2017年09月20日

町内会集会場の耐震補強工事助成制度など見直しへ


okamidake170920.jpg

 おはようございます。今朝は6時過ぎに起床し、30数年前まで住んでいた尾神まで行ってきました。一昨日の忘れものを取りに行ったのです。途中見た尾神岳と空の景色、2つの大きな雲が対峙しているようで、素敵でした。今朝は晴れ、ミンミンが鳴いています。

 昨日は総務常任委員会2日目。防災危機管理部と自治・市民環境部関連の議案審査でした。

 防災危機管理部関係では大規模火災時の消火体制検証会議をとりあげました。上越市は今年4月、「大規模火災時における消火体制に関する検証会議」を立ち上げ、作業を進めています。委員会で私は、昨年12月26日にNHKの「時論公論」において、今後、大規模火災を引き起こさないために、①密集市街地を洗いだし、火災に強いまちづくりをすすめること、②最近の地域の実情を踏まえた消防力のあり方を考えること、③火災に対する警戒を再確認すること、が重要なポイントになるとしていたことを紹介。そのうえで、住宅密集地対策として、「不燃領域率」(地区内に公園などのスペースや鉄筋コンクリートなどの燃えにくい建物がある割合)を増やしていくことが重要ではないかと訴えました。これにたいして担当部長は、「まずは国の有識者会議でまとめた項目に沿っての検証となる。まちづくりは時間がかかるので、今回の検証会議ではこの視点は入れていない。今後の課題だ」と答えていましたが、まちづくりの視点での議論の先送りはどうかと思いましたね。検証会議は年度内にまとめをするそうですので、そこでまた議論をしていきたいと思います。
 2枚目の写真は昨年12月、大規模火災のあった糸魚川市の住宅密集地帯。糸魚川市の市街地の「不燃領域率」は30%から40%だということです。

norikazu170919.JPG

itoigawa161223.jpg

 自治・市民環境部関係では町内会集会場整備補助、平和政策、各区の公の施設の緊急修繕、中山間地対策、移住対策などをとりあげました。

 上越市は町内会集会場の新築・増改築・修繕補助、耐震診断・耐震補強工事への補助制度を見直し、来年4月からスタートさせることを明らかにしました。これは私の質問に答えたものです。

 昨年度の取り組みの中では、新築件数が6件、増改築修繕が31件あったものの、耐震診断や耐震補強は申請がゼロでした。私から、「市は制度の見直しを検討する必要があるとしているが、どこで、どう直していくのか」と質問したのに対して、担当課長は、「見直しは町内会連絡協議会の正副会長さんの意見も聴きながら、共生まちづくり課だけでやっていきたい。限度額のあり方、補助率について検討していきたい」と答えました。

 上越市では高齢化が進んでいる中山間地域の集落を対象に、集落づくり推進員の配置、地域おこし協力隊派遣などの取り組みをしてきました。しかし、高齢化集落がますます増えてきています。
 
 昨日の委員会では、こうした事態を受けて、「協力・支援体制のあり方を検討する必要がある」として、担当課ではすでに、推進員の担当区域をどうするか、推進員と市の担当職員との連携の在り方などについて検討を開始していることを明らかにしました。

 委員会で私は上越市の非核平和友好都市宣言推進事業についてもをとりあげ、「今年は7月7日に国連の会議で核兵器禁止条約が採択されたこともあって、非核平和への思いは強まっている」として、これまで以上に取り組みを強化するよう求めました。

 上越市では市内小中学校の児童生徒を対象に平和学習を行っていますが、「平和学習を中心に、より広く多様な取り組みが求められているが、どのようなことをやっているのか」との私の質問に担当課長は、「今年度から2カ年計画で市内の全校を巡回する平和展を開始している。1校あたり10日間開催している」と答えました。

 また、私は小中学校の児童生徒だけでなく、一般市民全体を対象とした取り組みを強化すべきだとして、市役所幹部や議員は率先して平和の重要性について語ろうと呼びかけました。その際、ある新聞に掲載された俳人、金子兜太さんへのインタビュー記事の中で引用された田中角栄の「戦争を知っているやつが世の中の中心であるかぎり、日本は安全だ。戦争を知らないやつがでてきて、日本の中核になったとき、怖い」という言葉を引用しました。答弁に立った自治・市民環境部長は、「職員の中でも意識的に取り組んでいきたい」とのべました。

