2017年11月21日

総務常任委員会等2つの会議


asa171121.jpg

 おはようございます。今朝は5時20分に起床し、「しんぶん赤旗」日刊紙を配達してきました。配達が終わる頃になって、ようやく明るくなり始めました。冬の朝は明るい色を見つけるとうれしくなります。今朝は北の空に見つけました。動物たちの足跡も見え始めました。

 昨日は午前が総務常任委員会でした。自治基本条例が見直しの時期にあたっているので、行政内部での検証作業が大詰めを迎えています。今後は検討委員会での検証と議会での所管事務調査で前にすすめていきます。検討委報告書(案)にたいするパブリックコメントは来年2月の予定とのことです。

 自治基本条例の見直し議論の後、委員長の許可をもらい、ある医院へ行ってきました。先週の後半に風邪をこじらせ、他の病気も出てきたと判断し行ったのですが、3年前にもかかった泌尿器系の病気であることが判明しました。完治までには、根気よく医院通いを続けなくてはなりません。医師によると先週出た熱もこの病気から来ているということでした。困りました。

 午後は2時過ぎに「市議を目指しやすい環境整備検討会」の会議に合流しました。候補者本人が立候補を決意したものの周囲から理解してもらえないような場合、どう事態の打開をしていくかなど2班に分かれて協議しました。メンバーそれぞれ、いろんな体験があるので、面白い議論になりましたね。

 夜は、ある編集部に頼まれている原稿書きに専念しました。

 これから市議会に向かいます。午前9時から月例議員懇談会、その後、午前10時から、文化会館中ホールにて山田桂一郎さんの講演会があります。市民のみなさんも参加できますのでぜひ。

2017年11月20日

原子力防災訓練、第3回「アール・ブリュット展in上越」


yuki171120.jpg

 おはようございます。昨日から降った雪は10㌢ほどになり、今朝は除雪車が初出動しました。いまはやんでいます。今回降った雪は重いですね。また杉林では木の先っぽが折れる被害が出るかもしれません。

 上越市は昨日午前、柏崎刈羽原子力発電所において緊急事態が発生したとの想定で、防災訓練を行いました。東京電力、新潟県から警戒事象発生の通報を受け、災害警戒本部を設置。その後、施設敷地緊急事態、全面緊急事態へと発展するシナリオでした。

 本部会議はテレビ会議という形で8時半過ぎから行われましたので傍聴しました。災害警戒本部は対策本部に格上げされましたが、広報無線で緊急事態を市民に知らせるとともに、原発から30キロ以内の町内会を抱える関係区では広報車による住民への伝達、自主防災組織の活動の確認などが行われました。写真は本部会議で発言する小林吉川区総合事務所所長です。

kobayashi17119.JPG

 午後2時過ぎ、地元事務所を出て、高田に向かいました。今年で3回目の「アール・ブリュット展in上越」を観るためです。今回も素敵な作品がいっぱいでした。なによりも真っすぐで力強い作品が多かったですね。

 永野太一さんの「絵地図」、観光会社の人も注目しているというのがうなずけます。とにかく分かりやすい、イメージできる。中世の地図の現代版のようでもありました。堀井銀次さんの「楽器の世界」、惚れ惚れしました。楽しくて、心がうきうきしてきます。絵を描いた本人が楽器を使って演奏しているのが夢に出てくるかも。石栗仁之さんの「迷路絵」も楽しいですね。どの絵にも線を一杯引いて迷路をつくり、スタートとゴールを用意しておく。なかなかやりますねぇ。こういう遊び心、大好きです。

aru1711191.JPG

aru1711192.JPG

aru1711194.JPG

 作者の名前が書いてなかったのですが、「戦わない戦車への進化」、この人の平和感覚はすばらしい。何でも、子どもの頃、ガンダムが好きだったのだけど、そこに出てくるガンタンクが戦車で、人を殺す道具であること知ってから「戦わない戦車」を考えるようになったとか。稲田望花さんの「ぐるぐる」描く絵、目を近づけてみて、びっくりしました。1枚の紙にものすごい力を入れて書いてあって、紙はでこぼこ道のようになっていたのです。でも破れてはいない。そこらへんは加減したのでしょうね。彼女の作品はすべて「マル」です。友人の坂井亮円さんの作品、さをり織り以外のものを初めて観ました。絵の力があったからこそ芸術的な織物ができたのかと、新しい発見をしました。

