« 新聞屋さんへの持ち込みで失敗も | メイン | 春会議、ビラ配布 »

「春よ来い」が600回に

 おはようございます。今朝は雪です。1センチほどですが、家の屋根や車のフロントガラスにたまりました。道路は白くなっていません。それにしても気温の変化は激しいですね。一昨日、訪れた安塚では20度前後でした。それが昨日では5度前後、そして今朝は雪です。体調を崩しやすいですので、気をつけないと。

 昨日は午前が街頭宣伝でした。5か所で3月議会の一般質問でとりあげた県立病院の見直し問題について演説したのですが、聴衆は4人でした。あらかじめ案内していたわけではありませんので、けっして少ない数ではありません。それぞれ、私が何をしゃべるのか関心を持っていてくださったり、私と話をしたかったり……。ありがたいです。そのうちの1人の方は亡くなったお連れ合いの思い出を書いた「春よ来い」について語ってくださいました。新聞折り込み後、「これはおまんちのおとうさんのことじゃないかね」と掲載されたレポートを届けてくださった方が3人もいたというのです。書いた私のところへは何の反応もなかったので、びっくりしました。

IMG_9747.JPG

 午後からは、「しんぶん赤旗」日曜版を配達したのち、山間部でビラ配布をしました。ここでもいろんな出会いや対話がありました。元タクシーの運転手だったという人は、私の親戚筋の人と職場が一緒だった、その人から4年前に「橋爪を頼む」と依頼されたと聞き、胸が熱くなりました。その親戚筋の人はすでに亡くなっていたからです。スマホでしょうか、子どもさんに設定してもらって、このブログを読んでいるとわざわざ教えてくださる方もありました。「春よ来い」のことを話してくださった方は少なくとも3人ありました。そのうちの1人の方は、「毎週日曜日が楽しみ。本も出されているというけど、まだありますか」と声をかけてくださいました。昨年、お連れ合いを亡くされたというその人には、近いうちに本を届ける約束をしました。

 その「春よ来い」ですが、本日で600回に到達しました。第1回を書いたのは2004年1月1日でしたから、16年と3か月かかりました。第600回に書いたのは、デイサービスへ通う中で母から聞いた話です。すでにフェイスブックには発表していますが、「たくさんの人とのご縁があり、出来上がった一枚一枚ですね」「これからも心温まる文でみなさんに元気をお届けください」「あたたかさと素朴さにあふれた生活の場が書かれていると思います。私はしっかりと保存しています」などの激励を寄せていただいています。感謝です。

 活動レポート第1953号、「春よ来い」の第600回、「デイサービス」を私のホームページに掲載しました。ご笑覧ください。なお、紙に印刷した活動レポート裏面の記事で、「賛成したのは共産党議員団と牧田議員」と書いたのは間違いで、近藤議員も賛成でした。次号に訂正記事を書きますが、お詫びして訂正します。

 きょうは地元町内会の春会議などがあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/6310

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About

2020年03月29日 07:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新聞屋さんへの持ち込みで失敗も」です。

次の投稿は「春会議、ビラ配布」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34