 昨日は請願審査も行われました。上越民主商工会婦人部のみなさんが提出した「所得税法第56条廃止の意見書を国に提出することを求める請願書」です。採決の結果、賛成4、反対3で採択されました。

 審査に先立ち、同婦人部の曽根きよ子部長は、「所得税法第56条の『配偶者その他の親族が事業に従事したとき、対価の支払いは必要経費に算入しない』は時代錯誤で人権問題だ。国連もこの条項の廃止を勧告している。ぜひ、廃止を求める意見書を国に提出してほしい」と訴えました。

 委員会では「創風」「みらい」など一部の会派が青色申告の条項があることなどを理由に反対しましたが、日本共産党と「新政」会派は「請願者の説明、気持ちはよく理解できる。ごく当たり前の要求だ」などとのべ賛成しました。写真は請願の趣旨を説明する曽根きよ子部長です。

sone170919.JPG

 昨日は議会での用事が終了したのち、総選挙対策の会議があって帰宅は午後8時半過ぎになりました。

 きょうはこれから市役所に向かいます。議会基本条例検証委員会があります。

2017年09月19日

デスクワークと生活相談など


asa170919.JPG

 5時前に目が覚めました。おはようございます。今朝は「しんぶん赤旗」日刊紙の配達です。柿崎区の江島新田から見た朝焼け、いい景色でした。

 昨日は午前がデスクワーク、午後から生活相談と「しんぶん赤旗」の集金でした。生活相談は海岸浸食に関してでした。この問題はかなり前から大問題になっていますが、私のところに直接話が来たのは初めてでした。昨日は海も大荒れ、浸食の模様もしっかりと頭に入れることができました。

umi170918.JPG

 「しんぶん赤旗」の集金から帰って、事務所で再びデスクワークをしましたが、途中で気分転換に山に入りました。アケビはまだでしたが、エビヅルがすでに熟していました。甘酸っぱい味、今年も味わうことができました。

ebi170918.JPG

 きょうは総務常任委員会の2日目です。いつも質問が集中する自治・市民環境部の審査は最後となります。なるべく効率的な質問に心がけたいと思います。

 夜は党会議でした。来月の解散総選挙が確実になるなかで、総選挙を戦う態勢づくり、緊急党員集会などについて話し合いました。市議会と重なりたいへんですが、頑張りぬきたいと思います。

2017年09月18日

長岡で日本共産党演説会

asa170918.JPG

 おはようございます。今朝は時々、強い風が吹いています。心配した台風はこちらにはたいした被害をもたらさず、通り過ぎていきました。それにしても九州や四国など被災地はたいへんですね。心からお見舞い申し上げます。

 昨日は午前がデスクワークでした。明日の総務常任委員会審査に向けて、委員会資料を読んだり、過去の資料を探したり。けっこう時間がかかります。委員会審査で残っているのは防災危機管理部と自治・市民環境部ですが、午前は防災危機管理部の資料を3分の1ほど読み進みました。

 午後からは長岡駅前での日本共産党街頭演説会でした。柿崎からマイクロバスに乗せてもらい、頸城や大潟などの人たちとともに参加してきました。生憎の雨模様の天気にもかかわらず、演説会には大勢集まっていただき、大きな成功を収めました。

 今回の演説会は日本共産党主催ですが、市民連合@新潟や社民党、自由党の代表が応援演説をしてくださいました。市民連合@新潟の共同代表の一人、磯貝潤子さん、社民党県連副代表の長部県議は衆院新潟5区から「原発再稼働慎重派だった」人が自民党から出馬の意欲を示していることを批判し、市民と野党の連合で選挙勝利をと訴えていました。自由党の県連副幹事長の土田竜吾さんも挨拶、安倍政治を批判するとともに野党みんなが力をあわせて頑張ろうと訴えました。土田さんは上越在住で昨年、上越でのたたかいで重要な役割を果たしてくれました。元気のいい演説には多くの拍手が送られていましたね。

 大きな拍手のなか演説した日本共産党の西沢博県政策委員長は応援弁士に感謝した後、安倍政治に対する市民の怒りが大きくなっていることを紹介、補欠選挙、解散総選挙で安部政治ノーの審判を下そうと訴えました。そして、「最大の争点は原発再稼働だ。自民党県連は再稼働の決議をしている。誰が5区の候補者になろうとも、自民党は再稼働推進となる」として、現在の動きを批判しました。

