« 「細井よしお物語」をもう一度 | メイン | わが家の雪割草も開花 »

被災者の隣に行く

 選挙準備の一日でした。選挙事務所で名簿の整理をしたり、車の運行計画をねったりとバタバタ動きました。遅れていたポスターもようやく到着、明後日の張り出しを待つばかりとなりました。

 マスコミ関係者の動きも激しくなってきました。新聞記者が午前と午後に一人ずつ取材にやってきました。午後からは新聞記者による候補者インタビューです。約1時間にわたって、県政の評価、北陸新幹線、農政の課題などについて、いとう誠予定候補に聞いていました。記者は市議会と県議会のどちらも見ていて、県議会の改革の必要性を痛切に感じている人です。県民の願い実現めざし、県議会の場で執行部に迫って行く「直球力」が県議に求められているという指摘は同感でした。

 いとう誠予定候補の語る言葉の中で、いいなと思ったのがありました。「被災者の隣に行く」という言葉です。今冬の豪雪でも、今回の長野県北部地震でもすぐに現場に入り、被災者の声を聴いてきた人だけに、言葉の重みを感じます。上から目線ではなく、被災者に寄り添う姿勢が見えるいい言葉ですね。

inntabyu110330.JPG

 明日は早めに市政レポートの作成を終わらねばなりません。さもないと、金曜日と土曜日の「しんぶん赤旗」日曜版の配達が選挙の関係でできなくなります。がんばらないと。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/2872

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

About

2011年03月30日 23:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「細井よしお物語」をもう一度」です。

次の投稿は「わが家の雪割草も開花」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34