2018年05月26日

久しぶりに午前は吉川に


asa180526.jpg

 おはようございます。今朝は6時まで起きられませんでした。外は晴れ。少し蒸す感じがします。事務所の近くにはヤマボウシの木がたくさんありますが、この花ももうじき終わりとなります。写真は近くの山すそとヤマボウシです。白いところがヤマボウシです。

 昨日は浦川原スタンディングの日でした。県知事選が始まったこともあって、ドライバーの皆さんのリアクションが多かったですね。自動二輪に乗った人も挨拶してくださいました。元気をいっぱいもらって、一日頑張ることができました。

suta180525.jpg

 スタンディングが終わってから地元に戻り、事務所で選挙関連の実務と「しんぶん赤旗」日曜版の配達をしました。吉川に昼間、数時間もいたのは久しぶりのように思います。お昼もめずらしく家で食べました。写真は吉川区の大出口川の河床掘削工事です。数年前に関係県議と市議が一緒になって県に働きかけをしてきましたが、徐々にこうした整備が進んできています。新しい知事のもとで、こういう災害対策も前進させてほしいものです。

kasyoukussaku180526.JPG

 午後からは直江津の地区委員会事務所、寺の池田ちかこ事務所にて仕事をしました。風邪が完全に治らず、薬を飲み続けているのですが、薬を飲んだ後は眠くなります。とくに昼食後に薬を飲んだ時は要注意ですね。そうそう、事務所へ行く途中、活動レポートのポスト下ろしをしてきました。そこでは、愛読者の方がひとりおられて、「『春よ来い』の500号、おめでとう!」と声をかけていただきました。60代の方です。ありがたいですね。

 昨日の夕方、少し早めに帰りました。夕日がきれいでしたね。久しぶりに写真に撮ることができました。

yuuhi180525.JPG

 きょうは、これから吉川小学校の運動会です。その後、直江津に向かいます。

2018年05月25日

池田ちかこ知事候補、「新潟のことは新潟で決める」と強調

tannbo180524.jpg

 おはようございます。今朝は5時過ぎに起床し、事務所でデスクワークをしています。途中、浦川原でのスタンディングに出てきましたが。仕事は山ほどあり、なかなか外に出られません。それに生活相談も入ってきました。写真は昨日、大島区の板山から田麦へ行く途中で撮影したものです。

 昨日は猛烈に忙しい一日でした。なんといっても知事選の告示の日でしたからね。8時半過ぎから池田ちかこ事務所の事務所開き、出陣式が行われ、参加してきました。「官邸忖度の県政にしてはならない」「原発再稼働ストップに確実につながる人を」「県民に寄り添い、県民のいのちと暮らしを守る県政の継続を」「ひららぎさんとともに勝利を」。集まった80人ほどの参加者を前に各党や団体の代表が次々と挨拶しました。熱気あふれる集まりになりました。

su18052401.JPG

su18052405.JPG

 午前10時からは臨時議会。議会人事が行われました。議長選、副議長選について、日本共産党議員団は会派「輝」の飯塚義隆議員、栗田英明議員と議会の民主的な運営などについて確認書を交わし、支持しましたが、それぞれ一歩及びませんでした。新しい議長は武藤正信議員、副議長には杉田勝典議員が選ばれました。このうち議長選では、2人の候補の得票が15票と同数になり、抽選で武藤議員に決まりました。珍しいことです。

