« 雪消え進む | メイン | 就学援助適用率12%台に »

尾神細打ちうどん

 昨晩から朝にかけてがんばりました。今月下旬に発行予定の随想集の初校チェックです。誤字脱字を中心に修正個所は付箋をつけながら作業を進めました。出版社には明日までに届けるとの約束でしたので、妻からも手伝ってもらいました。「うなずく」が「うなづく」になっていたり、ふりがなをつけるべきところにつけていないのがあったり、付箋は20か所くらいつけました。

 午前10時からは葬儀に参列してきました。先週土曜日にお会いした時にはお元気だったのに、急に亡くなってびっくりでした。亡くなったKさんは次男坊、川崎市で働いていたところ、お兄さんが戦争で亡くなり実家に戻った経歴の持ち主でした。田んぼと酒屋者の出稼ぎで家族を支えてきたKさんについて、息子さんは「尊敬している」とのべて言葉を詰まらせました。

 午後からは党の会議でした。昼食後、少し時間があったので、会議前に上越観光物産センターに立ち寄りました。そこで見つけたものは
 okamiudonn100307.JPG
 尾神うどんです。生のものは食べたことがありますが、尾神うどんの乾麺は初めて。さっそく買い求めて一袋だけゆでて食べました。味は、生うどんと同じ、とまではいきませんが、なかなか美味しい。十分、土産として使えます。一袋336円、3袋入りの箱で買うと1100円です。販売元はえちご上越農業協同組合。

 新潟日報の今週の「売れている本」、『集落再生と日本の未来』(自治体研究社)は先週に続き、上越で第2位でした。党の会議でも持参した本はあっという間に売れてしまいました。ありがたいことです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/2396

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About

2010年03月07日 19:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雪消え進む」です。

次の投稿は「就学援助適用率12%台に」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34