« 基礎年金等の改善求める陳情は不採択に | メイン | 行革で平和を削ってはならない »

総務常任委員会1日目


yomogi190313.JPG

 おはようございます。今朝は6時半に起床しました。2時に布団の中に入りましたから、ま、早い方でしょう。外ではすでに日が昇っていました。事務所の周りでドングリを探していたら、ヨモギが見つかりました。もう芽を出しているんですね。

 昨日から総務常任委員会が始まりました。きょうまでの2日間が審査です。昨日は財務部から入って企画政策部の途中まで審査が続きました。8人の委員のうち、大島委員長以外、すべての委員が発言しました。

 審査の中で活発になったのは市民プラザ整備事業、広報事業、オンブズパーソン費でしょうか。委員が次々と質問に立ちました。私は広報上越の発行回数を月2回から1回にすることは、市民に知らせ、意見を聴いて市政運営を進めていく基本に係わることとして重視し、月2回を継続すること、外部委託は最小限にとどめることを求めました。オンブズパーソン制度は今後、市民相談センターの活動と窓口を一つにして、独立した制度はなくすというのが方針です。これについても、行政の監視機能、苦情処理が後退する懸念からやめるよう迫りました。

hashizume19031202.JPG

 きょうは企画政策部からの審査です。まだ、事実上、3つの部の審査が残っていますので、遅くまでかかりそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hose1.jp/mt/mt-tb.cgi/5926

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年03月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About

2019年03月13日 07:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「基礎年金等の改善求める陳情は不採択に」です。

次の投稿は「行革で平和を削ってはならない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34