 議会が終わってからは安塚、大島方面に出かけ、活動レポートのポスト下ろし、「しんぶん赤旗」日曜版の配達をしてきました。いつもの家での生け花は低い位置から花が横に広がる面白い構図、新鮮でした。

hana180524.jpg

 夕方6時20分からは池田ちかこ県知事候補の上越市での第一声でした。力強く、感動的な訴えでした。長いですが、大要を以下にまとめました。読んでみてください。

 私は37年間、ずっと新潟という地方の地でみなさんと共に生活をし、みなさんの声を聴き、悩みを聴き、過ごしてきた。この私の経験のすべてを新潟県政に注ぎたい。そういう思いで立候補した。きょうは5つの政策のうち、2つお話したい。

kani18052403.JPG

 1つは県民のいのちと暮らしに直結する課題、原子力発電所の課題だ。2人の候補の政策が似通っているという人もあるが、そんなことはない。米山県政が始めた3つの検証、これを進めるのは当たり前のことだ。でも、どうやって続けるかが問題だ。厳格にやる、はしょってはならない。委員を入れ替えたりしてはダメだ。きちんと進めて、その都度、明らかになっていること、これを県民にお知らせし、丁寧に議論していきたい。そして、新潟のことなんだから新潟で決める。国のエネルギー政策のいう通りにはならない。官邸のいう通りにもならない。私たちのことは私たちで決めようじゃないですか。なかなか、地方が国に向かってだいそれたことを言えない時代となっている。でも、どうですか、あの加計学園問題、愛媛県の中村知事、見てていかがですか。胸が空きますよね。正しいこと、官邸に向かってわが県に残っている記録はこうですと言う、立派だ。私はあの愛媛県知事のようになりたい。(なってくれーの声あり)。でもこれだけで新潟の課題は終わらない。私たちが目指したいのは原発のない未来、この社会だ。歩み出そうじゃありませんか。原発のない未来を達成するためには、再生可能エネルギーの割合を高めなければならない。いま日本では、再生可能エネルギーの割合、一昨年の数値で14.5%まで上昇している。このまま順調に進んでいけば、2030年には40%に届くかと言われている。世界ではすでに30%台にいっているところがある。日本だってできる。私は昨日、小出で小泉元首相の話をうかがってきた。私がいま申し上げたことは間違いない、確信に変わった。みなさん、一緒に歩いてくださいますか。私は柏崎刈羽の人間だ。原発関連企業で働く人たちが多い。柏崎の人の中には、原発が止まっているから、地域経済が冷えていると思っている人がたくさんいる。原発がない未来が来た時に、それでも地域経済が回る、そういう道を模索していかなければならない。私は知事になったら、その道を探すべく、識者の皆さんとも手を組んで新しい会議、委員会を立ち上げさせていただきたいと思っている。
 
 もうひとつ大きい課題は人口減少だ。人口減は生まれる子どもさんの数が少ないために起こる自然減と若者が県外に出て帰ってこないことで起きる社会減、この2つで成り立っている。子どもの姿が地域から消えた、見えないというのは、本当に切ない課題だ。「子育てするなら上越市」という素晴らしいキャッチフレーズがある。先進的な取り組みをしている上越市に敬意を表したい。新潟県の出生率、北陸3県よりも低い。私が注目している福井県は全国で7位だ。なんとかそこまで上げたいものだと思っている。どうして上がらないのか。県も市町村もいろんな政策を行っているが、まだまだ改善の余地がある。ひとつは女性の視点だ。女性、生活者、そして子育てもしたことがある人たちの知恵を借りて、もっとブラシアップしていけば、新潟県だってきっと実現できる。子育て応援日本一の新潟県をつくろうではありませんか。

 私は行政の経験、議会の経験、そして女性であり、子育てもした、農業もしている。こういう地方に根差した経験をもってすれば、もっと女性が輝く、そして子どもたちの笑顔が輝く、そんな新潟県を必ずつくっていけると確信をしている。私、池田ちかこを新潟県で初めての女性知事にしてください。みなさんとともに歩んでいきたい。どうかよろしくお願いします。

 きょうは、「しんぶん赤旗」日曜版の配達をし、直江津などでの会議に参加します。

2018年05月24日

春日山交差点にてスタンディング


 おはようございます。今朝は5時半に起床し、事務所で活動レポートの印刷作業をしています。外の天気はまずまずといったところでしょうか。きょうは県知事選の告示日ですので、雨は降ってほしくないです。