 最後の弁士は小池晃書記局長です。冒頭、「新潟のみなさんは参院で勝ち、知事選でも勝ち、全国を励ましております。今度も市民と野党の統一で勝たせてください」と訴えました。そして政府与党が臨時国会冒頭解散を目指していることをとりあげ、「あまりにも露骨な疑惑隠しだ。森友隠し、加計隠し、南スーダン日報隠しをずっと続けてきたなかで野党は憲法53条に基づいて臨時国会開催要求をしていた。それを無視しておいて、開くことにしたらすぐに解散、これは憲法違反だ」と批判しました。「安部首相がいま解散すれば多数をとれると勘違いしているのであれば、大間違いであったことを思い知らせようではないか」と訴えました。小池書記局長の演説はいつ聴いても歯切れがよく、迫力満点、しかもユーモアもある。拍手の連続でしたね。

nagaoka170917.JPG

 新聞テレビの報道では臨時国会の冒頭解散が濃厚です。昨日の街頭演説会は新潟における衆院選の事実上のスタート集会になったと思います。市民と野党の統一を急がなきゃなりません。議会だけでなく、衆院選も視野に入れて大奮闘しなければならなくなってきました。

 きょうは午前中に直江津の事務所に行き、その後、デスクワークです。衆院選の準備にも入ります。

2017年09月17日

日曜版の配達、デスクワーク


asa170917.jpg

 おはようございます。きょうは日曜日、ゆっくり寝ていようと、6時半頃まで休んでいました。その後、新聞を読み、事務所に来ています。ブログを書こうとしたところで、ホームページの更新をしていないことに気づき、大慌てでその作業を行いました。50分くらいかかりました。写真は家の近くの朝の風景です。

 昨日は「しんぶん赤旗」日曜版の配達と集金、そして生活相談でした。ある家の庭で百日紅がいまも赤い花をたくさんつけているので、その木についての歴史やいまの状況などについて家の人から教えていただきました。台風が近づいているというので、稲作をやっている読者の家では稲刈り作業に精を出しておられ、ほとんどが留守でした。田んぼ仕事をしておられない家でお茶をご馳走になってきました。隣家のお父さんも一緒です。話はもっぱら北朝鮮のミサイルの件でした。「野蛮な国だ」という話から、戦時中、戦後の在日朝鮮人の人たちをいじめた話まで出て、「日本でも戦前は同じだった。日本も悪い」という展開となりました。配達が終わってからは生活相談でした。訪ねた家には近所の人も数人おられたので、しばらくは世間話をしました。

 夕方からは議会の総務常任委員会審査の準備をはじめ、資料探しをしているうちに、20年ほど前に描いたカットや漫画が出てきました。捨てるのももったいないなと思い、それらが入っていた場所の整理をしはじめたら、あっという間に2時間、3時間がかかってしまいました。下の絵は見つけたカットの1枚です。

nettaiya170916.jpg

 夜は決算資料と格闘しました。考えてみたら、一昨年度は私が浪人していた1年間です。この間に取り組まれた市政のことは記憶の空白になっていて、それが理解を困難にしているケースがいくつかありました。1年間のブランクは大きいですね。

 私の活動レポート1824号、「春よ来い」の第471回、「リポビタンD」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。

 きょうは午前中、デスクワーク、午後からは長岡駅前で行われる日本共産党演説会に出かけます。小池晃書記局長、西沢博県政策委員長のほか、市民連合@新潟の共同代表の磯貝潤子さん、社民党県連副代表の長部県議、自由党県連の地元代表が訴えるということです。午後2時からです。ぜひご参加ください。

2017年09月16日

入札結果、第2庁舎火災などで質問


gennnosyouko170916.JPG

 おはようございます。今朝は5時半から活動レポートの印刷をしました。今号の印刷の最終回です。これで木曜日からの印刷枚数は1万800枚になりました。印刷後、柿崎、大潟とまわり、新聞折り込み分の届けをしてきました。写真は印刷中に近くの道端にて撮ったゲンノショウコです。

