 午後からは平良木議員と共に糸魚川市へ。来春の市議選の準備のお手伝いです。また、忙しくなります。

 昨夜は家でくつろぎました。一番の楽しみは午後10時から放送された「はやぶさ2栄光の軌跡、史上初の快挙の舞台裏」でした。ドキドキしながら見ました。

 きょうは午前に大島区、午後からは吉川区にて動きます。

2020年12月26日

雪の中、「しんぶん赤旗」日曜版の配達


 おはようございます。今朝は穏やかな朝となっています。昨夜はほとんど雪が降りませんでした。外は曇り空で、そう寒くはありません。

 昨日は午前9時過ぎから「しんぶん赤旗」日曜版の配達でした。吉川区の一部で配達した後、浦川原経由で大島区へ。大島区総合事務所では玄関ホールで大島区「景観いきいき写真コンクール」の作品展示がされていました。ずらりと並んだ写真を見て惚れ惚れしました。ブナ林や棚田、保倉川、そしてサイの神などの伝統行事の素敵なところを見事に切りとっていたからです。従弟も特別賞を獲得していました。

konnkuru201225.jpg

hudousann201225.jpg

 大島区の山間部は朝から雪が降っていたとかで、私が大島地区の石橋地内に行ったときには除雪車とあいました。菖蒲地区でも除雪の真っ最中でした。地区の人は、「今回は最初から旭地区よりもいっぱい降った」と言っておられましたが、1㍍80㌢くらいあったかと思います。

syoubu201225.jpg

 その後、旭地区へ行きました。旭地区で一番雪が多いと感じたのは板山です。菖蒲とどっこいどっこいのような気がしたのは私だけでしょうか。旭地区から地元にどう戻るか思案しました。県道13号線の板山ー上川谷間の雪の状況が心配だったからです。でも、たいへんなときの状況も見ておきたいと思い、13号線経由で地元に戻りました。途中、下川谷の売店に寄り、お茶をご馳走になってきました。ここではSさんから停電時の状況についてお聞きしました。サロンヒーター、だるまストーブ、豆炭を使ったことや隣の家の子どもさんが雪の中を楽しく遊んでいた様子などを語っていただきました。「久しぶりに昔の暮らしを楽しませてもらった」という言葉が印象に残りました。

 地元事務所に戻ってからは活動レポートの印刷をしました。印刷後、原之町商店街を通ったら、本日午後5時にスタートするキラキラ大作戦の準備が進んでいることがわかりました。イルミネーションがとてもきれいでしたね。

kirakira201225.jpg

 そうそう、一昨日のことをひとつ書き忘れていました。月曜日に行われた庁議のことです。ここでは吉川区での停電時の様子が報告され、そのなかで私の活動にもふれた発言があったとのことです。その内容は翌火曜日には私に伝わっていたのですが、昨日、改めて教えていただきました。私の活動はフェイスブックとこのブログで発信していますが、それをちゃんと見ていていてくださる人がいるのはうれしいことです。職員も、「プロ意識」を持ってさらに頑張ってくださることでしょう。

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達です。夕方からは原之町商店街で行われるキラキラ大作戦にも参加します。

2020年12月27日

キラキラ大作戦、今年も


 おはようございます。今朝は7時過ぎまで寝ていました。昨日の一日の行動量が睡眠時間を決めたようです。外は曇り、雨は落ちても雪は降らない感じです。

 昨日は午前9時過ぎから「しんぶん赤旗」日曜版の配達でした。一部で集金もしましたが、まだまだ時間がかかります。読者のみなさんとの間の話題は雪と停電でした。最長で58時間停電ということは私のレポートでも書いたことですが、市長の記者会見でも使われていて、なんでこういうことになったのかなどいろいろ質問を受けました。この間の停電は、戦後の吉川の歴史の中でも最長の停電だったかもしれません。

 午後からは妻と共に買い物に出かけました。私はコピー用紙を3箱買いました。これでも2回分くらいです。ただ、雨が降っていたため、少し濡れたのが気になります。紙はちょっとしたことに反応しますから。