 昨日は朝7時半から春日山交差点にて、安倍政権の暴走ストップ、民主県政の推進を訴えるスタンディングでした。朝早い行動にもかかわらず、約60人が参加しました。この中には池田ちかこ県議やひららぎ(平良木)哲也市議の姿もありました。二人とも元気にドライバーや通行者に朝の挨拶をしていました。女性グループが大きな声で、「池田とひららぎでーす」と挨拶しているのには驚きました。マイクなしでよく続きました。

su18052301.JPG

 スタンディングが終わってから池田ちかこ県議と名刺を交換し、話をすることができました。私の名刺を見た池田さんは、「フェイスブックの方ですね」と言われましたが、私のつたない発信を見ていてくださるとはうれしいですね。池田さんは妻の実家の近くが住所地であることを初めて知りました。

su18052303.JPG

 スタンディングが終了してから少し休み、その後、直江津の三八市へ行き、ひららぎ市議と共に宣伝行動をしました。天候のせいか、買い物客はあまり多くなかったのですが、それでも、挨拶すると、「わかっていますよ」とニコニコして答えてくれる人がいたり、「手札(誰に投票するかコンパクトに書いた紙)を10枚ください」と言う人がいたりしました。徐々に浸透してきていますね。市では、チマキを買ってきました。母に土産として渡すためです。

hira180523.JPG

 午前10時過ぎには市役所にも行ってきました。午後からは知事候補事務所と共産党地区委員会事務所を行き来し、選挙準備をしました。

 夕方、家に戻り、母にチマキを渡すととても喜んでくれました。私も黄な粉をつけて1個食べましたが、今年初めてです、おいしくいただきました。

haha180523.jpg

 きょうはこれから知事候補の事務所へ行き、事務所開きに参加した後、臨時議会にのぞみます。

2018年05月23日

選挙準備、挨拶回り、会議の連続


asa180523.JPG

 おはようございます。今朝は6時半に起床し、事務所に立ち寄り、春日山町まできました。スタンディングがあるためです。写真は今朝の田んぼの風景です。

 昨日は一日中、選挙準備、挨拶回り、会議の連続でした。昼食は牧区の金井旅館でラーメンを食べました。食堂では顔見知りの人が何人もいて、牧峠から長野に抜ける道の話からはじまって、たくさんのおしゃべりをしました。

 ビラ作成には3枚かかわりました。風邪薬を飲むと疲れもあって、強烈な睡魔に襲われます。悪戦苦闘のビラ作りとなりました。

 きょうはこれから直江津の市です。

2018年05月22日

県知事選、県議補選勝利に向けて熱気


 おはようございます。今朝も晴れ。5時に起床し、「しんぶん赤旗」日刊紙を配達してきました。気温はちょうど良く、動いていても気持ち良かったです。

 新潟県知事選、県議補選の勝利をめざし、昨日、日本共産党と後援会の決起集会が開かれました。市民団体の代表や市内の野党のみなさんもかけつけ、熱気あふれる集会になりました。

 まずは集会にかけつけてくださった人の挨拶や寄せられたメッセージを紹介します。

 「共産党籍のある人が無所属で出馬され、しかも他の野党の推薦をもらった。上越の歴史始まって以来の出来事だ。感謝したい。ひららぎさんの勝利は池田さんの勝利につながる。ひららぎさんは池田知事をサポートする大事な一人になる。頑張りましょう」(市民連合・上越の馬場秀幸共同代表)

ke18052102.JPG

 「いま、新潟に必要な人は首相官邸とパイプのある高級官僚ではない。県民の暮らしに寄り添う人だ。この地で暮らし、農業を営み、地域自治にこだわってきた池田ちかこさんこそ初の女性リーダーとしてふさわしい。地域の発展と市民生活の向上、そして教育分野の豊富な経験を活かし、日夜奮闘しているひららぎ哲也さんの飛躍に期待する」(森ゆうこ参院議員、メッセージ。土田秘書)