 昨日は午前7時半から浦川原にてスタンディングでした。7時過ぎに北朝鮮がまたしてもミサイルを発射したため、スタンディングメンバーのなかでの話題はもっぱらこの話でした。野蛮なこの行為、断じて許せません。

suta170915.JPG

 10時からは総務常任委員会でした。昨日の委員会では、入札契約制度の改革、第2庁舎火災を受けての防火・防犯対策などをとりあげました。

hashi170915.JPG

 入札契約制度に関しては、「落札率はあくまでも予定価格に対する落札額を示したものにすぎない」とする市側の姿勢を批判しました。その際、朝日新聞「キーワード」(2011年10月16日)が「落札率」について、「100%に近いほど落札業者の利益が大きく、談合によって落札率が上がれば、それだけ税金が無駄遣いされることになる。全国市民オンブズマン連絡会議は『90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い』と指摘している」と書いていることなどを紹介しました。落札率に対する認識を改めてもらわないと入札制度改革は進みませんね。

 第2庁舎の火災では、法令にもとづく消防設備がどうなっていたかなどを質問。担当課長は必要な消防設備を確保し、設置基準を満たしていることを明らかにしました。そうした状況にもかかわらず公文書3300冊などに重大な被害が出たことから、私は設置基準の見直しを含めた対策強化が必要ではないかと訴えました。

 きょうは「しんぶん赤旗」日曜版の配達と集金です。早く終われば、議会の準備をしたいと思っています。

2017年09月15日

障害者団体が陳情

asa170915.JPG

 おはようございます。今朝は寝坊して6時まで眠ってしまいました。いま、大急ぎで印刷中です。今朝はスタンディングもあるので、間に合うかどうか。写真は事務所に来る途中、撮りました。

 昨日は厚生常任委員会2日目でした。午後に行われた障害者団体の陳情に注目しました。陳情項目は身体障害者用グループホームの増設と医療的補助、公共施設内のバリアフリー化の推進と誘導員配置、浦川原区に特別支援学校の整備をなど大きく分けて5項目でした。藤田会長の口頭陳情を聴いて、びっくりしたのは、市の施設の中には観覧席の車いす対応ができていないところがあるという発言です。そこら辺は調査する必要がありますね。委員会では全会一致でこの陳情が採択されました。

 陳情審査が終わってから市役所を出て、三和、安塚、大島とまわりました。「しんぶん赤旗」日曜版の配達と活動レポートのポスト下ろしです。大島区では一人暮らしのおばあちゃんからお茶を誘われご馳走になってきました。「きょうこそはとずっと待っていたがだ」と言われれば、入らないではいられません。でも、美味しい煮物が用意されていました。

nimono170914.jpg

 いつもの家では今回も玄関先の生け花を楽しませてもらいました。赤いガマズミとコスモスがバランスよく配置されていて、見た瞬間、きれいだと思いました。

hana170914.jpg

 大島区からは吉川区の川谷へ出て、家に戻りました。途中、白いツリフネソウと出合いました。また、夕日、夕焼けがきれいでしたね。

siro170914.jpg

yuuyake170914.jpg

 きょうはこれからスタンディングです。その後、市役所に向かいます。

2017年09月14日

要援護世帯除雪費助成事業、見直しへ


asa170914.JPG

 おはようございます。今朝は6時過ぎに起床しました。いつもなら5時前から事務所に来て、原稿を書いているのですが、昨夜のうちに書き上げたからです。と言っても、見直すのに30分以上かかりました。外はいっとき青空が出たものの、いまは曇り空です。

 昨日は午前、午後と厚生常任委員会の傍聴でした。注目したやりとりがいくつかありました。

 その1つは要援護世帯除雪費助成事業です。上越市は要援護世帯で一定の要件を満たす世帯を対象に、多雪地帯の場合はひと冬、6万5600円(多雪地帯以外は4万1000円)助成しています。この事業について、本日の厚生常任委員会で、市当局は、今冬を見据えて、「除雪の範囲」と「親族要件」を検討し、一定の結論を出すことを明らかにしました。

 「除雪の範囲」については、これまで屋根雪と玄関の雪が対象でしたが、これに加えて屋根から降ろした雪の始末についても対象とするかどうかが検討されます。また、子どもが車で30分以内のところに住んでいる場合は、原則的に対象としないことにしていました。これも見直すようです。

 もうひとつ書きましょう。緊急通報装置をめぐる議論です。いざというときには緊急通報装置が役に立つことを再認識させられました。上越市がまとめた昨年度のデータによると、市が緊急通報装置を貸与している件数は1133件ですが、このうち通報装置を使って発信したケースは51件。そのうち48件は救急車の要請だったと言います。これは委員会で橋本洋一委員の質問に応えて高齢者支援課長が明らかにしました。

