« 青年代議員などの発言に感動 | メイン | 党大会終わる »

党大会で発言

umi140117.JPG

 おはようございます。今朝は伊東市宇佐美からの発信です。昨日の発信も同じです。宿は熱海市ではなく、伊東市内でした。海から500㍍くらいのところです。写真は昨日の夕方、何人かで出かけた海辺の風景です。日本海とは違ったやさしさ、美しさを感じました。

 昨日は党大会3日目でした。光栄にも私も発言できました。代議員として党大会に参加したのも初めてですが、発言できるとは。感激でした。発言では会場までの上り坂で見つけたスミレの話から始めました。そして県議選に立候補することになったいきさつ、簡単には勝てないたたかいであること、それでも勝つためにあらゆる知恵を総結集させていくと決意をのべました。また定数1での市議選で2度連続して勝った経験からの教訓、記者会見後の市民からの励ましなどについても紹介しました。うれしいことに、発言中、何度も笑いが起き、間をとる必要がありました。発言の時間は8分以内となっています。この笑いと間は私の計算には入っていませんでした。で、少し時間をオーバーしてしまいました。反省です。発言が終わって、自分の席に戻ろうとしたとき、通路側にいた長野県栄村の広瀬進さんが握手を求めてきてくださいました。町議時代、何度もお世話になった人です。うれしかったですね。下の写真は赤旗写真部の人が撮ったものです。

hatugenn140117.JPG

 昨日もいろんな人と出会いました。会場の通路を歩いていた時に、「橋爪さんですね」と声をかけてくださったのは旧柿崎町出身の足立正恒さんです。数年ぶりも再会でした。お元気で良かったです。

 きょうは大会最終日、志位委員長が結語をのべ、その後、新役員の選挙が行われます。雪国新潟に戻るのは午後9時頃になりそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/4037

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About

2014年01月18日 06:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「青年代議員などの発言に感動」です。

次の投稿は「党大会終わる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34