ke18052103.JPG

 「ひららぎさんを推した一つの理由は反自民でたたかうということ、もうひとつは、これまでの野党共闘を大事にしようということだ。議員時代に一緒に仕事をしたが、福祉政策などで共通するところがあった。性格的にもバカがつくほど真面目だが、これは議員になる大事な資格のひとつだ。弱者の視点を今度は県政の場でいかしていただきたい」(柳沢周治社民党上越協議会幹事長)

ke18052104.JPG

 「すごい熱気で感動している。今回、ひららぎさんを全力で応援することを確認している。理由は県民、市民の立場に立った議員を出して、池田さんを支えていきたいということ。ひららぎさんは、福祉分野では市民や介護施設の実態などを具体的に説明しながら質問してきた。これは県議会でもやってくれるはずだ。知事選とダブルで勝利するために頑張る」(牧田正樹新社会党上越総支部長)

ke18052105.JPG

 「今回の知事選は県政史上初となる女性知事を誕生させるという歴史的に意義あるたたかいだ。県民目線の知事を実現し、みんなで力を合わせて新しい歴史をつくろう。また、原発再稼働に前のめりの安倍政権の暴走に歯止めをかけるたたかいでもある。勝利すれば、政府与党に激震が走る。知事選と連動する県議補選もとても大事だ。私は今回、ひららぎ哲也さんを全面的に応援している。ひららぎさんの人柄、市民に寄り添った行動力、日頃の勉強量が垣間見える演説力に感服している。ひららぎさんには何としても勝っていただきたい」(梅谷守民進党新潟6区総支部長、メッセージ)

 こうした激励に応え、ひららぎ哲也県議予定候補は「ちょっと顔、焼けましたでしょうかね」と切り出し、決意を表明しました。以下はその大要です。

 連日、街頭で演説し、市内各地でたくさんの励ましをいただいている。ここで勝ち取る議席は私の議席ではない。みなさんの議席であり、20万市民の議席だ。20市民の声をしっかりと県政に結び付け、池田知事と共に県民の暮らし最優先の県政をつくっていく議席。この間、原発再稼働を許さないというのは大きな世論になっていることに確信を持った。この数年間の中で形作ってきた市民と野党の力の大きさも感じている。会のビラにたくさんの方々から登場してもらっているが、この人が応援しているなら私も、という広がりが生まれている。「原発の問題は人類の英知を集めて審議しているから政争の具にしてはならない」という主張をされている人があるが、とんでもない話だ。人類の英知を集めても放射能は消せないとわかっている。上から目線でこういうことを言ってはならない。私は市民のみなさんの思いをしっかりと県政にとどけます。池田さんを知事に、私を県議に押し上げてください。

hiraragi180521.jpg

 ひららぎ哲也県議選予定候補の決意表明が終わった段階で、ひららぎ予定候補を真ん中にみんなが手を取り合い、団結をアピールしました。

ke18052101.JPG

 きょうは、これから直江津に向かいます。

2018年05月21日

藤野議員が上越市入り


myoukou180520.jpg

 おはようございます。昨日に続いて今朝もいい天気になりました。昨日はどこへ行っても景色が美しく、気分が良かったですね。上の写真は妙高山、火打山です。

 昨日は一日中、選挙準備の会議、実務でした。途中、日本共産党の藤野保史衆院議員の街頭演説を聴いてきました。

 藤野衆院議員は一昨日、昨日と上越市に入り、緊迫した国会情勢を報告しました。そのなかで県知事選・県議補選での市民と野党の共同候補への支援も訴えました。国会では安倍政権の暴走をストップさせるために、事実と調査にもとずく素晴らしい論陣を張る議員ですが、街頭での訴えもよかったです。演説の中で心に残ったのは、「新潟の民主主義」という言葉。いまの2つの選挙の勝利の意義を強く意識しましたね。