aru1711195.JPG

guruguru171119.JPG

aru1711193.JPG

 「アール・ブリュット展in上越」は町屋交流館高田小町、旧今井染物屋、瞽女ミュージアム高田にて23日まで開催されています。私が紹介した作品以外にも山ほど素敵な作品がありますよ。ぜひ、お出かけください。

 きょうは午前が総務常任委員会です。午後からは「市議を目指しやすい環境整備検討会」もあります。ただ、私は先週の木曜から風邪などで苦しめられていまして、どこかで休みをもらって医者にかかってきます。

2017年11月19日

選挙反省会、平行在来線地域の会総会

 おはようございます。寒いですね。今朝は6時過ぎに起床し、事務所に来ています。外はいま、雨がやんでいます。

 昨日はまず三八市へと急ぎました。雨がポツポツ降っていましたが、お客さんはまずまずでした。しばらく市へ入っていなかったので、「どうしているかと思った」などと声をかけてもらいました。マスクをして言ったもんだから、お花屋さんでは、「風邪ひいたの?移さんで」と笑いながら言われてしまいました。昨日、買ったものは白菜の漬物です。

yamamoto171118.jpg

 その後、私の活動地域の人たちが持ち寄りで総選挙の反省会をやるというので、そこに参加してきました。母の漬物というわけにはいかないので、市で美味しい漬物を入手していったのですが、漬物を持参した人が数人いたのにはびっくりでした。一部を写真に撮りましたのでごらんください。これだけのご馳走が出たのですが2時間後にはほとんどなくなっていました。会では、総選挙の感想を出し合い、これからの決意をみんなが語りました。とてもいい会になったと思います。

gotuo171118.jpg

 午後からは直江津にて在来線の存続を目指す地域の会総会でした。会では昨年度の活動を報告するとともにこれからの活動について活発な意見が出ました。印象に残ったのは、JRが駅管理を業務委託する中で合理化がどんどん進んでいることです。たとえば大潟駅の無人化(12月から)が総、その結果、たたかいがやりにくくなっていることが浮き彫りになりました。ほくほく線のトイレ問題は強く出されました。妙高の会の岡田会長によると、いまのはねうまラインになってからかどうかはわかりませんが、がまんできなくなってデッキで用を済ませたご婦人がいたとのことです。こういう事態はいつかほくほく線でも起きるかもしれません。

 夕方5時半からは高田世界館にて映画鑑賞でした。タイトルは「米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー」。沖縄出身の平和と正義の政治家、瀬長亀次郎さんを追ったドキュメンタリー映画です。監督はNEWS23で筑紫哲也さんとともにキャスターをやっていた佐古忠彦さんです。瀬長さんの政治家として活躍ぶりは「しんぶん赤旗」などで知ってはいましたが、沖縄の人たちにとってどんなひとだったのかはよくわかりませんでした。この映画でよくわかりました。いつも人民のために不屈に闘う姿勢はすごいとしか言いようがありません。残念ながら、私は瀬長さんの演説は一度も聴いたことがありません。出来れば、3分でもいいから演説を映画に取り入れてほしかったです。

IMG_0541.JPG

 活動レポート1833号、「春よ来い」の第480回、「花嫁行列」を私のホームページにアップしました。ごらんください。

 きょうはこれから原子力防災訓練です。昨日のことはまだまだ書くことがあるので、時間が取れ次第追加します。

2017年11月18日

タブレットを使って模擬委員会


asa1711182.JPG

 おはようございます。今朝も寒かったですね。朝6時半に起きて、「しんぶん赤旗」日曜版の配達をしてきました。区内では道路工事現場があり、朝の段階でないと車に乗って配達に行けない地域があります。事務所に来て、榛の木とキハダの木を見たら、キハダは葉がほどんど散り、実だけが木に残っています。榛の木の葉も散り始めました。

