« 次の降雪に備えて除雪作業 | メイン | 初めて家の裏側も除雪 »

桑取・谷浜地域を視察

 おはようございます。今朝は冷えましたね。「しんぶん赤旗」日刊紙の配達を終わらせてから、近くの原野で凍み渡りをしました。1月に凍み渡りができたのは久しぶりです。ハンノキの実もガチガチに凍っていました。「凍み渡り」の下線部をクリックすると動画が見られます。

hannnokinomi20210126.JPG

 昨日は午前が党議員団会議でした。各種委員会の報告をした後、今回の豪雪対応について協議しました。高田の屋根の一斉雪下ろし、農業用ハウスの倒壊などをめぐって意見を交わしました。

 昼食後、議員団として桑取・谷浜地域の豪雪の状況を視察しました。いまから30数年前の3年連続豪雪でも止まることのなかった県道がなぜ3日間も交通止めとなったのか、どか雪の中で要援護世帯や高齢世帯などではどういう暮らしになっていたのかなどを目で見て、話も聴く。それが目的です。

 最初に訪ねた家では、病院から退院して間もないお父さんが対応してくださいました。「自分では屋根の雪下ろしはできないので助けてもらいたかったが、要援護の対象外ということでダメだった。仕方なく、無理をして雪下ろしをした」。切ない訴えでした。2軒目では、「県道通行止めの期間、除雪機のガソリンも買えず困った」などの話を聴きました。3軒目でも、「市道が開いても県道が通行止めでは」と苦情を言われ、この地域のたいへんだった状況を議員や行政の幹部からよく見てほしいと訴えられました。4軒目では、近くの要援護世帯のボイラー、明かり対応で苦労された話をお聴きしました。この方は私の妻のこともご存じでびっくりしました。最後に、谷浜公園の太陽光発電の施設が壊れた現場を見てきました。パネルなどが雪の重みで曲がったり、割れたりしていました。除雪機を使っても雪を飛ばしきれない施設配置となっていることもわかりました。海岸部でもこれだけ降ると、発電施設はもう少し足を高くしなければならなくなります。下の写真の1枚目と記事は直接関係ありません。

doguti20210125.JPG

panenru20210125.jpg

 きょうは自宅の周りの排雪、デスクワークをゆっくり行います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/6618

コメント (1)

大狸:

凍み渡りを拝見いたしました。相当冷えたのですね。宮沢賢治の作品「雪わたり」とは違う現象なのでしょうか。

(大狸 様)
同じです。いつもの冬なら3月に多いのですが、今回は雨も続きましたから、固くなったのだと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2021年01月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About

2021年01月26日 08:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「次の降雪に備えて除雪作業」です。

次の投稿は「初めて家の裏側も除雪」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34