hujinogiinn180520.JPG

 以下は藤野議員の街頭演説の概要です。

 いまの安倍政権、公文書の改ざん、ねつ造、隠ぺい、セクハラ、シビリアンコントロールの崩壊など、まさに底が抜けたような状況だ。総理は一点の曇りもないと言うが、疑惑はますます深まるばかりだ。
 働き方改革の法案、TPPの問題でも大きな山場を迎える。
 働き方改革法案は23日にも、強行採決しようとしている。しかし、与党もこの法案の基礎となるデータが間違っていることを認めている。こうなったら、元からチェックし直すのがあたりまえではないか。これでも予定通りやらせてくれなんてとんでもない。
 新潟の農業、日本の農業を壊してしまうTPP、当初入ると思われていたアメリカが抜けると言っている、これは当初の前提の大きな変更だ。新しいTPPに入ったら、日本の農業、新潟の農業、どういう影響を与えるか何にも議論していない。外務委員会で条約を議論したのはたった6時間、内閣委員会で議論したのはたったの14時間だ。前提が大きく変わったにもかかわらず、前のTPPのことを前提にしている、こんな無責任なやり方は許されない。
 いま野党は一致して安倍政権の暴走にしっかり対決している。先日は原発ゼロ基本法案、国会史上初めて原発ゼロを法律に書き込んで、野党共同で提出できた。この市民と野党の共闘が全国で一番花開いているのが新潟県だ。全国を驚かし、励ましているのが新潟の民主主義だ。県知事選でも県議補選でもこの市民と野党の共闘の力を発揮していこうではありませんか。これは安倍政権への大きな一撃になる。ぜひとも知事選、県議補選で市民と野党の共同候補を押し上げていただきたい。池田ちかこさん、ひららぎ哲也さんに大きなお力添えをお願いしたい。

 きょうは、これから各派代表者会議です。その後、選挙準備です。

2018年05月20日

選挙勝利に向けた会議続く

dote180520.JPG

 おはようございます。今朝は6時班過ぎに起床しました。外が明るくいい色になっていたので、うれしくなりました。もっともいまは、また雲が広がってきましたが。上の写真は今朝撮った写真の一枚です。下もそう。

okami18052001.JPG

 昨日は会議の連続でした。知事選、県議補選勝利に向けて党員や後援会員さんたちのエネルギーをどう発揮してもらうか、最新の情報に基づいて相手陣営の訴えの分析をする、こちら側の訴えの重点をどこにおくかなど真剣な議論を続けました。昨日はこれらの会議中にも電話が相次ぎました。本番が近くなった、という感じです。

 切なかったのは風邪が昨日の朝から悪化して、咳が止まらないことです。昨日のお昼に少し横になって休んだので、なんとか持ちました。夕方は早めに帰り、再び横になりました。おかげ様で、きょうも動くことが出来そうです。下の写真は夕方、わが家の近くで撮ったものです。暑くなったり、寒くなったりを繰り返す空模様を象徴するような空が映し出されています。

yuugata180519.JPG

 活動レポート1858号、「春よ来い」の第506回、「母へのメッセージ」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

 きょうは直江津の党事務所などでデスクワークをします。

2018年05月19日

ひららぎ市議とともに宣伝行動

 おはようございます。今朝は6時半過ぎに起床し、大慌てで「しんぶん赤旗」を配達してきました。急いで出たこともあって、昨日の感覚で半そでシャツで車に乗り込み、そのまま動いたら、寒く、体調不良がいっそう悪化してしまいました。

 昨日は午前にまず、三八市での宣伝行動に参加しました。ひららぎ市議と共に三八市で宣伝するのは13日に続いて2度目。びっくりしましたねぇ、お店をまわったら、お店の人がお客さんに「この人、お願いね」と言ってくださる人がいました。それだけではありません。知事選と県議補選の部内資料を仲良しのお客さんに渡してくれているお母さんもおられたんです。そうそう、ひららぎ市議の教え子だという若い女性も激励してくれました。全体として、13日以上に支持と共感が広がっていることが実感でき、ひららぎ市議も終始笑顔でした。