 昨日は午前がタブレットを使った模擬委員会でした。率直な感想です。同時に2つのデータを見ながら、質問することがむずかしい。一番てっとり早いのは2台持ち込みかな。写真データを委員同士で共有することは可能だが、答弁者側には紙データを配布することになる。これじゃ、話になりません。モニターを入れるか、答弁者側もタブレットを持つか、なんらかの改善が必要だと思います。

taburetto171117.jpg

 午後からは、活動レポートの印刷としんぶん赤旗」日曜版の配達でした。途中、用があり、柿崎区総合事務所にも行ってきました。その時に見た日本海方向の写真です。

jyouzennji171117.jpg

 きょうはこれから直江津の三八市に行き、その後、頸城、直江津、高田と動きます。

2017年11月17日

初雪の中、「しんぶん赤旗」「活動レポート」の配布


yoneyama171117.jpg

 おはようございます。今朝は長女に起こされました。「お父さん、大丈夫?」と声をかけら、目が覚めたのです。じつは昨日の夕方から体調がすぐれず、7時過ぎには布団の中に入りました。寒気と頻尿でまいりました。富山の風邪薬を飲み、行火も使いました。トイレに行くため、夜中に5、6回起きたでしょうか。起きたのは8時少し前でした。

 昨日は午前に活動レポートの作成、「しんぶん赤旗」日曜版の配達、活動レポートのポスト下ろしと大忙しでした。直江津の事務所に着いたのは11時半近くになっていました。雨またはミゾレが降り続けました。はっきりと白いものは見ませんでしたが、ミゾレの時ならではの「ネコの足跡」がときどきフロントガラスにできました。

 午後からは安塚、大島をまわりました。雪が一番多かったのは大島区板山と竹平です。菖蒲よりも多いなと思いました。板山では積雪が7㌢くらいになっていることから、除雪の仕事をしている従弟が「ともすれば、除雪の指示が出るかと思って、心配してるがだ」と言っていました。すっかり雪景色となったところを走り続けていると、目もそれに影響を受けます。竹平ではキクの上に雪が積もっているように見えました。花自体が白かったのです。きれいでした。

itayama171116.jpg

kiku171116.JPG

 大島では雪の中の紅葉を撮ることができました。めったにない機会だと思い、何枚も撮ったのですが、そのうちの1枚だけ紹介します。

kouyou171116.jpg

 そうそう、5月頃からずっと楽しませてもらったある家の玄関の大きな生け花、「今年は、最後になります」と言われました。フェイスブックで最後の生け花の画像を発信したところ、「お疲れ様でした、綺麗な花ありがとうございます」「見事な生け花を今年もありがとうございました。家の方にもよろしくお伝え下さいm(_ _)m」「毎週、楽しみにしていました。大胆な生け花で力強さを感じました。なかなかこれだけの規模のものはありません。また春を楽しみにしています。ありがとうございました」などの声が寄せられました。では、今年最後の生け花をどうぞ。

hana171116.jpg

 大島での配達が終わってから田麦で先日、結婚式をあげたばかりの牛田さん夫婦を訪ねてきました。花嫁行列をとった動画、静止画像などを届けるためです。ちょうど詩歩さんのお管さんもおられました。30分ほどお茶をいただき、先日の結婚式のことや昔の結婚式のことなどで楽しいおしゃべりをさせてもらいました。

 きょうはこれから議会です。風の様子を見ながら、場合によっては医者へ行きます。

2017年11月16日

スタンディングの後、タブレット学習会


yoneyama171115.JPG

 おはようございます。今朝は5時半に起床し、事務所で活動レポート作成作業を進めました。いまほど、「しんぶん赤旗」に折り込む分の印刷を終えたところです。それにしても冷えましたね。たぶん、米山も尾神岳も白くなっているはずです。上の写真は昨日の朝、吉川区片田にて撮った米山さんと紅葉です。

