« 尾神岳でギフチョウと出合う | メイン | 関川水系土地改良区理事長などと懇談 »

家庭通信

 「第二の人生を歩み始めた」というのでしょうか、この春、定年を迎えて退職し、新しい生活に入った人たちの情報が送られてきています。

 富山県在住のHさんは私の学生時代の大事な友人のひとりです。3月末、Hさんはお連れ合いとともにに教員生活を終えました。まだ若いから再就職するのかと思っていたのですが、地域でボランティアをやったり、畑仕事をする道を選びました。

 そのHさんが4月から月一回のペースで「家庭通信」を発行し始めました。きょうは「家庭通信」の第2号が届けられました。

kateituusinn100510.JPG

 トップ記事は娘さんの結婚です。写真を見たら、彼の顔が30数年前に見た彼のお父さんとそっくりなのでびっくりしました。彼も私もまちがいなく年を重ねてきたんですね。3月末までは送別会、4月からは歓迎会が続いているともあります。「退職教職員連盟」では「新人」として歓迎されたとか。定年のある人でなければ経験できない世界があるのですね。

 「家庭通信」はA4サイズの用紙の両面を使った小さな通信です。裏面には、畑仕事のようすがクローズアップされていました。これからは、畑での栽培日記が続きそうです。熱中型人間の彼のことだから今後、通信をどう発展させていくのか、楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/2485

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About

2010年05月10日 23:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「尾神岳でギフチョウと出合う」です。

次の投稿は「関川水系土地改良区理事長などと懇談」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34