 上越市は「日常生活用具助成事業」を行い、市民税所得割非課税世帯の、おおむね65歳以上の一人暮らし世帯を対象に、緊急通話装置や電話などの貸与をしています。もちろん無料です。

 午後は4時ことに市役所を出て、地元に戻りました。いくつか用があったからです。市役所の建物の中にいる間に晴れが広まっていたんですね。あちこちで稲刈り風景を見ることができました。

inekari170913.JPG

 夕方、吉川区の長峰まで行く用が出来ました。ついでに長峰池に寄ったところ、夕焼けが見事でした。デジカメは忘れたので、スマホにて撮りました。

yuuyake170913.JPG

 きょうはこれから「しんぶん赤旗」日曜版を配りながら市役所に行きます。午後の障害者団体の口頭陳情を聞いたのち、三和、大島方面へ行きます。

 

2017年09月13日

ほぼ一日中、一般質問の「聞き取り」


asa170913.JPG

 おはようございます。今朝は6時過ぎに起床しました。天気はパッとしませんが、いまほどミンミンゼミが1匹鳴いていました。青空も一部出ていますので、少しは良くなるのかもしれません。写真は事務所近くの田んぼです。

 昨日は午前、午後とも一般質問の「聞き取り」でした。私の質問は今回、核兵器禁止条約採択と市長の対応、7月豪雨災害の総括、指定管理者制度と労働条件など3項目です。答弁次第では、今回の質問はあっさりと終わるかも知れません。午後からは総務常任委員会の審査の準備をしていたのですが、途中から、橋本議員の一般質問の「聞き取り」にも同席しました。議員団会議での議論も行政側に伝えておいた方がいいと思ったからです。こちらも、けっこう時間がかかりました。

 市役所には午後5時過ぎまでいて、その後、地元に戻りました。地元では次の日曜日、17日午後2時から長岡駅前で行われる日本共産党街頭演説会の参加者をどう増やしていくかなどを話し合いました。今回の演説会は来月行われる衆院新潟5区の補欠選を意識したものです。当日は小池晃書記局長のほか、社民党、自由党など他党からも演説してもらうとのことです。楽しみです。上越からの参加希望の方はバスの利用も可能ですのでお知らせください。

 きょうは、これから直江津回りで市役所に向かいます。

2017年09月12日

国宝太刀購入、体操アリーナめぐって激論


asa170912.JPG

 おはようございます。今朝は新聞配達、妻の送り(駅まで)などで忙しく発信が遅れました。外は曇り空、雨にならないだけでもありがたいです。写真は今朝の5時40分頃のものです。

 昨日は午前が市議会文教経済常任委員会の傍聴、午後から党議員団会議、傍聴と続きました。午前の審査の中では、いじめ・不登校問題に注目しました。JAST(じょうえつあんしんサポートチーム)への相談件数が昨年度360件に上っているそうですが、「ネットを通じた嫌がらせも増えてきている」「(いじめは)全国的にはアンケートで出てくるが、上越は本人、保護者がいうケースが多い」などの説明を聞いて、地域的な特徴があるんだなと思いました。

 午後からは(委員会に出ている)上野議員を除く3人で議員団会議をやりました。一般質問通告の最終調整です。1時間くらいで終わると思ったら、2時間以上かかってしまいました。おかげで、委員会で聞きたかった国宝の太刀購入問題は聞けませんでした。これは後でインターネットで聞きました。

 上越市が購入しようとしている上杉謙信の愛刀でもあった国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」をめぐり、市長は8月28日の記者会見で、所有者と契約金額で折り合いがつかない状態となっていることを明らかにしています。

 昨日の市議会文教経済常任委員会では、委員から、「鑑定のことでどうだったのかと感じている。何故こうなっているのか」「(市教委の説明を)すっきり飲みこめない。本当にお金の折り合いなのか。それが本音なのか合点がいかない」「(購入をめぐって)世論は二分した。なぜこうなったのか不思議でならない」「鑑定額の3億2000万円を越える数字を相手が出してきたとき、どうするのか」「募金などがすでに行われているが、ダメになったら市民にどう説明していくのか」などの声が相次ぎました。

 これに対して市教委側は「想定外の事態となっているが、与えられた予算ななかで誠心誠意努力していきたい」「世論が二分したという感触はもっていない。これまでしっかり手順を踏んできた。もしダメになったら、その理由を堂々とすべて明らかにする」と答えました。市教委側の答弁には交渉がかなり厳しくなっている様子がにじみ出ていましたね。

