« 自衛隊が小銃持って農村部で訓練計画 | メイン | 予備調査なしのぶらぶら歩き »

ムカゴ入りご飯

 秋に食べたい自然の味。私の場合は欲張りで、アケビ、シバグリ、ミヤマツ、山芋、ムカゴ、サルナシ、アマンダレ(キノコ)とたくさんあります。そうは言っても、口にできるかどうかは別問題です。ミヤマツはもう何十年も食べていません。

 きょうは、「しんぶん赤旗」日曜版と市政レポートの配達のついでにムカゴ(イモゴとも言う)とサルナシを採ってきました。台風18号の影響がなければいいがと心配していましたが、風にも負けずにムカゴもサルナシもちゃんとついていました。収量はムカゴ、サルナシとも一合マスで3つ分くらい、まずまずの収穫です。

 このうちムカゴは家に戻ってからすぐに洗って「ムカゴ入りご飯」をつくりました。まず、ムカゴをよく洗います。それを鍋に入れて少しゆでます。この時、ちょっぴり塩を入れています。米はあらかじめといでおき、そのなかに少しゆでたムカゴを入れて、あとは炊くだけ。今年もうまくできました。私のご飯茶わんに盛った炊きたての「ムカゴ入りご飯」(画像)です。

 食べたい人は吉川区の山間部に住んでください。いつでも食べることができますよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/2206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About

2009年10月10日 23:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自衛隊が小銃持って農村部で訓練計画」です。

次の投稿は「予備調査なしのぶらぶら歩き」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34