 昨日は浦川原でのスタンディングからスタートしました。思っていたよりも暖かく、手袋なしでもボードを持つことができました。総選挙後、有権者の反応はどうなるか気になっていたのですが、手をあげてくださる方が増えてきているなと感じています。昨日のこれまで見たことのない女性ドライバーさんが手を振ってくださいました。昨日は総勢9人の参加でした。

suta171115.jpg

 昨日は午前がタブレットの学習会というか練習会でした。議会事務局職員さんから来ていただき、先の各派代表者会議資料などを使って、検索の仕方、メモの書き込みと消去などについて学びました。明日は各常任委員会で実践的な使い方を学ぶことになっていますが、その準備はできたということでしょうか。あとは慣れですね。使って覚えるしかありません。

tabu17115.JPG

 午後からは早めに帰り、地元で雑用をこなしました。欠伸ばかり出ていたので、途中、横にもなりました。

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達と活動レポートのポスト下ろしです。午後から安塚、大島に行きます。

2017年11月15日

昼間は地元で活動、夜は党会議


 おはようございます。今朝は6時半に起床し、大急ぎで資源ごみを出しに行きました。そして今は、事務所でパソコンに向かい始めたところです。遠くからポン、ポンという銃声が聞こえます。たぶん、近くの池付近でしょう。きょうは狩猟解禁日です。

 昨日のブログと一部ダブりますが、午前に羽鳥モーニングショーを観ました。朝8時から始まる番組ですが、私が観たかった雪室についての報道は9時半近くになってからでした。安塚で頑張っているスノーマン、伊藤さんの上越、魚沼などでのがんばりによって、雪を新エネルギーとして認知していくことにつながったことがよくわかる番組でした。下はその映像の一部です。

yuki171114.JPG

 テレビを観てから、昨日は生活相談などで2軒を訪問してきました。そのうちの1軒はあるおばあちゃんの家です。半月ほど前、「おまんちのばちゃのコンニャクづくり知りたいすけ、どうやってつくるかばちゃに訊いて、紙に書いてきてもらわんねかね」と頼まれていたのです。昨日、その頼みにやっと応えることができました。ソーダの使い方、分量にとくに関心があったようです。喜んでもらえました。

 訪問活動の途中、旧旭保育園のそばを通ったら、解体工事が始まっていました。春から旧吉川保育園、吉川中央保育園と続いた解体工事は旭まできました。写真に撮り、フェイスブックに載せたところ、自分の子どもを預けたことのある人たちから「さみしい」「お世話になった建物」などのコメントをいただきました。

asahi171114.JPG

 夕方からは党会議でした。ここのところ、議会の用事で忙しく、バタバタしたところがありましたが、ようやく先の衆院選の総括が始まりました。市民と野党の統一が実現したから、ここまで頑張ることが出来たと再確認するとともに、課題もいくつか明らかにされました。これは今後、深められると思います。

 きょうはこれからスタンディングです。その後、いったん事務所に戻り、市役所に向かいます。


2017年11月14日

雪国観光圏の研修


 おはようございます。今朝は5時に起床し、「しんぶん赤旗」日刊紙の配達をしました。その後、妻を柿崎駅まで送り、テレビをずっと見ていました。羽鳥モーニングショーで雪エネルギー、雪室のことがとり上げられるという情報が入っていたので、いま出るかいま出るかと待ち続けたのです。9時25分からやっと出ました。というわけで、いつもよりも2時間も遅い発信となりました。

 昨日は市議会のDMO勉強会のメンバーで越後湯沢へ行ってきました。雪国観光圏の代表理事、井口智裕さんと雪国観光圏推進協議会事務局長の南雲剛さんから、同観光圏のこれまでとこれからの取り組みについてお話していただき、若干の意見交換をさせてもらいました。

yu01.JPG

 私は北陸新幹線が開業後、越後湯沢駅での乗降客が激減する中で、どんなふうに地域の観光を守っていこうとしているのか程度の問題意識で研修にのぞんだのですが、まったくの不勉強でした。観光というよりも地域づくりそのものだったのです。そして、その内容には地域での暮らしをどう守り、維持していくかを考えていくうえで極めて重要な視点や手法が盛り込まれていました。