 午後からの傍聴で注目したのは(仮称)上越市体操アリーナ問題です。上越市体操アリーナ建設に向けて、用地取得費など2億円余りが予算計上されたことで、各委員からは、「大潟にもうひとつ体操アリーナ作る必要があるか疑問だ。もっと多くの市民の声を聞くべきだ」「予算などに反対しない。が、不満に思うことがある。議員に対してもう少し丁寧な説明をしてほしかった」「市民が感じているところが多々ある。もう少し市民理解を得る努力をすべきだ。市民が理解する時間が必要だ」などの声が相次ぎました。市長はこうした声に応えるべきです。

 きょうはこれから市役所に向かいます。

2017年09月11日

半日デスクワーク、半日……。


okamidake170910.JPG

 おはようございます。昨夜は早めに寝たものの、夜中に一度目が覚め、眠れない状態が続きました。正確に言うと、夢を見ているのか、起きているのかよく区別がつかない状態でした。こういうのって疲れますね。今朝はまずまずの天気です。うまくいけば、一日もつかも。写真は昨日の午後、吉川区下町にて撮った尾神岳です。

 昨日の午前は地元事務所にてデスクワークでした。草刈りなどやりたいことがいくつもあったのですが、議会準備の方を最優先させました。委員会資料などを読んだり、ネットで調べたり、なかなか進みません。議会準備よりももっとたいへんなのが議会中の「春よ来い」の原稿書きです。ここ1週間を振り返ってネタを探す、過去に書いたものを読み返す、などをやりながら、パソコンのキーボードを前にしてまったく指が動かない時間が続きました。

 午後からは近くのお寺の坊守さんのお悔やみに出かけてきました。母よりも一つ年上の方で、私の町内会では最高齢の方でした。今度は母が最高齢となりました。母と一緒にデイサービスに通っていた人なので、複雑な気持ちです。

 お寺の用を済ませてから、思い切って高田に出かけました。高田世界館でやっていた「人生タクシー」という映画を観てみたかったからです。映画を観れば、原稿書きのヒントが浮かぶかも、という思いもありました。映画はイランの映画監督パナヒさんが映画製作を禁じられている中で、カメラをタクシーの中でだけまわし、乗ってくる人の人生模様を描いた傑作です。映画製作への圧力をもチャンと批判していました。限られた条件の中でも自分の訴えたいことを工夫して表現する、その執念に驚きました。下の写真は映画のワンシーンをイメージして撮った赤いカーネーションです。映画に出てきた花は赤いバラです。素敵でした。

sannwa170910.JPG

 高田からの帰り道は浦川原の山本ぶどう園経由でした。いつもお世話になっているお母さんとおしゃべりを楽しみ、マスカットベリーAを買ってきました。

 おもしろいものですね。原稿書きとはまったく関係ない時間を過ごすことが原稿書きを促進するのですから。地元事務所に戻ってからは、原稿書きがどんどん進みました。

 家に戻ったのは9時過ぎでした。母が「とちゃ、ばかうんめがど。食べてみない」と言って、バニラアイスを削りはじめました。このアイスは近くの人からのプレゼントです。いい味なので、びっくりしました。

haha170910.JPG

 きょうはこれから市役所に向かいます。一般質問の締め切り日ですので、それが最優先。その準備が終わったら、文教経済常任委員会の決算審査などの模様を傍聴したいと思っています。

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

on 何人もの人が涙を浮かべて: 橋爪さん 読んでいる
ホーセ on 9月議会終わる: コメント、ありがとう
保高 博司 on 9月議会終わる: 橋爪さん! ご苦労さ
ひろ on 昨年度の住宅リフォーム促進事業、執行残271万円: いつも楽しく拝見して
ホーセ on 元気の出るふるさと講座: こちらこそお世話にな
お〜るり on 元気の出るふるさと講座: ありがとうございまし
ホーセ on 頸城区希望館での「新春の集い」に150人: 保高さん、いつもあり
保高博司 on 頸城区希望館での「新春の集い」に150人: 橋爪さんの詳細行動、
ホーセ on まるで春直前: こちらこそお世話に
お〜るり on まるで春直前:  私にとって忙しく飛
Powered by
Movable Type 3.34