 夕方からは原之町商店街でのキラキラ大作戦でした。前半の歌はどなたが来られるかまったく知らなかったのですが、よく知っている山崎弘子さん率いる「JOY.Gospel」のみなさんと上教大の学生のアカペラグループのみなさんでした。ゴスペルも歌謡曲も素敵でした。動画では「joyfuru.joyfuru」をごらんください。下線部をクリックすると見ることができます。

 最初は雨模様だった大作戦でしたが、途中で晴れたり、雨が降ったりとなりました。徐々に人でも多くなり、200人を超えたのではないでしょうか。恒例となったくじ引きでは、自然薯や吉川産のコシヒカリ、商工会女性部が開発したお菓子、「よしかわうまれ」などが用意されていて、当たった人の中には腰を振り振り、ダンスをしながら商品を取りに行く人もありました。みんなうれしいですよね。

 花火はこれまでのキラキラ大作戦の規模をはるかに上回るものでした。私も「冬の花火」として動画で撮ったのですが、どこで区切るか迷うほどでした。会場に来なかった人たちも自分の家で見たことと思います。わが家でもみんなが窓から見たようです。

 会場では普段なかなか会えない人とも会うことが出来ました。また、生活相談も受けました。

 活動レポート1991号、「春よ来い」の第638回、「カレーの匂い」を私のホームページにアップしました。ご笑覧ください。

 きょうはこれから頸南方面へ出かけます。

2020年12月28日

集金とデスクワークで忙しく


 おはようございます。今朝は6時過ぎに起床し、事務所でデスクワークをしています。外は晴れ、昨日に続いていい天気になりそうです。

 昨日は午前が「しんぶん赤旗」日曜版の集金活動でした。天気が良くて、白い雪と青い空がとてもきれいでした。下の写真は尾神岳です。こちらはまずまずの写真ですが、この写真のおかげで私のホームページの写真を久しぶりに入れ替えることが出来ました。

okamidake20201227.JPG

 午後からはデスクワークでした。新聞屋さんから案内が来て、新年最初の日曜日に入れるチラシは28日のお昼までに持ち込むようにという案内があり、それに間に合わせようと頑張りました。活動レポートの新年号はこうして出来上がりました。一番時間がかかったのは、「私が選んだ2020年10大ニュース」、昨年1月~12月のブログを振り返り、作成しました。もちろん10大ニュースのトップは新型コロナです。

 夜もデスクワークの続きでした。イラストは一昨日のキラキラ大作戦のものを何枚か描き、そのうちの1枚を活動レポート吉川版に使いました。

kirakira20122601.jpg

 きょうはこれから朝市宣伝です。その後、活動レポートの新聞屋さんへの届けなどで忙しく動きます。

2020年12月29日

三八市、その後安塚などへ


 おはようございます。今朝は「しんぶん赤旗」日刊紙の配達当番でした。昨夜も会議があったので、朝、なかなか起きれませんでした。外は晴れ、朝焼けと霧の美しい風景を楽しむことが出来ました。下の写真は吉川区竹直にて撮りました。

takenao201229.jpg

 昨日はまず朝市宣伝から。直江津の三八市、昨日は今年最後の開催でした。天気に恵まれ、いつもよりも大勢のお客さんがいましたね。お店の人には挨拶をしながら、まわりました。今回は活動レポートの新年1月3日号も12月28日号と一緒に配布したので、びっくりされている人もいました。次回の三八市は8日になります。

 市宣伝が終わってから、安塚区へ行ってきました。キューピットバレイスキー場の状況を見ておきたかったのです。さすがは年末ですね、駐車場には車がいっぱいでした。スキー場は昼休みの時間にかかりはじめていたのですが、ゲレンデにはけっこう人が出ていました。ここはもっともっと賑わってほしい。

kyupitto201228.JPG

 安塚ではどさん娘ラーメンにも寄ってきました。店主の佐藤さんが体調を壊され、年内は休業という張り紙が出ていました。ここが開いていないと、やはりさびしいですね。昨日、会った石橋の人は、「どさん娘さんが開いていないと、昼食難民が出る」と言っておられました。頼りにされている店であることを改めて確認できました。

dosannko201228.JPG

 安塚からは大島区周りで吉川区山間部へ。昨日は気温も高く、雪崩の危険が心配でした。県道上越安塚柏崎線、県道大潟高柳線ではあちこちに雪が落ちていました。たぶん、行政も承知していることだとは思ったのですが、携帯電話がつながるところに出てから、雪庇落としの要請をしました。