 その1つは、地域で魅力を出していかないと人がいなくなってしまうということ。地域のフアンが多くなっていく地域づくりが求められている。これは観光地だけの問題ではなく、すべての地域について言えることです。人口減が各地で進んでいますが、この視点なくして解決の糸口は見えてきませんね。
 2つ目は、お客さんの満足度に焦点を当てて、地域を見直すことです。圏域の中で、そこの顔となるものを選別し、絞り込んでいくことが大事だというお話でした。いろんな魅力がいっぱいあり、混在していてはお客さんに魅力が伝わらないという指摘はうなずけるものでした。

 井口さんは地域づくりのステップには、①地域独自の価値の設定、②目標となる顧客像の設定、③地域独自の価値を顧客に体感させる、④仕組みづくりの4段階があることを具体的に明らかにしました。世界でここにしかない価値をどうつくっていくか。雪国観光圏では、「真白き世界に隠された知恵に出会う」ということに絞りこみました。目標となる顧客像は、「都内在住 40代独身の女性管理職」と定めています。ここに到達するまでには戦略会議などでしっかり調査され、議論されたと感じました。

yu03.JPG

yu07.JPG

 今回の研修ではパワーポイント使っての説明がメインでしたが、観光圏で作成した動画が見事でした。動画を見たら、一度訪ねて見たくなる、宣伝はそのレベルまでもっていく必要があることを改めて認識しました。これは議会活動でも同じことです。どこまで近づけるか。頑張りたいと思います。

 夕方からは市議会主催の議会報告会・意見交換会が名立区で行われました。私は名立区での議会報告会の参加は初めてでした。市民のみなさんの参加は7人(うち2人は女性)でした。

nadati1711131.JPG

 私は受付兼マイク係でしたので、市民のみなさんの発言をしっかりメモする余裕はなかったのですが、「(国宝の太刀)山鳥毛の購入はどうなっているのか」「(上越市の市域は広いので)選挙区を5つくらいにわけるべきでないか」「地域協議会から市に意見書を出しても意味がないのでは」「議員でHPを開設している人はいるか」「労災病院の医師不足の解決方法をどう考えるか」などの発言が相次いでいました。

nadati1711132.JPG

 名立区は地元に議員がいない区の一つです。「何かあったときに、誰に頼んだらいいのか」「桑取で県道が崩落したが、う回路ができるまでに時間がかかっているのは地元議員がいないからでは」などの声が上がっていました。出席した議員は、「議員は地元代表としての面だけでなく、全市的な立場で動いている。(困ったことがあったら)いつでも呼んでほしい」と答えていました。いままで以上に議員空白区に入ることが大事だと思いました。

 きょうは取材およびデスクワーク、そして会議と続きます。

2017年11月13日

感動の花嫁行列


 おはようございます。今朝は5時過ぎに起きて、事務所で原稿書きをしています。外はだいぶ冷え込みました。フロントガラスも初めて凍りました。

hatugoori171113.jpg

 昨日は一昨日に続いて「感動の一日」になりました。大島区田麦で懐かしい花嫁行列が行われるというので見に行ってきたのです。行列は牛田光則さんと詩歩さんの結婚式で行われたのです。昔ながらの結婚式と花嫁行列があるというので、交通誘導員が出るほどの混雑ぶりでした。おそらく200人はいたでしょうね。

 花嫁が出るという家は町内会長の山岸さん宅、坂道を上がっていくと、酒と「麩とゼンマイ」がふるまわれていました。「おはようございます」と声を出しながら玄関口まで行って、様子を見ていたら竹平の区長さんが「さあさ、中に入って嫁さんの顔を見てくんない」と声をかけてくださいました。ありがたかったです。