sa18051803.JPG

sa18051801.JPG

 朝市宣伝が終わって、若干の打ち合わせを行い、ひららぎ市議の街頭宣伝に途中から合流、大島区、安塚区で1時間ほど一緒に行動しました。事前連絡なしの宣伝にもかかわらず、宣伝カーのそばまで来て激励して下さる方がいたほか、パンの差し入れをしてくださる方もありました。安塚区ではラーメン屋さんで昼食をとりました。そこでも、お客さんから激励を受けました。また、このお店の駐車場に宣伝カーをとめていたのを見て、わざわざ、お店に入り、声をかけてくださる方もありました。

gaisenn18051801.JPG

gaisenn18051802.JPG

 午後からは池田ちかこ上越事務所で会議でした。6月6日、午後6時半からリージョンプラザにで大規模個人演説会を開催することになりました。頑張らなければなりません。

 夕方、近所の新聞屋さんで取り寄せていただいたキャレルの昨年10月号を読みました。「新潟の美人21人」を読みたかったのです。美人イコールきれい、が通常の感覚かもしれませんが、紹介されている女性の生き方が前向きで素敵でした。

 きょうは、これから会議の連続です。

2018年05月18日

蒸し暑い中、新聞配達・ポスト下ろし


asa180518.jpg

 おはようございます。今朝は雨が上がりました。朝日が照り始めています。写真は5時半頃、近くで撮りました。一番奥の山が米山さんです。

 昨日は午前に打ち合わせ会議を少し行い、「しんぶん赤旗」日曜版の配達を1時間ほどしました。これまで平良木市議が配達していた分の一部を受け持ったのですが、久しぶりに会った人などもいて、けっこう時間がかかりました。それにしても暑かった。風邪で熱が出ていたのか、暑くて汗が出ていたのか。ハンカチを車の中に忘れて、まいりました。

 午後からは三和、安塚、大島と「しんぶん赤旗」日曜版の配達、活動レポートのポスト下ろしをしました。浦川原ー安塚間の上沼道のトンネル内の温度表示は19度、一昨日は30度越えでしたので、どうなっているんでしょうね。保倉川の上流では、霧が発生していました。

hokuragawa180517.JPG

 大島区での楽しみのひとつはいつもの家の奥さんの生け花、昨日は、ケナシヤブデマリ、レンゲツツジ、コデマリなどが入ったものが玄関先に飾られていました。フェイスブックで投稿したところ、「これだけ大きな花がしっかり立っているのは、剣山使ってらっしゃるのかな〜とか、興味シンシンです」「きれいですね」などのコメントが返ってきました。

hana180517.jpg

 昨日の配達、ポスト下ろしでは何軒かでお茶を誘われたのですが、時間がなく、1軒だけにしました。そこも最初は断ったのですが、2人のおばあちゃんが「おまさん、来るのを待っていたがに」と言われ、ご馳走になることに。そこでは知事選と県議補選のことが話題になりました。やはり、原発再稼働のことが関心高く、2人とも「原発で信頼できる人を選びたい」と言っておられました。ここの家では、おいしい牛乳羹をいただきました。

gyuunyuu180517.JPG

 大島区での仕事を終えてから吉川区へ。夕方、選挙での支援の訴えもあり、6時過ぎまで頑張りました。

 今日は、まもなく家を出て、直江津に向かいます。日中は直江津、高田にて活動します。

2018年05月17日

直江津などでフル回転


 おはようございます。今朝は5時に起床し、事務所で活動レポートを作成しています。外では、ときどき雨が降っています。こんな天気は苦手です。

 昨日は一日中、直江津の事務所などにて会議と選挙準備でした。知事選と県議補選がダブルで行われ、それだけでも大変なのですが、そのほかに飛び入りの仕事も入ってどたばたとなりました。ただ、夕方は少し早く帰らせてもらいました。少しは休まないと体がまともにならないからです。

 きょうはまもなく直江津に向かいます。雨よ、やんでくれ~。

2018年05月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by
Movable Type 3.34