kubo201228.jpg

 夕方、地元に戻るとあちこちで霧が発生していました。ちょうど夕焼けの時間帯と重なるため、美しい風景を堪能させてもらいました。

yuugiri201228.jpg

 一休みしてからは板倉区まわりで直江津へ出かけました。年内最後の会議に参加するためです。途中、くびき駅近くで夕焼けの風景を撮りました。

kubikieki201228.jpg

 きょうは「しんぶん赤旗」の集金や生活相談対応です。

2020年12月30日

今年11月、大潟区に来たコウノトリが再び飛来?

 おはようございます。今朝は6時半に起床しました。外は雨です。この雨が今夜あたりから変わって大雪になる、信じられないですね。でも警戒しないといけません。また重たい雪がドンと降ったら、この間と同じになります。

 昨日は朝から夕方まで「しんぶん赤旗」日曜版の集金の予定でした。しかし、吉川区長峰で動いている時に携帯電話が鳴りました。「また、コウノトリが来ているよ」。この情報で大忙しになりました。

 集金を一時休んで、情報のあった大潟区の朝日池に近くの田んぼへ急行すると、コウノトリは一生懸命餌を探していました。餌のひとつはカエルです。冬眠中のカエルを土の中から引っ張り出し、食べていました。ほとんど下を向いて歩いていたので、なかなかいい写真は撮れませんでした。でも、今回は三脚も車の中にあったので、動画も撮ることが出来ました。下線部をクリックすると動画をご覧いただけます。

ko2020122901.JPG

ko2020122902.JPG

ko2020122903.JPG

 写真を撮り終わってから、地元事務所に戻り、画像をフェイスブックやユーチューブにアップしました。撮ってきた写真を拡大し、調べたところ、コウノトリは今年の11月、上越市大潟区にやってきたのと同じコウノトリでした。この鳥は2019年4月19日生まれのオスで、昨年6月23日に巣立ちをしています。足輪の色は右足の上が黄色、下が緑、左足は上が赤、下が緑です。今年11月に大潟区に来てから、そのまま近くにいたのか、それとも一度遠くへ行き、また戻ったのか、それは不明です。今年、上越市内にやってきたコウノトリは、少なくとも3個体、4度目になります。この上越はコウノトリにすっかり気に入ってもらえたようです。

 昨日は暖かく、午前も午後も霧が発生しているところがありました。まるで春の雪消えシーズンを迎えているような雰囲気でしたね。

kiri201229.JPG

 「しんぶん赤旗」の集金はきょうの午前で目途をつけたいと思っていますが、これは留守の家がないことを前提にした話です。午後からは予定も入っているので、どうなるか。

 

2020年12月31日

今年もジャンボ豆餅いただく


 おはようございます。今朝は何よりも積雪が気になりました。予報では日本海側に大雪が降る、となっていたからです。でも降ったのは10㌢前後、それも強い風が吹いたのであまりたまっていません。助かりました。写真は午前8時過ぎ、事務所から撮りました。

asa201231.JPG

 昨日は一日中、「しんぶん赤旗」の集金と挨拶まわりでした。久しぶりに訪問する家が多く、先日の大雪のこと、新型コロナのこと、母のことなどで話がはずみました。ある家では亡くなったおばあちゃん時代からの大きな豆餅(縦13㌢、横23㌢)をいただきました。倅さんがちゃんと引き継いで、年末には作っていらっしゃる、素晴らしいことだと思います。この餅を見ると、在りし日のおばあちゃんを思い出します。

mamemoti20201230.jpg

 お昼は外食しました。午後からは大潟区の南部堂に寄りお歳暮を購入、その後、夕方まで親せき回りをしました。夕方には再び、「しんぶん赤旗」の集金をしました。下の写真は途中で出合った白鳥たちです。

hakutyou201230.JPG

 きょうは大晦日。おせち料理を妻の実家などに届けるほかは自宅で片づけものをしたいと思っています。

2021年01月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

About 2020年12月

2020年12月にブログ「ホーセの見てある記2」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2020年11月です。

次のアーカイブは2021年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34