« 吉川区内で初のキャッチボールトーク | メイン | 赤旗まつりに初参加 »

早川大斗先生のお通夜に参列

 書家として活躍されてきた早川大斗先生のお通夜に妻とともに参列してきました。早川先生とは旧吉川高校勤務の時以来、親しくお付き合いをさせてもらってきました。旧柿崎高校へ転勤されてからは妻もお世話になりました。

 お通夜の会場には早川先生の作品がいくつか飾ってあって、通夜式後、何人もの人たちがその場で立ち止まり、在りし日のことを思い出していました。

hayakawasennsei1011051.JPG

 早川先生の書をひと言で言うなら、力強く、そして優しい。旧吉川町総合センターで開催された個展で出合ったのが最初でした。たしか、日本国憲法前文の作品もありました。たいへん感動しました。先生とは初めて会ったのに、すでに私のことはご存じで、親しく懇談させてもらったことを記憶しています。式場での写真をもう一枚紹介します。

hayakawasakuhinn101104.JPG

 いまの市政レポートの前に発行していた吉川民報の題字は早川先生から書いていただきました。勢いを感じさせる題字を見て、「早川先生の書かれたものだね」という人が大勢いました。それだけ、早川先生の書は旧吉川町民の間に広がっていました。地酒の「よしかわ郷」のラベルの字も先生の作です。私の最初の随想集、『幸せめっけた』(恒文社)の題字は、早川先生からお手本を書いてもらい、それを見ながら妻が書いたものです。また、現在も「橋爪法一を囲む会」などで使っている「ふるさとは母 ふるさとは命」という文字が書かれた旗も早川先生にお願いして書いていただいたものです。

hurusato101105.JPG

 遺影は私の旗を書いていただいた頃に撮られた写真だと思います。笑顔の素敵な先生でした。心からご冥福をお祈りします。

 明日の早朝、東京へ出発します。そのため、きょうは一日中、「しんぶん赤旗」日曜版の配達でした。途中、蛍場の紅葉を見てきました。

hotarubakouyou101105.JPG

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/2691

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About

2010年11月05日 23:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「吉川区内で初のキャッチボールトーク」です。

次の投稿は「赤旗まつりに初参加」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34