« 雨が降るなか赤旗日曜版の配達 | メイン | 花ヶ前先生などを迎え、今年も長峰城見学会 »

議会報告会では原発、介護の話がたくさん出て…


sasa180707.JPG

 おはようございます。今朝は涼しいです。九州や北海道などで豪雨災害が相次いでいます。被災された皆さんには心からお見舞い申し上げます。こちらはいまのところたいした雨にはなっていません。でも、強い雨でネムノキの花のなかにはたたき落とされたものもあります。

 昨日の午前は活動レポート1865号の印刷と赤旗日曜版の配達でした。昨日印刷した活動レポートは吉川区、安塚区、浦川原区の明日の商業新聞に折り込まれます。赤旗日曜版に折り込んだもの(一昨日に印刷)と文章がかなり違っています。HPにアップするものは、昨日印刷したものとほぼ同じものとなります。

 午後からは市議会報告会でした。吉川区内の2会場で行いました。参加者は全部で16人。参加者が少なかったものの、意見や要望はたくさん出されました。今回の報告会には先の県議補選で健闘したひららぎ哲也前市議も参加し、お礼の言葉をのべました。

tudoi180706.JPG

 最初の会場では「集落内に空き家が増えてきている。どうしたらいいか、考えを聴かせてほしい」「原発のモニタリングポストも大事なことだが、何よりも再稼働をさせないことに力を注いでもらいたい」「再稼働の賛否を立地自治体にしかきかないのはおかしい。放射の被害の可能性の大きい私たちのところでも賛成反対言えるようにしてほしい」「敬老会のお祝いは健常者もそうでない人も平等にを心がけてもらいたい。地域協議会などからも意見が出ているようだが、どう考えるか」などの声が出て、予定時間をいっぱい使っての懇談ができました。

 もう一つの会場では、参加者は私とほぼ同じ年代の人ばかり、話題は介護のことが中心になりました。参加者の中には介護施設で働いている人が2人いたことから、「ショートには『帰宅症候群』の人がたくさんいる」「職場では厳しい労働の割には賃金が安く、定着しないケースが多い。このままでは介護にあたる人が不足する」など生々しい実態を明らかにしていただきました。また、紙おむつの所得制限を導入した市の対応に疑問の声をあげた夫婦もありました。

 きょうはこれから赤旗日曜版の配達、そして午後は長峰城の見学会です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/5677

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About

2018年07月07日 09:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雨が降るなか赤旗日曜版の配達」です。

次の投稿は「花ヶ前先生などを迎え、今年も長峰城見学会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34