 山岸町内会長さんの挨拶で花嫁行列はスタート、坂口ハルオさんの唄が始まると、まわりの人たちがいっせいに「祝いましょう」と言って小豆をまきました。会場の上空はドローンも飛んでいました。最先端と昔のことがミックスした感じで、とてもにぎやかな行列になりました。みんなが楽しそうにおしゃべりし、「うしだ屋」まで歩きました。郵便局あたりからでしょうか、唄は山岸七郎さんに替わりました。最後は二人が唄い合うという場面もあり行列は最高潮に。いい花嫁行列を見せていただきました。この感動は近いうちに「春よ来い」に書きますのでご期待ください。

g17101.JPG

g171102.JPG

g171103.JPG

g171104.JPG

 行列が終わってから竹平へ行き、その後、田麦の宮本屋に寄り、昔の花嫁行列などの取材をさせてもらいました。

 午後からは市議会主催の議会報告会・意見交換会でした。その様子は、今晩の名立会場の様子とともに書きます。

 きょうはこれから越後湯沢に視察に出かけます。

2017年11月12日

東京吉川会第25回総会

 おはようございます。4日連続して遠くに出かけたら、疲れがたまったのか6時半過ぎまで眠っていました。それから下町まで歩いて車を取りに行き、事務所で昨日の写真の整理をし始めました。いま、ようやくブログを書けるところまできました。

 昨日は東京吉川会第25回総会がありました。地元からは通常のメンバーの他に吉川踊り隊の女性陣も参加していただきました。出発時は雨模様でしたが、県境を越える頃から徐々に良くなり、ホッとしました。ただ都内に入ってから道路工事による渋滞に巻き込まれ、到着したのは総会開始ぎりぎりとなりました。

to1701.JPG

 総会は東京の麹町のいつもの会館です。第1部では、平山会長がこれまでの25年の歩みを振り返り、「この会はふるさとを同じくする者の心のよりどころになっている。ぜひ引き続きのご支援を」と訴えました。また、来春にはふるさとから都内見学のツアーを計画していることを明らかにしました。来賓を代表して土橋副市長が、「ふるさとへの思いの中で会の運営をされていることに感謝している。市では、高校を終えての動向を調査していきたいと思っているが、提案等ご協力いただきたい」と挨拶しました。また、まちづくり吉川の加藤副会長が吉川の魅力や動きなどを紹介しつつ、思いを語りました。

to1702.JPG

to1703.JPG

to1704.JPG

 第2部は交流会です。私から乾杯の発声をさせていただきました。その後、愛たまみさんによる歌とマジック、吉川踊り隊のみなさんによる吉川音頭の踊り披露などが続きました。会場に今回集まったのは私たちを含めて70人余りです。この中にはOさん姉妹のように3人そろって参加してくださった方や毎回必ず参加してくださるNさんのような方が何人もおられました。Nさんは私の母のことを知っておられ、「お母さんが頑張って生きておられるのは息子さんのことが心配だからです」と言われた時にはぐっときました。親せき筋のSさんからは、「また、弟が世話になるかも」と声をかけていただきました。うれしい出会いがいっぱいありました。

to1705.JPG

to1706.JPG

to1707.JPG

 交流会では思わぬことがありました。それは吉川会の役員さんが用意してくださった30年ほど前の吉川の動きの上映です。最初、何を上映しているのかわからなかったのですが、東田中の学校らしい建物が出てきて、原之町の「ちんころ」が映された段階で、これは吉川のだいぶ前の風景だとわかりました。そして、私の目から涙があふれ出したのは、尾神のキャンプ場近くで飼っていた梅花鹿に続いて、豆腐づくり、ハングライダーなどが映し出されてからです。ハングライダーの練習場はわが家の牧草地だったところですが、そこが出てきましたし、懐かしい尾神集落のお父さん、お母さんたちが出てきたのです。もうすでに亡くなった人たちもみんな笑顔で写っていました。こういう映像が残っていること自体、知りませんでしたが、こんなに心が揺さぶられるとは思いませんでした。大感激でした。

to1708.JPG

to1709.JPG

to1710.JPG

 交流会は約2時間行われました。たくさんの人と懐かしい話が出来ました。終盤には全員で「故郷」を合唱、そして吉川ばやしの踊りと続きました。会が終わってからのみんなの笑顔がよかったですね。

to1711.JPG

to1712.JPG

 東京を出たのは2時半過ぎでした。途中3か所ほど休憩したこともあって、帰宅したのは午後8時過ぎとなりました。

 活動レポート1832号、「春よ来い」の第479回、「シーさんへの手紙」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

Powered by
Movable Type 3.34